ちまたに数あるアイアンの中から、アマチュアゴルファーにぴったりのモデルを探しだすという本企画。いま話題の27モデルを「操り系」、「やさしい操り系」「飛距離系」「ぶっとび系」の4タイプに分類。吉田一尊プロが試打コメンテーターになり、HS46m/sのハンディ5と、HS40m/sのアベレージスライサーの2人が実測試打。パート1は「操り系アイアン編」です。
画像: 試打コメンテーター/吉田一尊プロ 飛ばしのスペシャリストであり、自身もクラブ開発を行うプロゴルファー。

試打コメンテーター/吉田一尊プロ
飛ばしのスペシャリストであり、自身もクラブ開発を行うプロゴルファー。

試打者1/ 32歳のアスリートタイプゴルファー
HC:5
HS:46m/s
モデル別初速と振りやすさにこだわり。大事なところで打てる、負けないクラブが欲しい。

試打者2/38歳のアベレージスライサー
HC:18
HS:40m/s
右OBのコースが大の苦手。ただいまスライスせずに飛距離を伸ばせるクラブを探し中。

ボールコントロールしやすい「操り系」4モデル
吉田 ドローとフェードがイメージ通り打ち分けられたり、ほどよい"めくれ球"でピンを上から狙える操り系アイアン。見た目がシャープでカッコよく、軟鉄鍛造ならではの厚い打感も魅力です。

スリクソン Z785(ダンロップ)7I:ロフト32度

インパクトで球を押し込めるフィーリング

画像1: スリクソン Z785(ダンロップ) 7I:ロフト32度
画像2: スリクソン Z785(ダンロップ) 7I:ロフト32度

吉田 打点裏を肉厚にして、芯でとらえたときの軟らかさと押し込める打感を求めたモデル。V字型のソールはダウンブローに打ち込んだとき鋭く抜けます。

ツアーB X-BL(ブリヂストン)7I:ロフト34度

打感と抜けにこだわり抜いたブレードタイプ

画像1: ツアーB X-BL(ブリヂストン) 7I:ロフト34度
画像2: ツアーB X-BL(ブリヂストン) 7I:ロフト34度

吉田 バックフェースに施されたダイヤモンド型の「B」デザインで、打感は食いつくよう。シャープなフラットソールは鋭い切れ味を発揮します。

P760(テーラーメイド)7I:ロフト33度

ソリッドな打感。進化したやさしさ。凝ったバックフェース

画像1: P760(テーラーメイド) 7I:ロフト33度
画像2: P760(テーラーメイド) 7I:ロフト33度

吉田 フェースの反発力を損なわずに打感・打音を良くする充填材「スピードフォーム」を使用したツアーアイアン。操作性やデザインにもこだわりがありますが、4モデルの中ではやさしいアイアン寄りですね。

Mizuno Pro319(ミズノ)7I:ロフト34度

打感・打音がさらに向上したハーフキャビティ

画像1: Mizuno Pro319(ミズノ) 7I:ロフト34度
画像2: Mizuno Pro319(ミズノ) 7I:ロフト34度

吉田 長く響く心地よい打球音を求めつつ、銅下メッキを施したことで打感がソフトに。ソールの3方向に丸みを設けて、芝に潜りすぎず抜けやすいのが特徴です。

【試打結果】アベレージでもボールが上がる。決して難しすぎない!

画像1: 【試打結果】アベレージでもボールが上がる。決して難しすぎない!

アスリート氏 ヘッドとシャフトのバランスが良い「X-BL」が振りやすくてヘッドスピードが上がりました。思い通りに球を曲げて止められます。

画像2: 【試打結果】アベレージでもボールが上がる。決して難しすぎない!

スライサー氏 「P760」は見た目がシャープだけど。打つと球が上がりやすいし、ミスが収まりやすかったです。他よりちょっと飛ぶ気がします。

吉田 左に乗ってダウンブロー気味に打てるアスリート氏には、最もシャープな「ツアーB X-BL」が合いました。操り系でも「P760」のようにスライサーが使えるモデルもあるんです。

This article is a sponsored article by
''.