ジャガー・ランドローバー・ジャパンからランドローバー ディスカバリー スポーツの特別仕様車「ディスカバリー スポーツ ランドマークプラス(LANDMARK+)」が登場、全国の正規ディーラーで予約注文が開始(2019年2月)された。

人気の「ランドマーク」をベースにした特別仕様

今回発表された特別仕様車「ディスカバリー スポーツ ランドマークプラス」は、インジニウム2L直列4気筒ディーゼルターボエンジン(最高出力180ps/最大トルク430Nm)を搭載した、2019年モデル「ランドマーク エディション」をベースにした限定車だ。

エマージェンシーブレーキやアダプティブクルーズコントロール、ブラインドスポットモニター&リバーストラフィックディテクションなどを装備、ドライバー支援システムをさらに充実させて登場した。

インテリアにはグレインレザーシートを装備し、パワージェスチャーテールゲートやシートヒーターなど人気の高いオプションも追加している。また、エクステリアではカルパチアングレイのコントラストルーフがダイナミックなデザインを際立たせている。

ボディカラーはナルヴィックブラック(限定25台)、コリスグレイ(限定15台)、ユーロンホワイト(限定60台)の3色を用意。車両価格はナルヴィックブラックが599万9000円、コリスグレイとユーロンホワイトは608万7000円。販売台数は限定100台となる。

画像: テールゲートにはパワージェスチャー機能が備わった。トランクルームにはキャディバッグが2つ横置きできる

テールゲートにはパワージェスチャー機能が備わった。トランクルームにはキャディバッグが2つ横置きできる

画像: 充実のドライバー支援システムのほか、2ゾーンクライメートコントロール、スライディングアームレスト付センターコンソールを取り入れ快適性を高めた

充実のドライバー支援システムのほか、2ゾーンクライメートコントロール、スライディングアームレスト付センターコンソールを取り入れ快適性を高めた

画像: グレインレザー仕様、フロントシートは10ウエイ電動でシートヒーターが備わる

グレインレザー仕様、フロントシートは10ウエイ電動でシートヒーターが備わる

画像: 人気の「ランドマーク」をベースにした特別仕様

ランドローバー ディスカバリー スポーツ ランドマークプラスの主な特別装備

●アダプティブクルーズコントロール(キューアシスト付)
●10ウェイ電動フロントシート(ヒーター付)
●2ゾーンクライメートコントロール(2列目エアコンディショナーダクト付)
●センターコンソール(スライディングアームレスト付)
●キーレスエントリー
●エマージェンシーブレーキ
●パワージェスチャーテールゲート
●ブラインドスポットモニター&リバーストラフィックディテクション(クロージングビークルモニター付)

限定車 ランドローバー ディスカバリー スポーツ ランドマークプラス 主要諸元

●全長×全幅×全高=4610×1895×1725mm
●ホイールベース=2740mm
●車両重量=1970kg
●エンジン=直4DOHCディーゼルターボ
●排気量=1999cc
●最高出力=180ps/4000rpm
●最大トルク=430Nm/1750rpm
●トランスミッション=9速AT
●駆動方式=4WD
●JC08モード燃費=14.4km/L
●ハンドル位置=右
●車両価格=599万9000円~608万7000円

WebモーターマガジンTOPより

「ランドローバー ディスカバリー スポーツ ランドマークプラス」にはキャディバッグ横置きが2つ可能。他のライバルSUVは? こちらからチェック↓

This article is a sponsored article by
''.