2015年シーズンから4年間にわたってフェアウェイキ ープ率ランク1位を続ける稲森佑貴プロ。今季は前年からさらに4%近く数字を上げ、70.83%と圧倒的なトップに立つ。そんな彼がシーズン途中で変更したのが「スリクソンZ585」ドライバー。スイッチした理由はいたってシンプル。「飛んでさらに曲がらないから」。日本一曲げない男を日本オープンチャンピオンへ昇華させた飛距離性能。次は、自らティグラウンドで試してほしい。「スリクソンZ585」を2名にプレゼント!

稲森プロは、ニューモデル「スリクソンZ585」発表とほぼ同時に変更し、秋には念願の初勝利を、日本オープンというメジャーで達成。特徴のひとつは、軽比重・高強度・ 高弾性チタン合金を使用したカップフェース構造。フェースからクラウン、ソールの巻き込み部分を理想的にたわませることで強反発エリアが約76%拡大。

画像: ゼクシオテンが採用した「第三世代のカップフェース」をスリクソン流にアレンジして採用。前モデルと比べ反発係数0.80以上の強反発エリアが176%まで拡大

ゼクシオテンが採用した「第三世代のカップフェース」をスリクソン流にアレンジして採用。前モデルと比べ反発係数0.80以上の強反発エリアが176%まで拡大

画像: クラウンをカーボンにすることで余剰重量を生み出し、ヘッド内部にリブやウェイトとして適切配置。ミスヒットへの強さや快適な打音を実現

クラウンをカーボンにすることで余剰重量を生み出し、ヘッド内部にリブやウェイトとして適切配置。ミスヒットへの強さや快適な打音を実現

ヘッドのクラウン部分は、今主流の超軽量カーボン素材を採用し、3グラムの余剰重量をヘッドに再配分することで、ヘッド全体の慣性モーメントを大きくした。反面、カーボンクラウンは打音が気になるという声もあるが、ヘッド内部のリブを新設計したことで、従来と遜色のない打音を実現したという。

稲森佑貴はスリクソンZ585で、難コース・横浜CC西Cを攻略、日本オープン制覇

「ゼクシオテン」から「スリクソンZ585」に変更した稲森プロは、「アマチュアでも使えるやさしいドライバーが好み。プロといえども、いつも芯でとらえられるわけではなく、ミスヒットに強いのは大切なポイント」と話す。ドライバーと信頼関係が増すと、振り抜きを向上させ飛距離がさらに伸びるという稲森プロ的相乗効果も期待できそうだ。

アマチュアは、奇跡の一発がいつまでも記憶に残りがち。しっかりとフェアウェイをキープし、いつものセカンドショット地点よりも、繰り返し前から打てる小さな幸せをが大切だということに気がついてほしい。‟小さな幸せ”をいつも叶えてくれるドライバーが「Z585」だ。

画像1: 稲森佑貴はスリクソンZ585で、難コース・横浜CC西Cを攻略、日本オープン制覇
画像2: 稲森佑貴はスリクソンZ585で、難コース・横浜CC西Cを攻略、日本オープン制覇

「スリクソンZ585ドライバー」(ダンロップ)
ロフト角/9.5度 10.5度
ヘッド体積/460cc
シャフト/Miyazaki Mahanaシャフト
フレックス/S・SR・R
長さ/45.25インチ
重さ/302g(フレックスS)

プレゼントの応募はこちら

【締め切り】2018年12月11日(火) 24時

画像3: 稲森佑貴はスリクソンZ585で、難コース・横浜CC西Cを攻略、日本オープン制覇

This article is a sponsored article by
''.