あのフィアット500(チンクエチェント)のデザインをもって登場したスモールSUVがこのフィアット500X。今回調査した23台のなかでは、アウディQ2についで2番目に全長が短いモデル。キャディバッグをいくつ積むことができるのか、チェック開始!

フィアット500Xは、チンクエチェントのDNAを引き継いだSUV

画像: 試乗車は500Xクロスプラス。搭載される1.4リッターターボエンジンは170ps/250Nmを発生。9速ATと組み合わされる4WDモデル

試乗車は500Xクロスプラス。搭載される1.4リッターターボエンジンは170ps/250Nmを発生。9速ATと組み合わされる4WDモデル

2015年9月に日本デビューした500Xは、フィアット500のデザインアイコンをちりばめたスモールSUV。2018年2月には最新インフォテインメントシステム「ユーコネクト」を採用、アップルカープレイ/アンドロイドオートに対応した。FFと4WDモデルを設定。Jeepレネゲードとはプラットフォームを共有する兄弟車という関係となる。

FIAT 500X
全長×全幅×全高:4250×1795×1610mm
車両価格帯 292.7万〜343.5万円

画像: フィアット500。500Xとはプラットフォームが異なる。このモデルは1957年発売の“2代目”フィアット500のデザインをオマージュしている

フィアット500。500Xとはプラットフォームが異なる。このモデルは1957年発売の“2代目”フィアット500のデザインをオマージュしている

画像: フィアット500Xは、チンクエチェントのDNAを引き継いだSUV

【フィアット500X/ラゲッジルーム実測値】 
開口部の高さ:75cm 
地面から荷室までの高さ:67cm 
開口部の広さ(一番狭い部分):109cm 
荷室の広さ(一番広い部分):113cm

「キャディバッグ、何本積めるか?」調査のルール

画像: 【調査員】萩原菜乃花 ゴルフダイジェストのガールズユニット「GOLULU」の会員番号40。自らクルマを運転してコースへ行くアクティブゴルファー

【調査員】萩原菜乃花
ゴルフダイジェストのガールズユニット「GOLULU」の会員番号40。自らクルマを運転してコースへ行くアクティブゴルファー

画像: 【調査用】キャディバッグ OUUL(オウル)ALLIGATOR 5WAY CART BAG 8.5口径、47インチ対応 赤2、白2の4本用意 公式ホームページはこちら

【調査用】キャディバッグ
OUUL(オウル)ALLIGATOR 5WAY CART BAG
8.5口径、47インチ対応
赤2、白2の4本用意

公式ホームページはこちら

【調査ルール】
ルールその1 シートアレンジはせず、ラゲッジスペースに何本積めるかを調査すること
ルールその2 後部座席に飛びだすのはNG。ヘッドレストを上げるのはOK

これは、ミニクロスオーバーより狭いのでは? 菜乃花チェック開始!

「フェア開場についたときから気になっていた1台。それがこのフィアット500X。コロンとしたカタチがまずカワイイです。派手すぎない赤もいい感じ。こんな車でゴルフ場に乗りつけたらカッコいいですよね~」(菜乃花)

画像: 「カワイイ車は、調査もノリノリです」

「カワイイ車は、調査もノリノリです」

さあ、なんとか載るのか1本目!

画像: おしいです。無念です。ナナメにしたり、いろいろ工夫してみましたが、あとちょっとがどうしても入りません。調査初の1本も積めないという結果に……。

おしいです。無念です。ナナメにしたり、いろいろ工夫してみましたが、あとちょっとがどうしても入りません。調査初の1本も積めないという結果に……。

菜乃花の調査結果は「積めません」

画像: 菜乃花の調査結果は「積めません」

「らくらく」判定=パズル不要でポンポン積んでいけること。積んだ姿も美しい!
「ギリギリ」判定=斜めにしたり、重ねたり、上手く工夫してやっとこ積めた!

「ノリノリだったのに載りませんという結果になってしまいました。横から車を見たとき、後ろがコロンと丸いのはかわいいですが、ラゲッジスペースの高さも低くなってしまうんですね。残念です」と、シズシズと次の調査に向かう菜乃花でありました。

ちなみにシートを倒せばこんな感じ

画像: 「もちろんシートを倒せば、ちゃんと詰めますのでご安心を」

「もちろんシートを倒せば、ちゃんと詰めますのでご安心を」

画像: 他のSUVはこちらでチェック! golfdigest-play.jp

他のSUVはこちらでチェック!

golfdigest-play.jp

WEAR/callaway apparel

フィアット500Xの詳細はこちら

ゴルフへ行こうWEB facebookページはこちら

This article is a sponsored article by
''.