50歳を間近に控えた藤田寛之が最近ハマっているのが「ヨガ」。その効能を聞けば聞くほど、ゴルファーにいいことづくめ。これはやらない手はないぞ。ヨガインストラクターのマリコ先生と藤田プロに教えてもらった。

【解説】マリコ先生
ヨガインストラクター。YouTubeのヨガ動画で大人気、チャンネル登録数はなんと37万人。「分かりやすくて親しみやすい」と大人気ヨガ講師

【生徒】藤田寛之プロ
1969年生まれ、福岡県出身。40歳をすぎて賞金王になった、中年の星。最近はケガに悩まされることも多いが2014年以来の優勝を目指して戦いを続ける

画像: 【ゴルフヨガ】スタート前に10分やるだけで効果絶大。スコア直結! 藤田寛之プロとゴルフヨガ

40代になったらぜひやってみたい

藤田寛之がヨガにはまっているという情報をキャッチして、本人を直撃。

藤田 実は昨年(2018)の1月ごろからやっていて、ヨガマットを女房に借りて、お風呂上りに毎日毎晩やり始めました。

ということで、藤田プロとヨガで大人気のマリコ先生にコラボしてもらいました。

── でも、なぜヨガを始めたんですか?

藤田 僕らにとっていちばん怖いのがケガですよね。40代を超えると、一度ケガすると時間を取り戻すのに2倍も3倍もかかってしまいます。僕も疲労骨折したり、左肩が痛くてクラブが握れなかったり、痛みを抱えてきました。

画像: 「じわーっと汗をかく、これがイイんですよ」(藤田)

「じわーっと汗をかく、これがイイんですよ」(藤田)

ヨガはいいことづくめ
1、コアが鍛えられる
2、代謝が上がる
3、ケガの防止
4、呼吸が深くなる
5、集中力が増す

藤田 少しでもケガの予防になればと思い、始めたんです。特に股関節とかお尻回りを重点的にやっていますよ。

それを聞いたマリコ先生。

マリコ先生 ゴルファーにとって、ヨガはメリットが大きいと思います。藤田プロのようにケガの防止にもなるし、全身に酸素がいきわたって体の動きが変わります。呼吸が深くなって、集中力も出ますから、まったくパフォーマンスが違うと思いますよ。

どんなメニューがいいか、2人でじっくり考えてもらいました。

藤田プロがヨガにハマる3つの理由

【理由1】手軽に短時間でできる

【理由2】股関節・肩など重点的にケアできる

【理由3】ケガの防止になる

自分の呼吸に耳を傾けたことありますか?

考えてもらったテーマは「体幹を鍛える」、「スタート前のアップ」、「体をほぐす」の3種類。

藤田 シーズン中はホテルのベッドの上でやっています。やりながら寝たことも何回かありますよ(笑)

画像: 「スウィングに大事なわき腹部分が伸びるね」(藤田)

「スウィングに大事なわき腹部分が伸びるね」(藤田)

わき腹が伸びる三角のポーズ

マリコ先生 ヨガは呼吸が大事で、緊張が抜けたなぁと思ったら、もう一段階体が伸びます。自分の呼吸を意識しながら、やってみてください。

【テーマ1】 体中の血ががめぐる「体幹力UPヨガ」

①二の腕と腹筋を使う「後屈のポーズ」

わきを締めて手首の真上に肩がくるようにポーズをとる。つま先を伸ばして二の腕と腹筋を使うといい姿勢になる。

画像: 【テーマ1】 体中の血ががめぐる 「体幹力UPヨガ」

②体の軸を感じる「木のポーズ」

腕の前で合掌。肩の力、腕の力をリラックス。目線を一点に集中して、軸足で大地を踏む(左右両方)。

画像: なるべく足を上の方に

なるべく足を上の方に

【テーマ2】ラウンド前の15分 じわーっと汗をかく「めぐる系ヨガ」

①呼吸を意識してじわーっと伸ばす

右腕の気持ちいいところまで引き寄せて、右肩が伸びているのを感じること。顔を外に向ける(左右両方)

画像: 【テーマ2】ラウンド前の15分 じわーっと汗をかく 「めぐる系ヨガ」

②腰&尻を無理なく伸ばす

かかとにお尻を乗せていき、腰、背中をリラックス。腕を伸ばして頭も下を向ける。腰回りがグーッと伸びる

画像: かかとにお尻を乗せて

かかとにお尻を乗せて

画像: 頭を下げ腰回りを伸ばす

頭を下げ腰回りを伸ばす

③肩回りの柔軟性がUP

②のポーズから上体を前に倒し、胸を開いててをグーッと伸ばす(左右両方)

画像: 四つん這いの姿勢から

四つん這いの姿勢から

画像: 手を伸ばし胸を開く

手を伸ばし胸を開く

➃お尻を突き上げもも裏の伸びを感じる

かかとはできる限り床に近づける。硬い人は浮いてもOK。お尻を後ろへ高くつき上げ、脚裏全体が伸びる

画像: お尻を高くつき上げたら

お尻を高くつき上げたら

画像: しっかりもも裏にハリを感じる

しっかりもも裏にハリを感じる

【テーマ③】ラウンド後に疲れを残さない 体が伸びる「ほぐし系ヨガ」

①腰から背骨をしっかりねじる

ウエストから意識しながら体をグーッとねじる。左のお尻が浮かないように注意(左右両方)。

画像: ウエストからねじる

ウエストからねじる

②お尻&もも裏の伸びを感じよう

息を吐きながら上半身の力を抜いていく。腰回りが緩んでいく。吐く呼吸で余分な力を取る(左右両方)。

画像1: 【テーマ③】ラウンド後に疲れを残さない 体が伸びる 「ほぐし系ヨガ」

③腰痛予防、緩和に効果的

肩の下に手が来るようにして背中を丸めて息を吐き、息を吸ってそらす動きを繰り返す。骨盤の前傾と後傾も。

画像2: 【テーマ③】ラウンド後に疲れを残さない 体が伸びる 「ほぐし系ヨガ」

➃骨盤のゆがみが整えられる

ひざを横にして後ろに足を伸ばす。股関節やお尻がグッと伸びてくる(左右両方)。

画像: しっかり呼吸を意識

しっかり呼吸を意識

藤田プロとマリコ先生の動画はコチラから

月刊2019年4月号より

This article is a sponsored article by
''.