ゴルフ場の定番メニュー「カレー」。「ゴルフ場の品格はカレーを食べれば分かる」という支配人もいるほどで、歴史あるコースほど、そこには並々ならぬコダワリがあるもの。今回のシリーズでは、60年以上の長きにわたり、受け継がれてきたカレーを厳選、一皿に込められたストーリーを紹介します。第二回は長崎県雲仙市の「雲仙ゴルフ場」です。

1922年開場。日本最古のパブリックコース「雲仙ゴルフ場」

画像: 雲仙ゴルフ場を空から望む

雲仙ゴルフ場を空から望む

国内4番目。初のパブリックコースとして開場。開場以前から外国人が馬に乗ってボールを打ちにやってきていたという記録も残っているそう

日本のゴルフ場史は1903年にアーサー・グルームが開場させた日本初のゴルフ場「神戸GC」にたどり着く。そのグルームが来日する際に頼りにしたのが、長崎を拠点にした在日イギリス人商社・グラバー商会だった。雲仙ゴルフ場の設立に尽力した倉場富三郎は、グラバー商会の設立者トーマス・グラバーの息子だ。

画像: 雲仙ゴルフ場の設立に尽力したトーマス・グラバーの息子、倉場富三郎

雲仙ゴルフ場の設立に尽力したトーマス・グラバーの息子、倉場富三郎

ちなみに、トーマス・グラバーは神戸GCの設立メンバー。長崎には「出島」という江戸時代から日本で唯一の貿易街があり、西洋料理が食べられたが、その中にはカレーもあった。グルームやグラバーがここで日本のカレーと出合っていても不思議ではない。

大正時代の外国人ゴルファーも虜になった「雲仙 特製ビーフカレー」

画像: 雲仙観光ホテルの「特製ビーフカレー」1800円(サラダ付き)

雲仙観光ホテルの「特製ビーフカレー」1800円(サラダ付き)

雲仙のコースに遅れること13年、外国人誘致の国策として、良質な温泉に恵まれた雲仙の地に洋風スタイルのホテルが建設された。 それが、雲仙観光ホテル。今風にいえば雲仙ゴルフリゾート&スパというわけだ。

開業時から、ゲストのために考案されたのが、今に受け継がれる「特製ビーフカレー」だ。長崎牛を贅沢に使い、煮込んだ肉をさらにローストして旨味を凝縮。スパイスを効かせた刺激的な味わいが伝統の味だという。

開業後、ホテルからカレーライスの料理を取り寄せて、芝の上で食べるスタイルが流行ったという。雲仙ゴルフ場建設の立役者、倉場富三郎はもちろん雲仙観光ホテルの役員に名を連ねた。グラバー商会は、日本のゴルフコースだけでなく、ゴルフ場カレーのルーツでもあったと想像するのは飛躍しすぎか。

手造りの高原コース「雲仙ゴルフ場」

画像: 標高750m。紅葉の美しさも見どころのひとつ

標高750m。紅葉の美しさも見どころのひとつ

画像: 大自然を満喫しながらプレーが楽しめる

大自然を満喫しながらプレーが楽しめる

敷地面積は38万㎡。自然の地形を十分に生かしたコースは、初心者からベタランまで気軽にプレーすることができる。敷地内には18ホールの本コースのほかに、9ホールのショートコースも併設。

画像: 大型の機械も無い時代の手造りフェアウェイ、細やかなアンジュレーションがある

大型の機械も無い時代の手造りフェアウェイ、細やかなアンジュレーションがある

クラブハウス、コースの随所に感じる歴史の面影。雲仙観光ホテルに泊まる日本のゴルフ史に触れる旅、一度訪れてみる価値があるだろう。

画像: まるで博物間のようなたたずまい

まるで博物間のようなたたずまい

画像: 日本のゴルフ史を彩る品々が展示されている

日本のゴルフ史を彩る品々が展示されている

雲仙ゴルフ場をプレーして長崎ゴルフ&歴史の旅な。本場ちゃんぽんはもちろん伝統のビーフカレーも食べられます↓

This article is a sponsored article by
''.