さて今年もやってきました「SUVフェア2019」。国内外のSUVが一挙に見られるとあって、会場は大賑わい。街でもよく見かける国産コンパクトSUVですが、ホンダ・ヴェゼルも大人気の1台。コンパクトに見えますが、そこは空間活用が得意なホンダのクルマ。どれくらいキャディバッグが積めるのか、さっそく調査開始です!
画像: 2019年9月 横浜みなとみらいで開催された「SUVフェア2019」。国内外のSUVが集結すると聞けば、今年も調査しないわけにはいきません

2019年9月 横浜みなとみらいで開催された「SUVフェア2019」。国内外のSUVが集結すると聞けば、今年も調査しないわけにはいきません

2019年上半期SUV販売台数NO.1「ホンダ・ヴェゼル」

画像1: 2019年上半期SUV販売台数NO.1「ホンダ・ヴェゼル」

フィットをベースにした車体に、1.5リッターガソリンとハイブリッドの2タイプがラインアップされたホンダ「ヴェゼル」。ガソリンエンジンにはCVT、ハイブリッドにはモーターを内蔵した7速DCTが組み合わされる。

2018年2月のマイナーチェンジで、ホンダセンシングを全車に標準装備。ロングセラーをつづける大ヒットモデルに成長した。2019年上半期、国内車名別の新車販売台数(自販連調べ)SUV自販連区分ジープ型の四輪駆動車でワゴンとバンを含む(2WDを含む)の国産車ナンバーワン。

HONDA VEZEL
全長×全幅×全高:4330×1770×1605mm
車両価格帯 211.3万〜295.6万円

画像2: 2019年上半期SUV販売台数NO.1「ホンダ・ヴェゼル」

「キャディバッグ、何本積めるか?」調査のルール

画像: 【調査員】萩原菜乃花 ゴルフダイジェストのガールズユニット「GOLULU」の会員番号40。自らクルマを運転してコースへ行くアクティブゴルファー

【調査員】萩原菜乃花
ゴルフダイジェストのガールズユニット「GOLULU」の会員番号40。自らクルマを運転してコースへ行くアクティブゴルファー

画像: 【調査用】キャディバッグ OUUL(オウル)ALLIGATOR 5WAY CART BAG 8.5口径、47インチ対応。赤2、白2の4本を用意 公式ホームページはこちら

【調査用】キャディバッグ
OUUL(オウル)ALLIGATOR 5WAY CART BAG 8.5口径、47インチ対応。赤2、白2の4本を用意

公式ホームページはこちら

【調査ルール】
ルールその1 シートアレンジはせず、ラゲッジスペースに何本積めるかを調査すること
ルールその2 後部座席に飛びだすのはNG。ヘッドレストを上げるのはOK

ホンダ「ヴェゼル」に何本積める? 菜乃花チェック開始!

画像: 「今年1台目はホンダのヴェゼルです。白黒ツートンのボディがカッコいいです」

「今年1台目はホンダのヴェゼルです。白黒ツートンのボディがカッコいいです」

「今年もいよいよ調査の日がやってまいりました。まずはホンダの『ヴェゼル』から。コンパクトで運転しやすそうですが、ラゲッジスペースはキャディバッグを積むには小さいかも。さあ、何本積めるでしょう?」

菜乃花の調査結果は……

画像: 「いろいろ試してみましたが、やはり2本が精一杯でした。コンパクトSUVとしては標準的な結果ですね」

「いろいろ試してみましたが、やはり2本が精一杯でした。コンパクトSUVとしては標準的な結果ですね」

「2本らくらく」

画像: 「2本らくらく」

「らくらく」判定=パズル不要でポンポン積んでいけること。積んだ姿も美しい!
「ギリギリ」判定=斜めにしたり、重ねたり、上手く工夫してやっとこ積めた!

「スムーズに積み込むことができましたが、ラゲッジスペースが広く見えても、やっぱりコンパクトSUV。キャディバッグ3本は積めませんでした。キャンプ道具など積み方に工夫の余地があるものは、たくさん積めそうですね」。どんどんいきます! 次は同じくホンダのグッと大きなSUV「CR-V」です。

SUVに乗ってゴルフへ行こう「ゴルフ場調査隊」バックナンバーはこちら↓

画像1: golfdigest-play.jp
golfdigest-play.jp

2018年のSUV一挙調査はこちら↓

画像2: golfdigest-play.jp
golfdigest-play.jp

あなたのスコアがタイトリストのギアに大化け↓

画像3: golfdigest-play.jp
golfdigest-play.jp

ここをクリックして段落テキストを入力 / ページURLか貼付けコードを入力して[Enter] / 見出し・画像・引用は左のアイコンをクリック

This article is a sponsored article by
''.