1年でなんと50ヤードも飛距離を伸ばした『ゴルル』メンバーの小澤美奈瀬。彼女が飛ぶようになった秘訣をお伝えする5回目のテーマは「前傾角度の維持」について。体が伸び上がらずボールを強く押し込むためには腹筋の使い方が重要であると教えてくれた。今週の通勤GDは「ミナセの小部屋」です。

【通勤GD】
通勤GDとは‟通勤ゴルフダイジェスト”の略。世のサラリーマンゴルファーをシングルに導くために、月曜日から金曜日(土曜日)までの夕方に配信する上達企画。帰りの電車内で、もしくは翌朝の通勤中、スコアアップのヒントを見つけてください。

【小澤美奈瀬】
おざわみなせ。1992年生まれ、愛知県名古屋市出身。弊誌・美女ゴルフユニット『ゴルル』メンバー。現在、ミニツアーなどに参戦しながら、主に東京や名古屋などで飛距離アップのレッスンを行っているティーチングプロ。

こんにちは、小澤美奈瀬です。飛距離に変化が出始めてきましたか? さて今回はインパクトの形についてお話ししますね。“前傾角度を保ったまま打つ”という言葉を聞いたことがあるかと思います。

なぜこれが大事なのか。カンタンにいうと、ボールにパワーが伝えられるからです。上体が起き上がってしまうと、フェースでボールを押すパワーが逃げてしまうことは想像できますよね。当時の私も頭では理解しつつも、これが意外と難しい……。

お腹に力を入れたら前傾角度が崩れなくなった……

そんなとき、あることに気がついたんです。それが、腹筋の使い方でした。ボクシングのトレーニング風景で、お腹にメディシンボールを当てて、腹筋を鍛えているのを見たことがありますか? ボールが当たった時“ウッ”となって、その瞬間、腹筋が縮み、背中が丸まりますよね。

画像: スウィングに腹筋は欠かせません

スウィングに腹筋は欠かせません

この感覚がゴルフのインパクトと同じなんです。以前は、飛ばすために体の回転スピードを上げることだけを考えていましたが、いくら速く回転してもインパクトで上体が伸び上がり、ボールにパワーが上手く伝えられませんでした。

でも、インパクトの瞬間、腹筋に力を入れることで、“前傾角度を保つ”ことができるようになり、一気に飛距離が伸びたんです。インパクトで腹筋を“ウッ”とさせて打ってみてください。

ダウンでほんの一瞬“ウッ”と息を吐く

テニスプレーヤーが力強くストロークするとき声を上げることがあるが、腹筋に力をいれて打つのもその感覚に近いという小澤。ダウンで息を小さく瞬間的に吐くことで、腹筋に力が入り筋肉が収縮するので、前傾角度が変わらずボールをしっかり押し込めるのだ。

画像: ダウンで息を吐く

ダウンで息を吐く

画像: 腹筋に力が入らないと、インパクトで伸び上がりボールにパワーが伝わらない。お腹が上を向いたら前傾は崩れる

腹筋に力が入らないと、インパクトで伸び上がりボールにパワーが伝わらない。お腹が上を向いたら前傾は崩れる

週刊GDより

This article is a sponsored article by
''.