2019年1月1日から新しいゴルフルールがスタート。コースエリアの名称が変わったり、プレー時間短縮のためなどに、さまざまな状況でルールが変わりました。ルール変更と聞くと難しく感じますが、むしろ簡略化され、罰則も減るなど、これまでよりプレーしやすくなりました!

【コースエリアの名称変更】3つのエリアの名前が変わりました

これまで慣れ親しんだコース内のエリアを示す言葉が少し変わります。この機会に覚えてしまいましょう!
ティーインググラウンド→ティーイングエリア
スルーザグリーン→ジェネラルエリア
ウォーターハザード→ペナルティーエリア

【プレー時間の短縮】「プレーファスト」のために

プレーファストはプロアマ問わずゴルフ界の課題です。新しいルールにもスロープレーを防ぐための変更がたくさんあります。

球を拾い上げるときの「告知義務」がなくなりました

画像: 正当な理由がないのに球をマークして拾い上げると1打罰です

正当な理由がないのに球をマークして拾い上げると1打罰です

プレーヤーは自分の球かどうかの確認、プレーに適する球かどうかの確認、救済が許される状態かどうかの確認のために球を拾い上げる場合、事前に他の人に意思を告げ、あるいは立ち会う機会を与えずに球をマークして拾い上げることができます。

プレーできるようになったら、40秒以内で打つことを推奨

画像: 打つ前に狙い所を決めておきましょうね

打つ前に狙い所を決めておきましょうね

キャディがスタンスを後ろからチェックしてはいけません

画像: ルール違反に気づいてスタンスを解いても、グリーン以外では2打罰になってしまいますよ

ルール違反に気づいてスタンスを解いても、グリーン以外では2打罰になってしまいますよ

プレーヤーがスタンスを取り始めてからストロークを行うまで、キャディはプレーの線の後方線上やその近くに故意に立てなくなりました。

準備できた人から打ちましょう。レディー(ready)ゴルフの推奨

画像: 他のプレーヤーの合意を得て、安全を確保できたら、準備できた人から打ってよくなりました

他のプレーヤーの合意を得て、安全を確保できたら、準備できた人から打ってよくなりました

複数のプレーヤーの合意と安全を確保した上で「レディーゴルフ」が推奨されるように。プレー時間短縮のため、ホールからの距離に関わらず「準備できた人から打つ=レディーゴルフ」が推奨され、プレーのペースアップが明確にされました。

3分でロストボールに

画像: 見つからなければ、すみやかに暫定球でプレーしましょう

見つからなければ、すみやかに暫定球でプレーしましょう

これもプレーのスピードアップが目的。球の捜索時間が5分から3分に短縮されました。

【ルールの簡略化】複雑だったルールが、ビギナーにもわかりやすく

救済を受けるときは、いつでもボールを取り換えてOK

画像: 罰なしの救済でもボールを取り替えてよくなりました

罰なしの救済でもボールを取り替えてよくなりました

以前は罰ありの救済を受ける場合に限られていましたが、ルール改正により、罰のありなしに関わらず、救済を受ける場合はいつでも球を取り替えることができるようになりました。

壊れたクラブは「使用を続ける」か「プレーを遅らせずに修理する」できるように

画像: とはいえ、クラブを乱暴に扱ってはいけませんよ!

とはいえ、クラブを乱暴に扱ってはいけませんよ!

これまでは怒ってクラブを叩きつけたなどの理由で損傷した場合は、不使用宣言をしなければなりませんでしたが簡略化されました。ラウンド中に損傷したクラブは、損傷した理由に関わらず「使用を続ける」か「プレーを遅延させることなく修理」することができます。

自分とキャディ以外の理由で壊れたクラブは、取り替えてOK

画像: 【ルールの簡略化】複雑だったルールが、ビギナーにもわかりやすく

プレーヤーとキャディ以外の誰か、外的要因、自然の力によって損傷したクラブは取り替えられるように。ただし、クラブの性能特性を故意に調整した場合はラウンド中の損傷になりません。

ドロップはひざの高さから

画像: うっかり肩の高さなど間違った方法でドロップした場合はやり直せばOK。ただし、そのままプレーした場合、救済エリアな1打罰、救済エリア外では2打罰です

うっかり肩の高さなど間違った方法でドロップした場合はやり直せばOK。ただし、そのままプレーした場合、救済エリアな1打罰、救済エリア外では2打罰です

球はひざの高さからプレーヤーや用具に触れないように真下にドロップしなければいけません。球が地面に落ちた後で止まる前に人や用具に当たっても罰はなく、救済エリア内で止まればその場所からプレーします。

救済エリアの計測はパター以外の一番長いクラブで

画像: 基本的には、ドライバーで測るということですね

基本的には、ドライバーで測るということですね

球をドロップするための救済エリアなどを計測するためのクラブレングスは、パター以外の一番長いクラブを使用する。

ラフからでも、地面に食い込んでいる球は罰なしで救済を受けられるように

画像: 写真のように地面に食い込んでしまっているケースです。沈んでいるだけは救済外です

写真のように地面に食い込んでしまっているケースです。沈んでいるだけは救済外です

ジェネラルエリアで自らのピッチマークにより地面に食い込んでいる球は、罰なしに救済を受けることができるようになりました。これまでは認められていなかったラフでも救済を受けられます。穴の直後(すぐ後ろ)の地点を基点に1クラブレングス以内でホールに近づかない場所にドロップします

画像: GOLULU(左) 中里さや香 (右) 満石奈々葉

GOLULU(左) 中里さや香 (右) 満石奈々葉

画像: ゴルファーは必携です! 【GOLF DIGEST ルール早わかり集 2019-2020】 3月9日発売予定! 定価700円+税(B6ポケットサイズ) 事前予約はこちら

ゴルファーは必携です!
【GOLF DIGEST ルール早わかり集 2019-2020】
3月9日発売予定! 定価700円+税(B6ポケットサイズ)
事前予約はこちら

新ルール②GOLULUはこちら

新ルール③GOLULUとチェックは明日(1/8)公開予定です

週刊GD2019年1月8・15日号より

This article is a sponsored article by
''.