数多くのクラブを手掛けてきた設計家・松尾好員と試打のスペシャリスト・堀越良和プロが最新クラブを打って測って研究する「ヘッドデータはウソつかない」。今回はコブラゴルフの「キング フォージドテック アイアン」です。

飛距離が出るうえ、操作性も高い

ミッドサイズのヘッドは構えたときの安心感があり、上級者好みの、いわゆる「いい顔」をしたアイアンです。(堀越)

画像: 丸くラウンドしたソールで抜けがいい。グースネックで球を包み込むイメージも出る

丸くラウンドしたソールで抜けがいい。グースネックで球を包み込むイメージも出る

9I、7I、5Iを試打しましたが、初速性能が高く、一般的なアスリート系アイアンよりも1番手は確実に飛ぶでしょう。ヘッドの効きがよく、振ったときに心地よさを感じます。

打ち出しが高く、7Iが8Iぐらいの弾道で飛び出すイメージ。初速の速さと打ち出しの高さで飛距離を稼げるし、上からグリーンを攻められるのでボールも止められます。 

画像: 芯位置が高めで適度なスピンが入る

芯位置が高めで適度なスピンが入る

ショートアイアンで意図的に低く球を抑えることもできるので、状況に応じた高低の打ち分けも可能。オフセンターヒットにも強く、芯を多少はずしても、大きく飛距離が落ちたり、曲がったりすることがなく、ショットが安定します。

コブラの中空アイアンは、他のメーカーの後発になりますが、各モデルの「いいとこ取り」といった感じで、全体的なバランスに優れています。

基本的には、アスリート向けで(ドライバーの)HS43㎧以上は必要でしょう。アイアンにあと少しの飛距離とやさしさを求める上級者にオススメです。(堀越)

球を包み込むイメージの顔、国産モデルの雰囲気

7Iを試打しました。クラブレングスはやや短いですが、クラブ重量があるので、クラブ慣性モーメントが大きくなっています。(松尾)

ヘッドはグースネックでトップラインが丸く、球を包み込むイメージが出ており、米国モデルと言うよりも日本モデルの雰囲気が出ています。

画像: トップラインが厚く、グースネック

トップラインが厚く、グースネック

スウィートスポットが高いのが特徴で、アベレージゴルファーに多く見られる高いティアップで打っても、かえってフェースの芯に当たりやすい感じがあります。また、ソール面のヒール端が丸いので、引っかかる感じがなく、振り抜きやすいです。

見た目にこだわる人、球筋を安定させたい人

フェース面が硬いので、打感は硬く、インパクト音は高いですが、しっかり球を弾いて飛んでくれる雰囲気はいいですね。中空構造ヘッドということで、バックフェースから見るとマッスルバック風で、格好いいです。

画像: 見た目にこだわる人、球筋を安定させたい人

【総合評価】 飛距離性能 4.5/つかまり 4/上がりやすさ 4/ミス許容 4/操作性 4 ※5点満点

ヘッド/軟鉄中空構造
ロフト角/29.5度(7I)
ライ角/63度(7I)
長さ/37㌅(7I)
シャフト/NSプロ モーダス3ツアー105(S、R)
価格(税別)/13万2000円
(#5~PW・6本セット)
※メーカー公表値

解説:クラブ設計家 松尾好員
解説:プロゴルファー堀越良和

画像: キング フォージドテック アイアン

キング フォージドテック アイアン

週刊GD2019年12月31日号より

%%%プロゴルフ協会が造った会員制コース「ジャパンPGAゴルフクラブ」↓%{orange}

画像1: golfdigest-play.jp
golfdigest-play.jp

「ヘッドデータはウソつかない」バックナンバーはこちら↓

画像2: golfdigest-play.jp
golfdigest-play.jp

This article is a sponsored article by
''.