セカンド地点にやってきた水谷だったが、グリーン周りが難しいのか、前の組がなかなかホールアウトしない。暇を持て余した水谷は、落ちていた松ぼっくりを打って待つことに。それを見た萩原は、それが「練習ストローク」にあたるとし、ペナルティを指摘──。

水谷の2打目地点

画像1: 【新ルール】待ち時間に松ぼっくりを打った、さあどうなる?

前組がなかなかあかず、落ちていた松ぼっくりを打って待つことに

画像2: 【新ルール】待ち時間に松ぼっくりを打った、さあどうなる?

ボールだと思って打てば、軽い練習になる! と思っていたところ

画像3: 【新ルール】待ち時間に松ぼっくりを打った、さあどうなる?

萩原からダメ出しが!

画像: ゴルル会員番号40 萩原菜乃花、ゴルル会員番号44 水谷花那子

ゴルル会員番号40 萩原菜乃花、ゴルル会員番号44 水谷花那子

セカンドショットを待つ間、 松ぼっくりを打ったらどうなる?

  • A.禁止されている「練習ストローク」にあたるので2打罰

    不正解。旧ルールでも練習ストロークは禁止されていたが、松かさなどの自然物を打つことの可否は明確な言及がなかった。新ルールでは、練習として「ゴルフボールと同様のサイズのほかの種類の球を打つこと」は禁止する一方で、「ティや自然物(石や松ぼっくり)を打つことは練習ストロークではない」と明記された(規則5・5a/オフィシャルガイド)

    画像4: 【新ルール】待ち時間に松ぼっくりを打った、さあどうなる?
  • B.「 練習ストローク」に該当しないので無罰

    正解。旧ルールでも練習ストロークは禁止されていたが、松かさなどの自然物を打つことの可否は明確な言及がなかった。新ルールでは、練習として「ゴルフボールと同様のサイズのほかの種類の球を打つこと」は禁止する一方で、「ティや自然物(石や松ぼっくり)を打つことは練習ストロークではない」と明記された(規則5・5a/オフィシャルガイド)

    画像5: 【新ルール】待ち時間に松ぼっくりを打った、さあどうなる?
  • A.禁止されている「練習ストローク」にあたるので2打罰
    44
    694
  • B.「 練習ストローク」に該当しないので無罰
    56
    894

覚えておこう! ルールの新用語「リプレース」
球をインプレーにする意図をもって、球を接地させて手放すことによって置くこと。ただし、プレーヤーが球をインプレーにする意図がなく球を置いた場合はその球をリプレースしたことにはならず、インプレーにはならない。また、正しくリプレースした球は、その箇所をマークしているボールマーカーを取り除いていなかったとしても、インプレーとなるので注意が必要だ(規則14・4)。

週刊GD2019年8月20・27日号より

一冊持ってバッグに入れておこう。とても読みやすい新ルールの本です↓

This article is a sponsored article by
''.