4月に行われる「ゴルフダイジェストアワード2019」。すでに「レッスン・オブ・ザ・イヤー」部門の投票も始まっている。ノミネートされた、若林功二プロ、南秀樹プロ、石原健太郎プロ、今泉健太郎プロ、吉田洋一郎プロ、5人のプロに「飛距離アップ演説」を行ってもらった。どのプロのレッスンに投票しようか迷っているあなた、本企画を読んで“ビビッ”と来る人を見つけよう! 第二弾は南秀樹プロです。

テークバックを滑らかに速く動くグリップの強さを探ってほしいby南秀樹

私がスウィングに求めるのは、「より遠くへ飛ばせる」ことです。そして、そのためにはボールの初速を上げることが一番重要だと考えています。速く振るための方法、それは「しっかり握って速く上げる」ことです。

よく、グリップはゆるく握ったほうがいいと言われます。体に余計な力みが生じるとクラブは加速しないというのがその理由ですが、実は逆で、グリップはある程度しっかり握っておかないとクラブは速く振れないのです。

アマチュアの方々を見ていて思うのは、ゆるくというと、とことんゆるくなってしまう人がとても多いです。これでは、クラブは加速するどころか減速してしまいます。

ゆるく握るとゆるんでしまうなら、しっかり握ったほうがいいのではないかと思いました。マジックや筆で、真っすぐなラインを描くとき、ゆるゆるに握っていたら線がブレてしまいますよね。

グリップはしっかり。肩ではなくお腹に力を込める

それと同じ理屈で、バックスウィングのスピード感と滑らかさを高めるには、グリップはある程度しっかり握っておくべきなのです。
 
もちろん、ゆるく握ってゆっくり上げるという考え方もありますが、余程の筋力と体力、練習量がないと、ダウンスウィングで速く振ることはできません。これはとても難しい動作になってしまいます。
 
握る強さは感覚的な部分なので、難しいところですが、自分のなかでクラブを引っ張り上げられる強さを目安にしましょう。もちろん、強すぎは肩の回転が浅くなる原因になるので禁物。手元はしっかり、腕や肩には力が入らないようにリラックスさせるのがポイントです。

“しっかり握って速く上げる”ことを意識してスウィングすれば、振る感覚が変わってきます。

【速く振る①】フットワークを使う

クラブを速く振るにはリズムが重要ポイント。足を積極的に使って、左右の動きを入れることで体全体がスムーズに動く。手や腕の動きだけを意識していると余計な力みが生まれてしまう。

画像: 「右→左、左→右」と足踏みするリズムで振ります

「右→左、左→右」と足踏みするリズムで振ります

【速く振る②】7割の力でしっかり握る

速くクラブを上げるためにしっかり握る必要があるが、強く握りすぎると腕や肩に力が入って回転不足につながってしまう。トップまでスムーズに「スッ」とクラブを引っ張り上げられる「強さ」で握るのがポイント。

画像: グリップと一緒に腕と肩に力が入ると回らなくなる。肩に力は入れない

グリップと一緒に腕と肩に力が入ると回らなくなる。肩に力は入れない

とっておきドリル 速く上げよう! 南秀樹の【フォロースタート素振り】

画像: とっておきドリル 速く上げよう! 南秀樹の【フォロースタート素振り】

フォローの位置から素振りを行う練習です。足でリズムをとりながらスピードを上げてトップまで持っていくことがポイント。グリップはしっかり握り、お腹に力を入れて一気にクラブを引き上げましょう。スピード感が出てくれば必ず飛距離アップが実現しますよ。

画像: 【候補者②南秀樹】 みなみひでき。1974年生まれ。香川で 「3.7.3ゴルフアカデミー」主宰。鈴木愛を小学生の頃から指導する。週刊GD「飛ばしもパットもまっつくつい!」連載中

【候補者②南秀樹】みなみひでき。1974年生まれ。香川で
「3.7.3ゴルフアカデミー」主宰。鈴木愛を小学生の頃から指導する。週刊GD「飛ばしもパットもまっつくつい!」連載中

週刊GD2019年2月12日号より

レッスン・オブ・ザ・イヤー2019投票しよう!

鈴木愛プロを指導した南秀樹コーチのパットレッスンはコチラ↓

This article is a sponsored article by
''.