ショップにずらりと並んだアイアンの中から、アマチュアゴルファーがぴったりのモデルを探しだすために徹底的に試打する本企画。いま話題の27モデルを「操り系」「やさしい操り系」「飛距離系」「ぶっ飛び系」の4タイプに分類。吉田一尊プロが試打コメンテーターになり、HS46m/sのハンディ5と、HS40m/sのアベレージスライサーの2人が実測試打。パート2は「ぶっ飛び系アイアン編」です。
画像: 試打コメンテーター/吉田一尊プロ 飛ばしのスペシャリストであり、自身もクラブ開発を行うプロゴルファー。

試打コメンテーター/吉田一尊プロ
飛ばしのスペシャリストであり、自身もクラブ開発を行うプロゴルファー。

試打者1/ 32歳のアスリートタイプゴルファー
HC:5
HS:46m/s
モデル別初速と振りやすさにこだわり。大事なところで打てる、負けないクラブが欲しい。

試打者2/38歳のアベレージスライサー
HC:18
HS:40m/s
右OBのコースが大の苦手。ただいまスライスせずに飛距離を伸ばせるクラブを探し中。

1番手上の飛びは当たり前。「ぶっ飛び系」4モデル
吉田 7番アイアンのロフトが27度前後と以前の5番アイアン並みの超ストロングロフト。シャフトも長めです。ボールが前に強く出て、まさにぶっ飛んでいくクラブですね。

ローグ・スター(キャロウェイ)7I:ロフト27度

申し分なしの飛びと打感の良さ

画像1: ローグ・スター(キャロウェイ) 7I:ロフト27度
画像2: ローグ・スター(キャロウェイ) 7I:ロフト27度

吉田 ストロングロフトでも打ち出し角が高く、初速も高いです。バックフェースに配したウレタン素材のおかげで、食いつくようなフィーリングもありますね。グースネック&大きな重心角でヘッドが返りやすくボールがつかまるクラブです。

CB701(ヨネックス)7I:ロフト26度

"飛んで止まる"ハイブリッド鍛造

画像1: CB701(ヨネックス) 7I:ロフト26度
画像2: CB701(ヨネックス) 7I:ロフト26度

吉田 キレイなアイアン顔で、UTのように飛びます。タングステンを内蔵したグラファイトハイブリッド構造がインパクトの振動を抑えるので、ぶ厚い打球感があります。フェースも広い範囲で反発力が高く、パワーに自信のない人でも"UT感覚"で楽に飛ばせるクラブです。

TC340 フォージド(フォーティーン)7I:ロフト28度

鍛造とは思えないアンダーカットキャビティでボールが上がる

画像1: TC340 フォージド(フォーティーン) 7I:ロフト28度
画像2: TC340 フォージド(フォーティーン) 7I:ロフト28度

吉田 7回も鍛造を繰り返すことで、軟鉄ワンピースでも深く鋭くえぐれたアンダーカットを実現したというモデルです。まさに、フォージドの限界に挑んだキャビティですね。かつてないほど低く深い重心により球をやさしく上げられます。鍛造の打感でぶっ飛んでいくクラブです。

インプレスUD+2(ヤマハ)7I:ロフト26度

元祖ぶっ飛び系アイアンの面目躍如

画像1: インプレスUD+2(ヤマハ) 7I:ロフト26度
画像2: インプレスUD+2(ヤマハ) 7I:ロフト26度

吉田 フェースのソール部が前作よりも後方に広がっています。これにより、たわみが大きくなり、反発性能がさらにアップしていますね。グースネックと深いキャビティ、弾くフェース。超オートマチックに飛ばせるクラブです。

【試打結果】スライサーが打っても、7Iで159Yを記録「インプレスUD+2」

画像1: 【試打結果】スライサーが打っても、7Iで159Yを記録「インプレスUD+2」

アスリート氏 7番アイアンなのに180Y近く飛ぶことも。「ヨネックスCB701」は軽く振ってもヘッドが走りました。ぶっ飛び系アイアンは、ほんとに飛んじゃいますね。

画像2: 【試打結果】スライサーが打っても、7Iで159Yを記録「インプレスUD+2」

スライサー氏 「ローグ・スター」と「インプレスUD+2」はグースネックでボールがめちゃくちゃつかまりました。強い球が出るのがとてもいいですね。

吉田 超ストロングロフトでシャフトの長いぶっ飛び系アイアンは、フェースを閉じたまま動かし、コンパクトなトップでスウィングするといい感じに打てるはずです。それと、打感の好みが大きく出るアイアンなので、自分にとって気持ちのいい打感のモデルを探すと長く使えるはずです。

This article is a sponsored article by
''.