ドライバーに注目が集まりがちだが、この秋はウェッジも各メーカーの新作が目白押し。「ウェッジは顔とソールが重要」という堀越プロと各クラブの性能に迫った。最新12モデルの中から、今回はソール幅が広くザックリ知らずで抜けがいい性能を重視したアベレージ向け6モデルを試打テスト!
画像: 【試打・解説】堀越良和プロ お馴染み試打のスペシャリスト。これまで試打したウェッジは数百本!

【試打・解説】堀越良和プロ
お馴染み試打のスペシャリスト。これまで試打したウェッジは数百本!

画像: 【ウェッジ】花道からのスピンランキング。1位はツアーB XW-1。アマチュアだってキュッキュッと止めたい。やさしいサンド6モデルを打ち比べ。

【計測方法】「20ヤード前後がいちばんスピン性能の違いがわかる」という堀越プロに、弾道解析機"フライトスコープ"を用いて、20ヤード付近のラフと花道からSWで5球アプローチしてもらい、上下2球を除く3球の平均スピン量を計測した

"小細工無用。ザックリしにくい"ウェッジ部門

「ラボスペックFROG'S LEAP-II」(グローブライド オノフ)

「独特な形状のソールが滑るので、まるでフェアウェイウッドでランニングアプローチしているように感じました。でもスピンはしっかり入り、グリーンでピタッと止まります」(堀越)

画像: 「フェアウェイウッドでアプローチしているみたい」

「フェアウェイウッドでアプローチしているみたい」

画像: 「ラボスペックFROG'S LEAP-II」(グローブライド オノフ)
画像: ラボスペックFROG'S LEAP-II(グローブライド オノフ) ヘッド:軟鉄鍛造 ロフト角:51度、58度、64度

ラボスペックFROG'S LEAP-II(グローブライド オノフ)
ヘッド:軟鉄鍛造
ロフト角:51度、58度、64度

「ツアーB XW-2」(ブリヂストンゴルフ)

「XW-1に比べてグースの度合いがかなり強く、またフェースが四角いので、ラインが出しやすい。ジャンボさんが全盛期のころに流行したJ`sアイアンのウェッジに馴染んでいた人には、ドンピシャの顔でしょう」

画像: 「グースが強く、日本人好みの顔」

「グースが強く、日本人好みの顔」

画像: 「ツアーB XW-2」(ブリヂストンゴルフ)
画像: ツアーB XW-2(ブリヂストンゴルフ) ヘッド:軟鉄鍛造 ロフト角:48度、50度、52度、56度、58度

ツアーB XW-2(ブリヂストンゴルフ)
ヘッド:軟鉄鍛造
ロフト角:48度、50度、52度、56度、58度

「C036フォージド」(フォーティーン)

「ダブルバウンスに幅広ソールとダフらせない工夫が満載。入射角20度くらいで上から入れても突っかからず、ソールが滑ってくれます。ラフからでもしっかりスピンが効くのには驚き」

画像: 「ダフらせない工夫が満載のウェッジです」

「ダフらせない工夫が満載のウェッジです」

画像: 「C036フォージド」(フォーティーン)
画像: C036フォージド(フォーティーン) ヘッド:軟鉄鍛造 ロフト角:46度、51度、56度

C036フォージド(フォーティーン)
ヘッド:軟鉄鍛造
ロフト角:46度、51度、56度

「マックダディ4」(キャロウェイゴルフ)

「ややグースネックで、ほとんどのゴルファーが構えやすいと感じるはず。フェースを開く必要はあまりなく、ポンッと置いて構え、そのまま打てば、自然にスピンのかかった球が打てます」

画像: 「ポンと置いてポンと打てばスピンが効く」

「ポンと置いてポンと打てばスピンが効く」

画像: 「マックダディ4」(キャロウェイゴルフ)
画像: マックダディ4(キャロウェイゴルフ) ヘッド:軟鉄鍛造 ロフト角:48度、50度、52度、54度、56度、58度、60度、64度

マックダディ4(キャロウェイゴルフ)
ヘッド:軟鉄鍛造
ロフト角:48度、50度、52度、54度、56度、58度、60度、64度

「チューンN」(プロギア)

「グースネックなので、そのぶんインパクトロフトが立ち、打ち出しはイメージより低いですがスピンはかかります。幅広ソール全般にいえますが、ラフでは左に出やすいので注意が必要です」

画像: 「ハンドファーストに構えてもバウンスが使えます」

「ハンドファーストに構えてもバウンスが使えます」

画像: 「チューンN」(プロギア)
画像: チューンN(プロギア) ヘッド:ステンレス精密鋳造 ロフト角:48度~64度(2度刻み)

チューンN(プロギア)
ヘッド:ステンレス精密鋳造
ロフト角:48度~64度(2度刻み)

「ツアーB XW-1」(ブリヂストン)

「バウンスがあるようには見えないのですが、打つとしっかりバウンスが効いて、抜け感が気持ちいい。フェース面がザラザラに加工されていて、フェースがボールを噛むように喰いついます」

画像: 「ボールを噛む感じはこの中では1番です」

「ボールを噛む感じはこの中では1番です」

画像1: 「ツアーB XW-1」(ブリヂストン)
画像: ツアーB XW-1(ブリヂストン) ヘッド:軟鉄鍛造 ロフト角:48度~60度(2度刻み)

ツアーB XW-1(ブリヂストン)
ヘッド:軟鉄鍛造
ロフト角:48度~60度(2度刻み)

画像2: 「ツアーB XW-1」(ブリヂストン)

週刊GD2018年10月30日号より

ゴルフへ行こうWEB facebookページはこちら

This article is a sponsored article by
''.