「こんなウェアが欲しかった!」を合言葉に、ゴルファーの夢を叶えるプロジェクト「未来ウェア研究所」。月刊GD編集部とGD公式通販サイト「ゴルフポケット」が連携して、日々、今までになかったゴルフウェアを開発している。ここで登場するレインウェアは、すでに人気の「コンパクトレイン」をさらに進化させた「スーパーストレッチコンパクトレイン」。そのスーパーストレッチぶりと撥水性能を木村友栄プロが体験レポート。

【試着・解説】木村友栄プロ
青森県出身、1976年生まれ。大学時代に日本学生王者に輝き、98年プロ転向。ゴルフウェアへのこだわりも強いお洒落派。

ストレッチなのに撥水に優れる。あり得ない生地が完成した!

優れた撥水性を備えながら、驚くほど軽い「コンパクトレイン」。未来ウェア研究所の中でも大人気のアイテムがこの度アップデートした。

ポイントは何といっても新素材。繊維開発の「小松マテーレ社(旧小松精錬)」がこのウェアのために開発した生地。これまでの撥水性をキープしながら、必要にして十分なストレッチ性が加わったのだ。その生地を使って、ウェア開発やアパレル用パーツを扱うメーカー「モリト」が製造した贅沢なレインウェア。実際に木村友栄プロにその着心地をチェックしてもらった。

木村 背中や肩、腕が詰まるとスウィングが小さくなるのでレインウェアは少し大きめのサイズを選ぶのですが、そうするとスウィングの邪魔になりやすい。ジャストできられて、軽く伸びる。本当にいいとこどりのウェアです。

この素材は世界で“スーパーストレッチ コンパクトレイン”だけ

画像: このナイロン素材は世界的に評価される小松マテーレが開発。現時点では未来ウェアのみに使用

このナイロン素材は世界的に評価される小松マテーレが開発。現時点では未来ウェアのみに使用

画像: 【ポイント①】撥水生地なのに伸びる! 全パーツが同生地で、タテヨコナナメにしっかり伸び、窮屈感を軽減する

【ポイント①】撥水生地なのに伸びる! 全パーツが同生地で、タテヨコナナメにしっかり伸び、窮屈感を軽減する

画像: 【ポイント②】グローブをつけたままでも脱着自在! グローブをつけたままでも簡単に脱着できるブロックテープ採用

【ポイント②】グローブをつけたままでも脱着自在! グローブをつけたままでも簡単に脱着できるブロックテープ採用

画像: 【ポイント③】袖が簡単に取り外しが可能! 腕周りが気になるときは、袖を取り外して半袖にもなる。ほぼオールシーズン対応

【ポイント③】袖が簡単に取り外しが可能! 腕周りが気になるときは、袖を取り外して半袖にもなる。ほぼオールシーズン対応

【キムトモCheck!】肩周りが伸びるのがいちばん大事

画像1: この素材は世界で “スーパーストレッチ コンパクトレイン” だけ

木村 スウィングにおいて最も伸びてほしい部分がココ、背中から肩にかけてです。このコンパクトレインは突っ張らないのでとてもラクにスウィングできます。

【キムトモCheck!】袖口のストレッチが手元にフィット

画像2: この素材は世界で “スーパーストレッチ コンパクトレイン” だけ

木村 袖口のゴムが入っているのが実は重要。袖口がブラブラしていると、スウィングに集中しにくいですからね。

【キムトモCheck!】砂がつきにくいのも魅力。軽くて楽だから冬晴れの防寒ウェアにも!

画像3: この素材は世界で “スーパーストレッチ コンパクトレイン” だけ

木村 軽いし伸びるから、これからの時期は、晴れていてもアウターとして着られるのがいいですね。バンカーショットの時などに砂がつきにくいのもポイント高いです!

画像: 専用の巾着袋に入れればペットボトルよりもコンパクトに

専用の巾着袋に入れればペットボトルよりもコンパクトに

【スーパーストレッチ コンパクトレイン】
カラー/1色(ブラック)
サイズ/M、L、XL、XXL
M/身幅56cm、着丈67cm(実寸)、
L/身幅58cm、着丈69cm(実寸)、
XL/身幅60cm、着丈71cm (実寸)
XXL/身幅62cm、着丈73cm(実寸)
素材/ナイロン100%
機能/耐水圧1000ミリ、撥水、透湿、耐水、軽量、メカニカルストレッチ

この商品の詳細、お買い求めはこちら

月刊GD2018年12月号より

ゴルフへ行こうWEB facebookページはこちら

This article is a sponsored article by
''.