フルショットできないコントロールが必要な50ヤード前後のアプローチ。アマチュアが最も失敗しやすい距離のコツを浅地プロ、池村プロに聞いた。
画像: 【解説/浅地洋佑プロ】 あさぢようすけ。1993年生まれ。東京都出身。中学3年で日本ジュニア優勝。19歳でチャレンジツアー優勝、今年の5月、ダイヤモンドカップでツアー優勝

【解説/浅地洋佑プロ】あさぢようすけ。1993年生まれ。東京都出身。中学3年で日本ジュニア優勝。19歳でチャレンジツアー優勝、今年の5月、ダイヤモンドカップでツアー優勝

画像: 【解説/池村寛世プロ】 いけむらともよ。1995年生まれ。鹿児島県出身。横峯さくらの「さくらゴルフアカデミー」でゴルフを覚えた。2年連続シード権。ディライトワークス所属

【解説/池村寛世プロ】いけむらともよ。1995年生まれ。鹿児島県出身。横峯さくらの「さくらゴルフアカデミー」でゴルフを覚えた。2年連続シード権。ディライトワークス所属

50Yは球を高く上げようとしない。上げるほど距離を合わせにくい

浅地 多くのアマチュアの人は、必要以上にボールを高く上げようとしすぎですよね。50ヤードであれば、基本的にボクは出球を低く抑えて打ちます。ピンよりもほんの少し高く上がるぐらいですよ。

画像: ピンよりも少し高い程度の弾道のほうが寄せやすい

ピンよりも少し高い程度の弾道のほうが寄せやすい

GD ホントですね。かなり低いですね。

浅地 高く上げれば上げるほど、距離感を合わせるのが難しくなるからです。野球のキャッチボールもそうでしょ。

浅地 低めに出してランを使えば、キャリーで50ヤードを打つ必要がないから、振り幅もコンパクトになって、インパクトも安定しますよ。

【低く打つポイント①】右手の角度をキープして体の回転で振る

浅地 ボールを高く上げずに低く抑えるには、ハンドファーストでロフトを立ててインパクトします。右手首の角度をキープしたまま、右手のひらでボールを押し込むだけ。フォローでフェースは自然に帰ります。

画像: 右手の角度はキープしたまま、体の回転で打ち出す

右手の角度はキープしたまま、体の回転で打ち出す

【低く打つポイント②】ボール位置は右足の親指前

浅地 ボールは右足つま先前ぐらいに置き、フェースは開かずにスクェアに構えます。キャリーは30~35ヤードぐらいなので、スタンス幅は狭めでOK。スタンスが広いと振り幅が大きくなって、インパクトでゆるみやすいので注意してくださいね。

画像: 50Yは球を高く上げようとしない。上げるほど距離を合わせにくい

池村流の50Yはスピンで止める

【スピンで打つポイント①】30Yの打ち方で振り幅が少し大きくなるだけ

池村 ボクはスピンで止めたいタイプなので、“トントン、ピタッ”のイメージ。打ち方は30ヤードでキュッと止めるときとほぼ同じで振り幅が少し大きくなるだけ。ヘッドを低く押し込んで、ボールをフェースに長く乗せます。

画像: フォロースルーを低く抑えると、ボールがフェースに乗る

フォロースルーを低く抑えると、ボールがフェースに乗る

【スピンで打つポイント②】ボール位置は左足かかと

池村 フェースを開いて構え、ややカット軌道で打ちます。スタンス幅を狭くして、ほんの少しオープン。コンパクトに、ダウンブローで振り抜きます。

画像: 池村流の50Yはスピンで止める
画像: 頭を突っ込ませずに体の回転で振る。カット軌道なのでスピンが掛かる

頭を突っ込ませずに体の回転で振る。カット軌道なのでスピンが掛かる

短期で上達、GDツアーセンターのゴルフ合宿はこちら↓

画像1: golfdigest-play.jp
golfdigest-play.jp

一人予約できる気軽なゴルフ旅行はこちら↓

画像2: golfdigest-play.jp
golfdigest-play.jp

70Yも低く抑える意識で。ミスの大半「すくい打ち」が防げる

池村 距離感を出そうとすれば、低く抑えるイメージです。プロは自然とそうなります。ウェッジは球を高く上げなきゃと勘違いしているアマチュアの人が多いんです。

画像: 70Yのアプローチもマンションの3階くらいの球の高さで打つ

70Yのアプローチもマンションの3階くらいの球の高さで打つ

GD 球を上げようとするので、すくい打つスウィングになるということですか。

池村 70ヤードであれば、だいたいマンションの3階の窓の高さが最高到達点です。ボールの真下に上からヘッドを入れていくイメージで打てば、すくい打ちの悪い動きが防げて、スピンで止まる球が打てますよ。

画像1: 70Yも低く抑える意識で。ミスの大半「すくい打ち」が防げる

【打ち方①】ボールの真下にヘッドを叩き込む

池村 手前をダフったり、高く上がりすぎてショートしやすい人は、すくい打ちになっている証拠です。ボールの先からターフを取るイメージで、ボールの真下へソールを叩き込みます。ただし、手で入れようとしないで体の回転で振ります。

画像: 高く上げようとしないで、体の回転でボールの真下にヘッドを下ろす

高く上げようとしないで、体の回転でボールの真下にヘッドを下ろす

【打ち方②】ボール位置はやや左足寄り

池村 ボール位置はスタンスの真ん中か、ほんの少し左になります。スピンで止めたいので、フェースを開いて構えます。コンパクトにスウィングして、フィニッシュは手元を低く抑えます。

画像2: 70Yも低く抑える意識で。ミスの大半「すくい打ち」が防げる

池村プロの70ヤードショット

画像: フェースを少し開いて立つ

フェースを少し開いて立つ

画像: 前傾姿勢をキープして体の回転でテークバック

前傾姿勢をキープして体の回転でテークバック

画像: 体の回転で振る。手を使って打ちにいくとインパクトがブレる

体の回転で振る。手を使って打ちにいくとインパクトがブレる

画像: 前傾姿勢を最後までキープ

前傾姿勢を最後までキープ

浅地プロの70Y。2階の高さの弾道でピッチ&ラン

【浅地プロの場合①】フィニッシュは小さく低く

浅地 ピンが奥なら、70ヤードでもランを使って寄せられます。高さはマンションの2階ぐらいに抑えます。体の回転で振って、フィニッシュを小さくします。小さなフィニッシュができない人は手で打っている証拠ですよ。

画像: フィニッシュは小さく低く。体の回転で打つだけ

フィニッシュは小さく低く。体の回転で打つだけ

【浅地プロの場合②】ボールを真ん中にセット

浅地 ボールはスタンスの真ん中にセットします。ランを使いたいのでフェースはスクェア、スタンスは狭め。フェースを開いて打つのが苦手な人におすすめですよ。

画像: 浅地プロの70Y。2階の高さの弾道でピッチ&ラン
画像: テークバックよりもフォローは小さい。前傾を変えずに体で振り抜こう

テークバックよりもフォローは小さい。前傾を変えずに体で振り抜こう

TEXT/Toshiyuki Funayama
PHOTO/Yasuo Masuda、Norio Tsuburaoka

週刊GD2019年9月17日号より

特選レッスン集「こんどこの技」↓

画像3: golfdigest-play.jp
golfdigest-play.jp

This article is a sponsored article by
''.