アイアンを打つのが厳しくなってきたので、ユーティリティを買おうかと思っています。田村プロはユーティリティにどんなことを求め、どんなクラブを選びますか?(27歳 HC25)

【解答/田村尚之プロ】
トップアマから49歳でプロ転向した異色のゴルファー。倉本昌弘から背中を押されてプロになったのは2013年。50歳を迎えてからはシニアツアーを主戦場として活躍中

私はロフトが20度のユーティリティをキャディバッグに入れています。またフェアウェイウッドは3Wと5Wを入れ、アイアンは4番からのセッティングでつねに同じです。

画像: 田村尚之プロのUT  キャスコ「BIG SUPER HYTEN TARO」

田村尚之プロのUT キャスコ「BIG SUPER HYTEN TARO」

画像: アイアンの操作性とユーティリティのやさしさを兼ね備えたアイティリティ

アイアンの操作性とユーティリティのやさしさを兼ね備えたアイティリティ

そのなかでユーティリティの役割は、205~210ヤードほどの距離をグリーンに乗せることです。私は、5Wからをグリーンに乗せるクラブと位置付けているので、その流れに沿い、また5Wと4番アイアンのほぼ中間の距離が打てるユーティリティにしているのです。

私はもともと球が上がりやすいタイプで、10年くらい前までは「3W、飛ぶUT、3番アイアン~」というセッティングでした。

その後、ボールの性能がよくなり吹き上がりにくくもなったので、ボールの落下角でグリーンに止められるように、5Wと「ボールが上がるUT」を入れるようにしました。

画像: 【クラブセッティング】ユーティリティ選びは、球の高さと使用ボールとの相性で決めると上手くいきます。

みなさんは年齢的なことと考えられがちのようですが、ボールが吹き上がりにくい性能に進化していることも頭に入れて、自分に合った打ち出し角や高さの出るUTを選ぶことをお勧めします。

もしそれでもボールが浮きにくい場合は、スピンタイプのボールを使うことも試してみてください。

田村尚之ゴルフQ&A

This article is a sponsored article by
''.