松山英樹が使用していることで有名なスリクソンのアイアン。ニューモデル「Z585」は、スリクソンがプロのフィードバックを形にするために培ってきた技術力が実感できるアイアンだ。マッスルバックを思わせる端正な顔つきながら、やさしさと飛距離性能は抜群。アマチュアにおすすめの「Z585」を、5I~PWのセットで1名様にプレゼントします。

アマチュアにうれしい飛び性能! 秘密はフェース裏の溝

画像1: アマチュアにうれしい飛び性能! 秘密はフェース裏の溝

軟鉄鍛造でありながら大きめで安心感がある「Z585」のヘッド。上級者好みのシャープな顔つきだが、フェースにクロムバナジウム鋼を使うことで飛距離と打感を両立。フェース裏に設けた溝「スピードグルーブフェース」が、よりたわみやすく、反発性能を向上させている。

スリクソン特有のソールのV角度は、アマチュアのヘッドの入射角を分析して、ゆるかなブローでもヘッドが抜けるように設計されている。つまり、できるだけミスに強く、飛距離がでるように工夫されているのだ。

画像: スリクソン特有のソールのV角度がさらに進化。角度がゆるやか、かつ頂点を後方に改良。入射角のゆるやかなレベルスウィングでの抜けが格段に良くなったという

スリクソン特有のソールのV角度がさらに進化。角度がゆるやか、かつ頂点を後方に改良。入射角のゆるやかなレベルスウィングでの抜けが格段に良くなったという

マッスルバックを思わせる端正な顔立ちなのに、打ってみると見た目以上のやさしさと飛距離に驚くだろう。使い慣れた自分のアイアンとの差を、はっきりと感じてしまうかもしれない。

画像2: アマチュアにうれしい飛び性能! 秘密はフェース裏の溝

スリクソン Z585 アイアン
ロフト角(7I):31度
ライ角(7I):62度
重さ(5I):377g(Miyazaki Mahana)
素材:フェース/クロムバナジウム鋼、ボディ/軟鉄
シャフト:Miyazaki Mahanaカーボンシャフト(S、R)、NSプロ950GH GSTスチールシャフト(S)、NSプロ モーダス3 ツアー105 GSTスチールシャフト(S)
※シャフトは純正になります。(当選者の方にはカーボンシャフトもしくはスチールシャフトのどちらかをお選びいただきます)

プレゼントの応募はこちら

応募締め切り:2018年10月9日(火)24時

PHOTO/Takanori Miki

週刊GD2018年10月9日号より

ゴルフへ行こうWEB facebookページはこちら

This article is a sponsored article by
''.