愛知県の南山カントリー創設のヒーローは二人いる。一人は名古屋財界の重鎮・佐々部晩穂(CBC会長)、もう一人が設計者・井上誠一である。

きっかけは昭和42年、43年突然起こった愛知CC の移転問題。「県有地緑地にゴルフ場とはけしからん」と県議会の一部が騒ぎ出した。

心配した佐々部が、移転先に豊田市中金地区を手当てした時点で、騒ぎが収まり、愛知CCはそのまま。取り残された中金地区に、代わって計画されたのが、この南山CC だった。昭和46年11月15日、CBC中部日本放送を主体とする、㈱加茂開発を設立(資本金2億円、社長・佐々部晩穂)。

昭和47年3月、南山カントリークラブ創立、理事長・佐々部晩穂。35万坪の用地確保は、佐々部の信用で早くまとまる。ところが南山CC35万坪の50パーセントが保安林だった。解除は申請から1年6カ月後、昭和48年12月だった。

新品種のハザードを発明

コース設計は井上誠一。愛知CCも井上誠一設計だ。佐々部の肚は決まっていた。コース用地は、尾根と谷が入り組み岩盤が多い。ゴルフ場向きとは言えない。しかし、用地を初めて山を見た井上は「私は自信がある。後世に誇れるものを造ってみせます」とまで明言した。

関東で見慣れたガーデニングタイプの井上名作とは正反対で、南山CCの大部分は、大きな岩盤に支えられた谷や岩壁、フェアウェイを塞ぐ岩塊が露出したりしている。

13番の280㍎地点にある巨大岩塊は、ついに動かせず、ロックバンカーという新品種のハザードを発明することとなった。急激な右ドッグレッグで脅迫する14番の「地獄谷」、ぐるりと谷際の尾根上に狭いフェアウェイを巡らせた6番、パー5「万里の長城」。

画像: 9番ホール/436㍎/パー4 ホール名は「ああ無情」。攻めるか、刻むか選択が強いられる

9番ホール/436㍎/パー4 ホール名は「ああ無情」。攻めるか、刻むか選択が強いられる

画像: 10番ホール/399㍎/パー4 ホール名は「気分一新」。右が池、左が深い谷のため、ティショットは落としどころが肝心

10番ホール/399㍎/パー4 ホール名は「気分一新」。右が池、左が深い谷のため、ティショットは落としどころが肝心

画像: 17番ホール/189㍎/パー3 ホール名「しょうぶ池」。やや打ち下ろしの池越え。池越えには110ヤード

17番ホール/189㍎/パー3 ホール名「しょうぶ池」。やや打ち下ろしの池越え。池越えには110ヤード

「南山はフェアウェイ中央に長打を放てば良いスコアが出るというコースではない」と井上は語った。

画像: 16番ホール/498㍎/パー5 ホール名は「南山ガーデン」。池が絡む美しい名ホール

16番ホール/498㍎/パー5 ホール名は「南山ガーデン」。池が絡む美しい名ホール

打ち下ろしの岩盤と3つの池をもつ16番ホールで大叩きして「南山ではなく難山ではないか」と嘆く人には、井上誠一の「いいコースを造っておけば自然に技術が向上する」という言葉が送りたい。昭和51年10月、18ホールが正式開場した。

画像: 冬の時期の9番ホール

冬の時期の9番ホール

南山カントリークラブ
愛知県豊田市中金町獅子ヶ谷955(☎0565-42-1111)
開場日:昭和50年11月1日
コース:18H/7034Y/P72
設計:井上誠一
公式ホームページはこちら

This article is a sponsored article by
''.