ヘッドに絡みついて予測不能な球が出る夏のラフ。難なくグリーンに乗せるプロは一体どうやって打っているの? 横田真一プロが教える目からウロコの夏ラフレッスンのはじまりはじまり(前編)。
画像: 【指導】横田真一プロ さまざまな実験や研究に積極的に取り組むツアー界きっての理論派。ツアー2勝

【指導】横田真一プロ
さまざまな実験や研究に積極的に取り組むツアー界きっての理論派。ツアー2勝

「夏ラフ=浮いている」がプロの常識

画像: 右のボールのほうが沈んで見えるが、実はどちらも同じ浮き具合

右のボールのほうが沈んで見えるが、実はどちらも同じ浮き具合

毎年のこととはいえ、チョロしたり、飛びすぎたり、予測不能な球が出る夏ラフについて横田プロは「ほとんどのアマチュアは根本的な勘違いをしている」とばっさり。

横田 特にこの時期、ラフに入った球を見た人のほとんどは、ライの状態を見て「沈んでるな~」なんて言いますが、実は沈んでいるように見えて、浮いているケースのほうが圧倒的に多いんですよ。

画像: 「夏ラフ=浮いている」がプロの常識
画像: 夏芝は元気なので、よほど密度が低くないかぎり球の重みに負けることはない。「特に日本の野芝や高麗は茎が強いので球が浮きやすいんです」(横田)

夏芝は元気なので、よほど密度が低くないかぎり球の重みに負けることはない。「特に日本の野芝や高麗は茎が強いので球が浮きやすいんです」(横田)

横田 ボールが沈んでいると思うと上から打ち込みたくなりますが、浮いたライで打ち込むとリーディングエッジが芝に刺さりやすく、打点が少しズレただけで大きく飛距離が変わってしまうんです。

たしかにティアップした球をダウンブローに打つのは難しそう……。

横田 ソールを滑らせると、ラフからの飛距離は安定します。そのためにはフェースを少し開いてアッパーに振るといいですよ。

夏ラフは「フェースを開きアッパーに打つ」が正解!

なぜ、夏ラフはアッパーに打ったほうが飛距離の誤差が少ないのでしょう?

横田 多少ヘッドが入る場所がズレてもアッパーに振ればソールが勝手に滑ってくれます。逆に打ち込むと少し打点がズレるだけで飛距離が大きく変わってしまいます。

画像1: 夏ラフは 「フェースを開きアッパーに打つ」 が正解!
画像2: 夏ラフは 「フェースを開きアッパーに打つ」 が正解!

アッパーに振る利点1
打ち込むより芯を広く使える

画像: アッパーに振る利点1 打ち込むより芯を広く使える

横田 打ち込むよりアッパーに振ったほうが芯の上下を広く使えるのでミスの許容度が高くなります。

アッパーに振る利点2
高い打ち出しで球が芝につかまらない

画像: アッパーに振る利点2 高い打ち出しで球が芝につかまらない

横田 出球が低いと打ち出しでボールが芝に食われてしまいます。出球の高さもアッパーに振ることの利点のひとつです。

アッパーに振る利点3
ソールが滑ってヘッドが抜けやすい

画像: アッパーに振る利点3 ソールが滑ってヘッドが抜けやすい

横田 刺さらずに抜けることがラフから上手く打つ大前提。ヘッドが抜けないと飛距離は大きく落ちてしまいますよ。

画像: ラフからは球を「上げる」が正解。詳しい打ち方は次回ご紹介します!

ラフからは球を「上げる」が正解。詳しい打ち方は次回ご紹介します!

月刊GD2019年9月号より

一人予約できる気軽なゴルフ旅行です↓

画像1: golfdigest-play.jp
golfdigest-play.jp

短期で上達、GDツアーセンターのゴルフ合宿はこちら↓

画像2: golfdigest-play.jp
golfdigest-play.jp

特選レッスン集「こんどこの技!」はこちら↓

画像3: golfdigest-play.jp
golfdigest-play.jp

This article is a sponsored article by
''.