1年で50ヤードも飛距離を伸ばした『ゴルル』メンバーの小澤美奈瀬。彼女が飛ぶようになった秘訣をお伝えしていく企画です。今週の通勤GDは「ミナセの小部屋vol.13」。リストコックをするタイミングと仕方について紹介します。

【通勤GD】
通勤GDとは‟通勤ゴルフダイジェスト”の略。世のサラリーマンゴルファーをシングルに導くために、月曜日から金曜日(土曜日)までの夕方に配信する上達企画。帰りの電車内で、もしくは翌朝の通勤中、スコアアップのヒントを見つけてください。

【小澤美奈瀬】
おざわみなせ。1992年生まれ、愛知県名古屋市出身。弊誌・美女ゴルフユニット『ゴルル』メンバー。現在、ミニツアーなどに参戦しながら、主に東京や名古屋などで飛距離アップのレッスンを行っているティーチングプロ。

前回のお話し

こんにちは、小澤美奈瀬です。今回は、リストコックについてお話しさせていただきます。コックとは、簡単にいうと手首を斜め45度くらいタテ方向に折り、クラブを持ち上げる動きのことです。

この動きは、ボールを飛ばすためには必要不可欠なのですが、大切なのは動かすタイミングなんです。よく、飛ばそうと力んでいる人ほど、テークバックでヘッドを遠くへ大きく動かそうとする傾向があります。

画像: 「この時点でコックは終わっているんです」

「この時点でコックは終わっているんです」

でも、これはヘッドの動きが遅くなり逆効果なんです。クラブを速く振るためには、始動と同時にコックを行います。イメージ的には「手元が右腰に来たらコックは完成」していてほしいです。

では、なぜ早い段階でコックを作るのか。それは、トップで右腰が引けにくく、上半身と下半身の捻転差を作りやすいから。強い捻転差が作れると、捻じり戻りの反作用を利用して、クラブを速く振ることができます。

①トップで腹筋が捻じれ右側の腹斜筋が伸びる

手元が右腰にきたときにコックが完成できていると、トップで上下半身の捻転差が強くなるので、腹筋が捻じれた感覚が出てくる。これが実感できればクラブを速く振る準備ができた証拠。

画像: 右腹斜筋が伸びる

右腹斜筋が伸びる

②リストコックを早く完了させると深い捻転ができる

テークバックをすると同時にコックを行う。このとき、ヘッドを大きく動かそうとして、コックのタイミングが遅くなると、体全体が回転して右腰が引けてパワーが逃げてしまい飛距離アップは見込めないので要注意。

画像: 【通勤GD】神スウィンガー ミナセの小部屋Vol.14「ヘッドが走るハーフウェイバック」ゴルフダイジェストWEB
画像: コックのタイミングが遅いと右腰が引けてしまう

コックのタイミングが遅いと右腰が引けてしまう

みなさんもリストコックを大至急やってくださいね!

PHOTO/Takanori Miki

週刊GDより

「ミナセの小部屋」バックナンバーはこちら↓

暖かい沖縄で飛距離アップをめざそう!

画像1: golfdigest-play.jp
golfdigest-play.jp

ゴルフ会員権のご相談はゴルフダイジェスト会員権サービス部へ

画像2: golfdigest-play.jp
golfdigest-play.jp

This article is a sponsored article by
''.