今回、調査隊が訪れた江戸崎カントリークラブは、今年で開場55周年を迎えた歴史のあるコース。1966年の「日本プロシニア選手権」に始まり、過去には「東鳩レディスオープン」、「デサントクラシックマンシングウェアカップ」などのプロ競技を開催。昨年からは「富士フイルムシニアチャンピオンシップ」の舞台にもなっているトーナメントコースでもあります。

松とバンカーの絶妙組み合わせ。グリーン小さくシニアプロも舌を巻く

画像: 江戸崎カントリー倶楽部のクラブハウス玄関

江戸崎カントリー倶楽部のクラブハウス玄関

コースの設計は、千葉県最高のコースレート75.0を誇る、紫CCすみれコース(改造前)を設計した小林英年。水の魔術師と言われた小林光昭の叔父にあたる人物です。

江戸崎CCの近隣には、龍ヶ崎CC、土浦CCなど林間の名コースが多くあり、江戸崎も林間コースの王道を往きます。ホールは一見広々として気持ちよくティショットが打てそうですが、フェアウェイの落とし所には松の木とバンカーが絶妙に配置されていて、正確なポジショニングを要求してきます。

画像: 左、右、真ん中と松の木が待ち受ける江戸崎(南コース3番・385Y・P4)

左、右、真ん中と松の木が待ち受ける江戸崎(南コース3番・385Y・P4)

立派な松の木と松林、フェアウェイバンカー、そしてグリーン周りに待ち構える71個のガードバンカーが特徴です。使用されている砂は地元・茨城産の高萩砂です。目が粗く、バンカーの砂としてはやさしい部類の砂種らしいですが、バンカーとグリーンの間に距離があるパターンが多く、入れると悩ましいバンカーショットになります。

バンカーショットが苦手な人は、徹底してバンカーを避けるマネジメントをするのが、スコアをまとめるコツだと言います。とはいってもバンカーの逆サイドには大きな松が立っていたり、一筋縄ではいかない戦略性があります。

画像: 東コース1番ホール(505Y・P5) グリーン周りは3つのガードバンカーと赤松の木

東コース1番ホール(505Y・P5) グリーン周りは3つのガードバンカーと赤松の木

コースは東18ホール、南18ホールの36ホールで、調査隊は「富士フイルムシニア」でも使用される東コースをプレー。アウト1番のブルーティからスタートしました。

グリーンはベント、AとBの2グリーンで、調査当日はメインのAグリーン。平均400㎡と小さく、ガードバンカーが効いているので、グリーンをとらえるには精度の高いショットが必要。さらに「富士フイルムシニア」では、12フィート前後になるという高速グリーンには微妙な傾斜があって、ライン読みも繊細です。ゴルフの総合力が試されるので競技志向の人にはやりがいのあるコースです。

調査隊ラウンド開始! 起伏のある林間コース

隊員 林間タイプですが、コース内はけっこう起伏がありますね。

隊長補佐 ティとグリーンの高さはフラットですが、途中に浅い谷があったり、丘があったり、元々の地形がそのまま生かされているのでしょうね。

隊長 古き良き昭和のゴルフ場という趣き。東コースはフルバックティで7062ヤード、我々がラウンドしたブルーティが6645ヤードと距離はたっぷりです。

画像: 東コース 5番ホール(415Y・P4)フルバックは460YでHC1

東コース 5番ホール(415Y・P4)フルバックは460YでHC1

画像: 東5番ホール、2つのグリーンの手前から奥までバンカー群

東5番ホール、2つのグリーンの手前から奥までバンカー群

隊員 畠山支配人はアウトの5番と7番、インの11番と12番が名物ホールとおっしゃってましたが……。私はそれを感じる余裕もなく、松から松へボールを当ててばかりでした。

隊長補佐 難易度の高いパー4ではバンカーと松を避けて大叩きせず、パー3とパー5でしっかりパーを取らないといいスコアは出せませんね。

画像: 東コース9番ホール(370Y・P4)

東コース9番ホール(370Y・P4)

東コースは歩き、南コースは乗用カートでプレー

隊長 秋に開催されるシニアツアー(富士フイルムシニア/11/7 木~11/9 土)が楽しみですね。

隊員 圏央道の稲敷ICからわずか3キロの近さ。アクセスの良さも魅力のひとつです。

隊長補佐 女性専用のクラブハウスがあって、レディスゴルファーには嬉しいでしょうね。

隊長 広々とした230ヤードのドライビングレンジに、綺麗に整備されたアプローチ練習場もあり、コース以外の施設も充実しています。

隊員 今回は東コースを調査しましたが、乗用カートで回れて値段もリーズナブルな南コースもあります。南も2グリーンの林間コースです。

隊長 エンジョイ派から競技志向まで誰もが楽しめる36ホールですね。

画像: 東コース10番(520Y・P5)ゆるやかな左ドッグレッグ。左サイドから木が迫り出す

東コース10番(520Y・P5)ゆるやかな左ドッグレッグ。左サイドから木が迫り出す

画像: 東コース18番(495Y・P5)メインのクラブハウスに加えて、女性だけのクラブハウス別棟がある

東コース18番(495Y・P5)メインのクラブハウスに加えて、女性だけのクラブハウス別棟がある

画像: 東コースは歩き、南コースは乗用カートでプレー

江戸崎カントリー倶楽部
茨城県稲敷市羽賀2048(☎029-892-2711)
コース/36H・13150Y・P144
設計/小林英年
開場/昭和39年11月21日
練習場/230ヤード(20打席)
最寄りIC/圏央自動車道・稲敷IC
最寄り駅/常磐線・佐貫駅
公式ホームページはこちら

ターフ・コンディション
グリーン/007&タイイー(4mm)
フェアウェイ/高麗(15mm)
ラフ/野芝(55mm)
バンカー/高萩砂(さらさら)

こちらのコースの「ゴルフ場調査隊」はいかが?

This article is a sponsored article by
''.