2019年1月1日から新しいゴルフルールがスタート。コースエリアの名称が変わったり、プレー時間短縮のためなどに、さまざまな状況でルールが変わりました。第三回(本企画最終)はスコアに直結するグリーン上と、その他の主な変更点。

【グリーン上の変更点】新しいルールの最注目

挿してあるピンにボールが当たってもOKに

画像: ピンを挿したままでもいいから、ラウンド時間が短縮できますね

ピンを挿したままでもいいから、ラウンド時間が短縮できますね

パッティンググリーン上からプレーした球がホールに立てたままの旗竿に当たっても無罰になりました。これまで通り旗竿を抜いてパットしてもOK、誰かに旗竿に付き添ってもらうこともできます。短いパットをタップインするために旗竿を抜く必要がなくなり、プレーのスピードアップが期待されています。

グリーン上の損傷を修理してもいい

画像: 古いホールの跡、これは直していい箇所ですね

古いホールの跡、これは直していい箇所ですね

ボールマーク、スパイクマーク、クラブや旗竿による窪み、古いホールの埋め跡、芝の張り替え跡、動物による損傷などは修理してもOK。ただし、エアレーション、自然の不正箇所(雑草、地肌の露出など)、ホールの自然な摩耗は修理不可です。

自分のライン上に触れても無罰

画像: うっかり触ってしまったり、手をついてしまっても大丈夫

うっかり触ってしまったり、手をついてしまっても大丈夫

パッティンググリーン上で単にプレーの線に触れても、状態の改善がなければ罰はありません。

ボールやマーカーを偶然動かしてしまっても無罰に

画像: クラブがボールに当たってしまっても、うっかりミスなら罰にはなりません

クラブがボールに当たってしまっても、うっかりミスなら罰にはなりません

パッティンググリーン上で、球やボールマーカーが動いた場合、それが偶然であれば罰にはなりません。

グリーン上でボールが動いた場合の対応がわかりやすく

画像: GOLULU(左)満石奈々葉 (右)中里さや香

GOLULU(左)満石奈々葉 (右)中里さや香

これまでは動かされた原因がプレーヤーにあるのか、自然にせいなのかで処置が違っていましたが、これからは「マークする前」と「マークした後」で分けることでより明確になりました。ボールを拾い上げてリプレースした後に動いた場合は、元の場所にリプレース。拾い上げていなかった場合は動いた場所からプレーします。

キャディさんが黙ってボールを拾い上げてもOK

画像: 【グリーン上の変更点】新しいルールの最注目

パッティンググリーン上で、プレーヤーのキャディは"承認なし"で球を拾い上げることができるようになり、プレーのスピードアップが図られています。ただし、パッティンググリーン上以外の場所でキャディがプレーヤーの承認なしに拾い上げるとプレーヤーは1打罰を受けます。また、キャディが拾い上げた球をリプレースできるのはキャディかプレーヤーだけです。

【その他の主な変更点】OB後の打ち直しや距離計測器の使用など

OBや紛失球で元の場所に戻らない以外の選択肢も

画像: これはぜひ覚えておきたいルールですね

これはぜひ覚えておきたいルールですね

暫定球を打っていない場合、これまでは元の場所に戻って打ち直さなければなりませんでしたが、それに代わる選択肢をローカルルールで設定できるようにました。

画像1: 【その他の主な変更点】OB後の打ち直しや距離計測器の使用など

A点:球が止まったと推定される地点、またはOBの境界線を最後に横切ったと推定される地点
B点:A点に最も近く、ホールに近づかないそのホールのフェアウェイ

ローカルルールで設定されていれば、球が見つからない、あるいはOBであることがわかっている、または事実上確実で暫定球を打っていない場合、プレーヤーは元の場所に戻ってプレーする代わりに、2打罰でホールと上記A点を通る直線(とその外側へ2クラブレングスの範囲)と、ホールと上記B点を通る直線(とその外側へ2クラブレングスの範囲)の間のエリアで、ホールに近づかないジェネラルエリア(その範囲にフェアウェイがあれば、フェアウェイも可)にドロップすることができます。

距離計測器の使用がOKに

画像: 最近のモデルは使いやすく、精度も高いのでおすすめです

最近のモデルは使いやすく、精度も高いのでおすすめです

距離計測器の使用が認められ、2点間の距離を計測できるように。

これまではローカルルールの採用によって距離計測器の使用を認めることができましたが、新規則では、規則そのもので使用を認め、ローカルルールによって使用を禁止できると変更されました。

ただし、高低差を計測することは認められていません。

「最大スコア」を委員会が設定できるように

画像: 最大スコアが設定されているか、プレー前に確認しましょう

最大スコアが設定されているか、プレー前に確認しましょう

各ホールのスコアを委員会が設定した「最大スコア」に制限するストロークプレーの新しい形式が追加されました。

これまではストロークプレーではホールを終了しないプレーヤーは失格(ステーブルフォードは除く)となりましたが、新しいプレー形式では失格にはならず「最大スコア」がそのホールのスコアとなります。

プレーヤーには、より誠実さと思いやりが求められるように

画像: マナーを守らなきゃいけませんよ!

マナーを守らなきゃいけませんよ!

プレーヤーは誠実に、他の人を思いやり、コースを大切に扱うことによりゲームの精神の下でプレーすることが期待されており、重大な非行に対しては委員会が失格にできます。

また、委員会はローカルルールによって独自の行動基準を採用でき、その違反に対して1打罰、2打罰、失格を設定できます。

画像: ホレイス・ハッチンソン ※イングランドで初めてR&Aのキャプテンに就任。1886年、87年に全英アマを連覇

ホレイス・ハッチンソン
※イングランドで初めてR&Aのキャプテンに就任。1886年、87年に全英アマを連覇

ゴルフにレフェリーはいない。プレーヤーは自らがレフェリーであって、すべての問題を採決し、処理し、責任をとらなければならないのだ。(ホレイス・ハッチンソン)

画像: ゴルファー必携です! 【GOLF DIGEST ルール早わかり集 2019-2020】 3月9日発売予定! 定価700円+税(B6ポケットサイズ) 事前予約はこちら

ゴルファー必携です!
【GOLF DIGEST ルール早わかり集 2019-2020】
3月9日発売予定! 定価700円+税(B6ポケットサイズ)
事前予約はこちら

新ルール①GOLULUとチェックはこちら

新ルール②GOLULUとチェックはこちら

画像2: 【その他の主な変更点】OB後の打ち直しや距離計測器の使用など

This article is a sponsored article by
''.