昭和32年、後の総理・石橋湛山は、選挙区御殿場の振興のために「水土野の原野にゴルフ場を」と考えるが、結局同市の東山に落ちつく。それは現在の富士CCである。その直後、自衛隊射撃場の裏山に登った男がいた。広瀬義忠である。広瀬は、戦前戦中を東洋綿花(現トーメン)社員として世界を駆け巡った男だった。

ゴルフコースことはじめ
文芸評論家を経て、ゴルフジャーナリストとしても活躍した田野辺薫氏。ゴルフコースの目利きとして全国のコースを取材し、週刊ゴルフダイジェストで「ゴルフの歴史を歩こう」を連載(2005~2013年)。それを一冊にまとめた「美しい日本のゴルフコース」から多くの人に名コース誕生の歴史を知ってもらおうと再編集公開しています。

ある日、自衛隊の仕事をしているとき、水土野の草原が目に止まった。火山灰地だが「ゴルフ場なら造れる」と、シングルの腕前の直感だった。金持ちのゴルフではなく、誰にでも楽しめるゴルフ場が狙いだった。

そのためには安い工事費で造るのが条件、平坦な水土野はピタリだった。昭和34年4月10日着工。東名高速道が開通する(昭和44年)10年前である。設計も広瀬義忠自身が行った。工事は手造りで自然の形を最大限に生かしたが、起伏に芝を張っただけの素朴主義というわけではなかった。

画像: 1番ホール/427㍎/パー4(箱根コース)広いフェアウェイでのびのび打てるスタートホール

1番ホール/427㍎/パー4(箱根コース)広いフェアウェイでのびのび打てるスタートホール

画像: 4番ホール/356㍎/パー4(富士コース) 僅かに打ち下ろし、左グリーン手前には小さいが池がある。振り返ればそこには雄大な富士が鎮座

4番ホール/356㍎/パー4(富士コース) 僅かに打ち下ろし、左グリーン手前には小さいが池がある。振り返ればそこには雄大な富士が鎮座

世界のコースを見てきた、ゴルファー広瀬義忠が自ら設計

設計は、ゴルファー広瀬のゴルフ知識が発揮された。丹沢コースの9番は、スコットランドの名コース、プレストウィック3番(パー5)の“カーディナルバンカー”をイメージした。高い壁を板で囲いグリーンへは梯子で上るつくりで、ゴルフ界の度肝を抜いた。

画像: 3番ホール/408㍎/パー4(丹沢コース)美しい富士山が望められる。ゆるやかな打ち上げ

3番ホール/408㍎/パー4(丹沢コース)美しい富士山が望められる。ゆるやかな打ち上げ

27ホールのいたるところから富士山が眺められる

昭和34年10月8日、富士、箱根コースの18ホールで開場。昭和39年10月に丹沢コースが完成して27ホールになった。富士山の絶景を活かしたホールも多かった。

ゴルフ大衆化は、低廉からという主義で1次募集は10万円。破格の安さだった。広瀬は、ゴルフ界の既成体制にも挑戦した。

画像: [[ 9番ホール/472㍎/パー5(丹沢コース)フェアウェイ右のバンカーは入りやすく注意が必要 ]]

[[ 9番ホール/472㍎/パー5(丹沢コース)フェアウェイ右のバンカーは入りやすく注意が必要 ]]

当時の日本ゴルフ協会は、理事長(理事会)と社長(会社)が別人物であることを加盟条件としていた。広瀬は、これに反対して日本ゴルフリーグを結成。経営責任を明確にするためには、理事長と社長兼任を主張した。

富士平原ゴルフクラブ
静岡県御殿場市水土野300-1 ☎0550-89-2000
開場日:昭和34年10月8日
コース:9H/3484Y/P36(富士)
    9H/3331Y/P36(箱根)
    9H/2791Y/P35(丹沢)
設計:広瀬義忠
公式ホームページ

取材・文/田野辺薫

画像: 27ホールのいたるところから富士山が眺められる

取材・文/田野辺薫

美しい日本のゴルフコースより(弊社刊)

お気軽にご相談ください↓

会員権のお問い合わせ、ご相談はゴルフダイジェスト社 会員権サービス部が承ります

気になるコースの最新会員権相場はこちら↓

画像: golfdigest-play.jp
golfdigest-play.jp

This article is a sponsored article by
''.