1年でなんと50ヤードも飛距離を伸ばした『ゴルル』メンバーの小澤美奈瀬。彼女が飛ぶようになった秘訣をお伝えする本連載7回目は「ストレッチ」について。

ほんの少し関節の可動域を広げることで飛距離は必ず伸びるという美奈瀬が、寝る前に行っている4ポーズを教えてもらった。今週の通勤GDは「ミナセの小部屋」。

【通勤GD】
通勤GDとは‟通勤ゴルフダイジェスト”の略。世のサラリーマンゴルファーをシングルに導くために、月曜日から金曜日(土曜日)までの夕方に配信する上達企画。帰りの電車内で、もしくは翌朝の通勤中、スコアアップのヒントを見つけてください。

【小澤美奈瀬】
おざわみなせ。1992年生まれ、愛知県名古屋市出身。弊誌・美女ゴルフユニット『ゴルル』メンバー。現在、ミニツアーなどに参戦しながら、主に東京や名古屋などで飛距離アップのレッスンを行っているティーチングプロ。

こんにちは、小澤美奈瀬です。今回は、涼しい部屋でカンタンにできる、飛距離アップに直結するストレッチを紹介します。

前回のお話し

はじめに、飛距離アップにおいて“股関節周り”と“肩甲骨”の2つの部位の柔軟性が重要だと、私は思っています。股関節が柔らかいと、バックスウィングで上半身と下半身の捻転差が大きくなり、パワーを溜められるからヘッドスピードを上げることができます。

【ストレッチ①】足をクロスさせて股関節をほぐす

画像: 両腕を左右に広げて両肩を床につけたまま、左足を体の右サイドへ。股関節や臀部、肩甲骨などの可動域が広がる。このとき、左ひざが床につくとベストだが、無理なく片足ずつ30秒ほど行う

両腕を左右に広げて両肩を床につけたまま、左足を体の右サイドへ。股関節や臀部、肩甲骨などの可動域が広がる。このとき、左ひざが床につくとベストだが、無理なく片足ずつ30秒ほど行う

トップが深くなるストレッチ

次に、肩甲骨が柔らかいと、肩甲骨の可動域が広がる分、トップが深くなるので、ヘッドを加速さ
せるための助走距離が長くなって飛距離が伸びるんです。

この2つの部位の柔軟性を高めるために、私が寝る前にやっているのが、ここに挙げた4つのストレッチです。

注意することは、痛みを感じない範囲で気持ちよく毎日続けることです。毎日続けるというは正直難しいですが、これらすべてやっても10分以内に必ず終わります。

やり始めて1週間くらいで、飛距離に変化が出てくるはずなので、寝る前の10分間、ぜひ続けてみてくださいね。

寝る前のたった10分で15ヤード変わった

【ストレッチ②】立てひざして上半身を伸ばす

背筋と肩まわりを中心とした上半身の筋肉をほぐすストレッチ。肩の力を抜いて約1分この体勢をキープすると、背中の張りが緩み徐々に胸が床に近づいていく

画像1: 寝る前のたった10分で15ヤード変わった

【ストレッチ③】自重を利用して肩甲骨の可動域を広げる

左腕を床につけて伸ばし、自分の体重を利用して、肩甲骨の可動域を広げていく。床に接していない腕は、天に向かって伸ばし背中側に少し捻転させる。左右30秒ずつ行う。

画像2: 寝る前のたった10分で15ヤード変わった

【ストレッチ④】ひざを抱えて太ももの裏を伸ばす

仰向けになり、ひざを胸にくっつけるように両手で引っぱる。これにより、太ももの裏やお尻の筋肉が伸び、股関節も柔らかくなるので捻転が大きくなりパワーが溜まりやすくなる。これも左右の足を30秒ずつ行う。

画像3: 寝る前のたった10分で15ヤード変わった

PHOTO/Takanori Miki

週刊GDより

「ミナセの小部屋」バックナンバーはこちら↓

ゴルフダイジェストツアーの一人予約旅行が人気です↓

画像1: golfdigest-play.jp
golfdigest-play.jp

ゴルフダイジェストツアーの沖縄ゴルフ旅行はこちらから↓

画像2: golfdigest-play.jp
golfdigest-play.jp

This article is a sponsored article by
''.