1.5メートルのパーパットを残した水谷。ラインは真っすぐに見えるが、エアレーションの穴がどうにも気になってしまう。そこで水谷は念には念を入れて、パターで芝を押さえつけた。それを見た満石はペナルティを指摘するが、水谷は新ルールでOKになったと主張。

水谷の第3打

画像1: 【新ルール】エアレーションの穴が気になる! 修復していいの?

ラインは真っすぐで簡単そうだけど……

画像2: 【新ルール】エアレーションの穴が気になる! 修復していいの?

芝の状態が気になる水谷

画像3: 【新ルール】エアレーションの穴が気になる! 修復していいの?

絶対入れたいから、パターヘッドで芝をならす修復

画像: ゴルル会員番号44 水谷花那子、ゴルル会員番号47 満石奈々葉

ゴルル会員番号44 水谷花那子、ゴルル会員番号47 満石奈々葉

エアレーションの穴をパターのヘッドで押さえつけて修復を試みたらどうなる?

  • A. 罰なし

    不正解。新ルールでは、罰なしに、グリーン上の「人や外的影響によってしょじたあらゆる損傷」を修理することができるようになり、旧ルールで認められていなかったスパイクマークの修復も可能になった。しかしエアレーションなどの「グリーン全体の状態を管理するための通常の作業」による損傷や状態は直すことはできない(規則13・1c)

    画像4: 【新ルール】エアレーションの穴が気になる! 修復していいの?
  • B. 2打罰

    正解。新ルールでは、罰なしに、グリーン上の「人や外的影響によってしょじたあらゆる損傷」を修理することができるようになり、旧ルールで認められていなかったスパイクマークの修復も可能になった。しかしエアレーションなどの「グリーン全体の状態を管理するための通常の作業」による損傷や状態は直すことはできない(規則13・1c)

    画像5: 【新ルール】エアレーションの穴が気になる! 修復していいの?
  • A. 罰なし
    60
    753
  • B. 2打罰
    40
    509

覚えておこう! ルールの新用語「不可分な物」

委員会がコースをプレーする上で定めた、「罰なしの救済が認められない人工物」のこと。たとえばバンカー内の枕木を、委員会が「不可分な物」と定めた場合は、動かせない障害物として罰なしの救済を受けることはできない。あるがまま打つかアンプレヤブルの処置を取る必要がある。

週刊GD2019年10月1日号より

GDツアーセンターのゴルフ旅行(2019年10月~2020年4月)はいかがでしょう↓

画像: 覚えておこう! ルールの新用語「不可分な物」

This article is a sponsored article by
''.