1年で50ヤードも飛距離を伸ばした『ゴルル』メンバーの小澤美奈瀬。彼女が飛ぶようになった秘訣をお伝えする本企画。今週は「ミナセの小部屋vol.13」。飛距離を伸ばすヒントは“目”の動かし方。その斬新なアイデアを紹介します。

【通勤GD】
通勤GDとは‟通勤ゴルフダイジェスト”の略。世のサラリーマンゴルファーをシングルに導くために、月曜日から金曜日(土曜日)までの夕方に配信する上達企画。帰りの電車内で、もしくは翌朝の通勤中、スコアアップのヒントを見つけてください。

【小澤美奈瀬】
おざわみなせ。1992年生まれ、愛知県名古屋市出身。弊誌・美女ゴルフユニット『ゴルル』メンバー。現在、ミニツアーなどに参戦しながら、主に東京や名古屋などで飛距離アップのレッスンを行っているティーチングプロ。

こんにちは、小澤美奈瀬です。今回は、スウィング中の“目”の使い方についてお話しいたします。

前回のお話し

スウィングの超基本的な部分として、頭を動かさない、があります。その理由を簡潔にいうと、軸ブレせず体が速く回転できるからです。

でも、どうしても頭が動いてしまう……。あるとき、その理由が“目の動かし方”にあると気づいたんです。目は動くモノを追う習性があります。目がボールを追うと、頭もつられて動きやすくなる。そこで私が考えたのは、“目のみ動かす”ことでした。

画像: 目だけ動かす訓練をしたらヘッドが加速した」

目だけ動かす訓練をしたらヘッドが加速した」

テークバックでは、ヘッドの動きを目だけ動かして追い、インパクトからフォローにかけては、頭がヘッドに引っぱられて動きそうになっても、ボールがあった位置を目で見続ける。これができれば、ヘッドと頭の反作用によってヘッドが加速するので、飛距離がアップするんです。

①頭を微動だにさせず目標物を目だけで追う

目から50センチほど先に目標物を掲げ、左右に大きく移動させる。頭を動かさず、目だけ動かして目標物を追い、眼球を大きく動かすトレーニングを1~2分ほど行う。

画像1: 【通勤GD】神スウィンガー ミナセの小部屋Vol.13「“目”ひとつで飛距離が伸びる」ゴルフダイジェストWEB
画像2: 【通勤GD】神スウィンガー ミナセの小部屋Vol.13「“目”ひとつで飛距離が伸びる」ゴルフダイジェストWEB

②ボールを見続ければ反作用でヘッドが加速

フォローでヘッドの動きにつられて顔の向きが変わると、ヘッドは加速させられない。目だけ動かし、ボールのあった位置を見続けることができたら、顔の向きが変わりづらく、遠心力が強くなりヘッドを加速させやすくなる。

画像3: 【通勤GD】神スウィンガー ミナセの小部屋Vol.13「“目”ひとつで飛距離が伸びる」ゴルフダイジェストWEB
画像4: 【通勤GD】神スウィンガー ミナセの小部屋Vol.13「“目”ひとつで飛距離が伸びる」ゴルフダイジェストWEB

みなさんもぜひ、目だけを動かすトレーニングをしてみてください。

PHOTO/Takanori Miki

週刊GDより

「ミナセの小部屋」バックナンバーはこちら↓

ミナセのストレッチを取り入れて短期合宿に参加してみよう↓

This article is a sponsored article by
''.