数多くのクラブを手掛けてきた設計家・松尾好員と、試打のスペシャリスト・堀越良和プロが、最新クラブを打って、測って研究する「ヘッドデータはウソつかない」。リョーマゴルフのリョーマアイアンです。

ストロングロフトなのに球の高さは番手通り

打ってみた感想からいうと、さすがの飛距離性能です。一般的なロフトのアイアンに比べ、1番手は確実に飛びます。ストロングロフトですが、一般的なロフトの同番手と同じぐらいの、適度な高さの球をやさしく打つことができます。フェースの下めに当たっても、しっかり球が上がってくれるので、上下に打点がズレやすい人でも、ショットの高さが安定します。(堀越)

画像: ヘッドは大きめでややグースネック(5I、7I、9I)

ヘッドは大きめでややグースネック(5I、7I、9I)

通常、アイアンはフェースのややヒール側に芯がきますが、リョーマのアイアンはフェースの中央に芯が配置されています。実際に試打していても、いい当たりをしたときは、打痕がフェースの中央についていました。

アマチュアはフェースのトウ寄りに当たりやすく、それが曲がりや飛距離ロスに繋がりますが、ややトウ側で打っても直進性が高く、飛距離もあまり落ちません。上下左右ともに、アマチュアの打点によるミスを、かなり軽減してくれるでしょう。(堀越)

画像: 重心距離は長めでトウ寄り打点にも強い。フェースのセンターがスウィートスポット

重心距離は長めでトウ寄り打点にも強い。フェースのセンターがスウィートスポット

重心距離が長いので、球のつかまり具合も適度。左へのミスを心配せずに振っていけます。1Wのヘッドスピードが42~43m/sクラスで、やさしくアイアンを打ちたい人におススメです。

クラブの重みが感じられ、タイミングをとりやすい

7Iのクラブ長さは実測で長く、クラブ重さもやや重いので、クラブ慣性モーメントがやや大きくな
っています。ヘッドはフェースが長く大きいので、いかにも打ちやすそうな安心感があり、丸みのあるトップラインで、球を包み込むイメージも出ています。(松尾)

7番でツアーADリョーマアイアンシャフトのSを試打しましたが、カーボンシャフトとしては92グラムと重いものの、軟らかめの設定なので、年代を問わずクラブの重みを感じてタイミング良く振りやすく感じました。

画像: バウンス角が小さく払い打ちがあう

バウンス角が小さく払い打ちがあう

アイアンの距離がバラつく人、もっと飛ばしたい人

ソールのバウンス角が小さいので、ターフを取らないスウィープなスウィングが合うでしょう。重心距離が長くネック軸回りの慣性モーメントも大きいので、トウ寄りのショットにも、当たり負けしにくいです。(松尾)

画像: アイアンの距離がバラつく人、もっと飛ばしたい人

【総合評価】 飛距離性能 4.5/つかまり 4/上がりやすさ 3.5/ミス許容 4.5/操作性 3.5 ※5点満点

ヘッド●ステンレススチール+チタン合金鍛造スプリングフェース
ロフト角●29度(7I)
ライ角●62.25度(7I)
長さ●37.25㌅(7I・ツアーAD リョーマアイアン)
シャフト●ツアーAD リョーマアイアン(S、SR、R、R2)、
     ビヨンド パワー アイアン、
     NSプロ モーダス3 ツアー120(S)、
     NSプロ 950(S)、
     MCI 60~110
総重量●約409g(7I、ツアーADリョーマアイアン・S)
価格(税込)●1本3万8880円(ツアーAD リョーマアイアン)
※メーカー公表値

画像: 【総合評価】 飛距離性能 4.5/つかまり 4/上がりやすさ 3.5/ミス許容 4.5/操作性 3.5 ※5点満点

解説:クラブ設計家 松尾好員
解説:プロゴルファー堀越良和

週刊GD2019年1月8・15日合併号より

This article is a sponsored article by
''.