日本のゴルファーが好む伝統的なヘッド形状にこだわりながら、徹底的な低重心化を図り、飛距離性能と圧倒的な高弾道を実現した本間ゴルフの新アイアン「ツアーワールドTW747 Pアイアン」。1名にプレゼントします。

クラブメーカーのイメージはなかなか変わらない。しかし、老舗高級メーカーからアスリート志向へのイメージチェンジを果たし、さらに変身しようとしているのが、創業61年を迎える本間ゴルフ。多くのツアープロが使い、アスリートイメージが強かったツアーワールドシリーズが、大胆なイメージチェンジを図った。

日本のゴルファーが好むコンベンショナルなヘッド形状にこだわりながら、20グラムのタングステン(ウェート)をソールに配置し、ネックを4ミリ短くして、徹底的な低重心化を実現。飛距離特化のストロングロフト設定でありながら高弾道を両立した『TW747Pアイアン』。

画像: ソールに20グラムのタングステンを配置し、ネックは4ミリ短く設計。徹底した低重心アイアン

ソールに20グラムのタングステンを配置し、ネックは4ミリ短く設計。徹底した低重心アイアン

フェースの肉厚を薄くすることには、余剰重量を生み出せるだけでなく、反発力が向上し高初速を実現できるメリットがあるが、反面、打感が犠牲になる場合が多い。そこで、本間ゴルフの開発陣は、伝統の打感を維持するために、バックフェースに3Dエンブレムを装着。伝統の音と打感を高いレベルで共存させた。

プロモデルという印象だったツアーワールドシリーズは、ゴルフというスポーツを楽しみたいというアスリート志向のゴルファーが待ち望んだブランドに進化している。

画像: ポケットキャビティなのに、トップラインが厚くないというのも、アスリート志向の強いゴルファーに合うフォルム

ポケットキャビティなのに、トップラインが厚くないというのも、アスリート志向の強いゴルファーに合うフォルム

楽しくゴルフをしたい。そのためには飛距離は妥協したくない。いくつになっても自己ベストを更新したいアスリートマインドのゴルファーに、是非使ってほしいアイアンだ。

画像: 鉄の2.5倍、鉛と比べても1.7倍も重い「タングステン」をソールに内蔵

鉄の2.5倍、鉛と比べても1.7倍も重い「タングステン」をソールに内蔵

ツアーワールドTW747Pアイアン(本間ゴルフ)
ロフト角(7I)/28.5度
ライ角(7I)/61.5度
重さ(7I)/391g(VIZARD For TW747 50・S)
ボディ/鋳造
シャフト/VIZARD For TW747 50(S・SR・R)、NSプロ950GH(S・R)、NSプロ モーダス3 For T-WORLD(S・R)

プレゼントの応募はこちら

応募締め切り:2018年12月18日(火)24時

This article is a sponsored article by
''.