マックダディ4で「もうこれ以上は無理」といわれたスピン量を、さらにアップさせたウェッジ『ジョーズ ウェッジ』が登場した。その名のとおり、新たに開発された溝が鋭くボールに食らいつくことで生まれる超激スピン。その威力を永井延宏プロが試打テスト。

「ジョーズ ウェッジ」は溝が違う!

従来モデルの溝

画像1: 「ジョーズ ウェッジ」は溝が違う!

従来溝のエッジではスピン量アップは限界だった
従来は、溝の形状こそU字状に近く鋭角になっていたが、エッジ部分はルール規制により鋭くすることができず、ハイスピンを追及する上では難題となっていた

NEW ジョーズ ウェッジの溝

画像2: 「ジョーズ ウェッジ」は溝が違う!

鋭いエッジがボールにガブリと食らいつく
「ジョーズ ウェッジ」の"37グルーブ"は、溝の掘り方を鈍角にすることにより、ルール適合ながらエッジ部分を鋭くすることに成功した。これがボールを噛む最大の要因。

「MD4」と「ジョーズ」を試打比較。スピン量アップが歴然!

画像: 「JAWSの噛みつき感がハンパない!」(永井プロ)

「JAWSの噛みつき感がハンパない!」(永井プロ)

ライはややウェットな状態。ピンまで40ヤードのフェアウェイからまず「MD4」を打つ。

永井 濡れているのでややボールが滑る感じがするけど、それでもスピンはしっかりかかってイメージどおりの止まり方です。

続いて「ジョーズ ウェッジ」を打つと、その飛び姿を見て「おっ、弾道が違う」と永井プロ。

永井 初速が速く、打ち出しが低い。それに弾道の頂点から先に伸びていかずに垂直にボールが落下する。これは強烈にスピンがかかっている証拠。スピン量がさらにアップしていることがはっきりと感じられます。

その言葉どおり、ボールはグリーンをえぐるように深いピッチマークをつけてピタリ。

永井 「MD4」と比べても、フェースにボールが食いついている時間が長く、かみつき感がすごい。まさにジョーズですね。

永井プロによる40ヤードショットの弾道比較イメージ

画像: ウェッジでもスピンが強いほどプロのアイアンショットのように低い打ち出しからややめくり上がるように頂点に達し、そこから真下に落ちる弾道になる。ジョーズウェッジは40ヤードでもまさにその弾道

ウェッジでもスピンが強いほどプロのアイアンショットのように低い打ち出しからややめくり上がるように頂点に達し、そこから真下に落ちる弾道になる。ジョーズウェッジは40ヤードでもまさにその弾道

ラフからでもスピンがかかる

画像: 「スピンがかかるから弾道がぼやけない。高さで止めようとせず普通にピンを狙っていける」

「スピンがかかるから弾道がぼやけない。高さで止めようとせず普通にピンを狙っていける」

フェース形状も進化

永井 MD4よりヒールポケットがやや広くなってトウ寄りで打ちやすい形状に。その分、フェースの開閉を使いやすくいろいろな打ち方ができます。

画像: スコアラインの進化で、ラフからのスピン性能も各段に上がったという

スコアラインの進化で、ラフからのスピン性能も各段に上がったという

「ジョーズ ウェッジ」の激スピン。日頃からさまざまなウェッジを試打している永井プロにとっても、その威力は想像以上にハンパなかったようだ。

週刊GD2019年10月8日号より

キャロウェイのギア特集はこちら↓

画像1: golfdigest-play.jp
golfdigest-play.jp

「一人予約」できるゴルフ旅行が人気です↓

画像2: golfdigest-play.jp
golfdigest-play.jp

This article is a sponsored article by
''.