バツグンの飛距離性能で女子プロの注目を集めるドライバー同様、オノフKUROのアイアンも大きな変化を遂げている。今季ダイヤモンドカップで初優勝を飾り、全英オープン出場、そしてANAオープンに優勝、浅地洋祐はオノフKUROを手にするプロのひとり。ポートラッシュの厳しいグリーンも自信を持って攻められたという、その進化を見ていこう。
画像1: 【アイアン】浅地洋佑プロ、ツアー2勝と全英出場の道を開いた、中空の飛びとやさしさ。オノフ新フォージド「KURO」

フォージド アイアン KURO(オノフ)
中空構造でも顔と打感の良さはしっかりキープ。深重心でボールが上がりやすい設計になっている。

下目に当たっても、高く上がってくれる

画像: 2019全英オープン。フォージドアイアンKURO(7番アイアン)でティショットにのぞむ浅地洋祐

2019全英オープン。フォージドアイアンKURO(7番アイアン)でティショットにのぞむ浅地洋祐

浅地洋祐
2019年ダイヤモンドカップで初優勝を飾り、全英オープン出場も果たした26歳

オノフの新モデル「フォージドアイアンKURO」は軟鉄の一体鍛造から中空構造へと変わったが、浅地洋祐はこのアイアンを駆使して、ツアー初勝利を挙げ、その後の全英オープンでも予選突破を果たした。そのインプレッションを尋ねると、

浅地 ボクがアイアンに求めることは、思った距離をその通りしっかり飛んでくれること。その点で、軟鉄鍛造の前モデルと変わらないし、中空になって距離が伸びて高さも出る分、楽になりました。

飛びや高さだけじゃない中空の効果も感じているという。

浅地 ポートラッシュの地面はコンクリートのように固いんです。だからソールが弾かれてフェースの下目に当たりやすいんですけど、このアイアンは下目に強い。芯と変わらず高さが出るから、厳しいグリーンも自信を持って攻められました。

「ややグースなのでボールを押し込んで、しっかりコントロールできるのがいい」(浅地)

顔や打感の良さは維持しつつ、アイアンもやさしく進化しているのだ。

「飛ぶ・やさしい・狙える」
三拍子満たすには中空構造が最適だった

画像1: 「飛ぶ・やさしい・狙える」 三拍子 満たすには中空構造が最適だった

ボディは軟鉄鍛造。7番より上にはトウ下部にタングステンを内蔵、慣性モーメントを上げ、方向性が安定する。フェースには反発性能の高い特殊バネ鋼を使用している。

反発エリアが圧倒的に広くなった

画像2: 「飛ぶ・やさしい・狙える」 三拍子 満たすには中空構造が最適だった

赤いほど反発力があることを示すが、その違いは明らか。上下左右へのミスにも強くなっていることが分かる

飛距離とスコアメークのバランスがいいロフト設定

トップ部が厚く、セミグースと相まっていかにも強い球が打てそう。ロフト設定は標準的。

画像: 飛距離とスコアメークのバランスがいいロフト設定

天候に左右されにくいフェースミーリング

画像: ハニカム模様のフェースミーリングは打点や天候に左右されずスピンが安定する

ハニカム模様のフェースミーリングは打点や天候に左右されずスピンが安定する

試打インプレッション
本当に中空? と思うほどの打感

試打:福永和宏プロ

Point.1
中空ならではの弾きで打感はソフト

画像1: 試打インプレッション 本当に中空? と思うほどの打感

福永 中空は弾く音が強いものが多いなか、これは言われなければ気づかないレベル。でも打球の上がりや弾きの良さはしっかり中空。確かにプロでも使えます。

Point.2
打ち出しが高くキャリーが伸びる

画像2: 試打インプレッション 本当に中空? と思うほどの打感

福永 中空らしく打ち出しが高くて、しっかりキャリーがでます。アイアンでは凄く大事なこと。ミスしたときに距離が落ちにくいのも大きなメリットです。

Point.3
形にクセがなく違和感のないヘッド

画像3: 試打インプレッション 本当に中空? と思うほどの打感

福永 ややグースで違和感のない顔です。ロフトは7番で32度と今となっては寝ている部類かもしれませんが、距離はしっかり出せます。

中空構造ならではの飛距離と高さに、プロもなっとくの打感とコントロール性能。進化したオノフのKUROに要注目だ。

月刊GD2019年10月号より

「ヘッドデータはウソつかない」バックナンバーはこちら↓

画像: golfdigest-play.jp
golfdigest-play.jp

This article is a sponsored article by
''.