2019年プロテストに合格。QTでも9位に入り前半戦の出場権を獲得した美人プロ、セキ・ユウティン。3年前は210ヤードだった飛距離が240ヤードまでアップ。プロテスト合格につながった飛距離アップの秘密をじっくり教えてくれた!
画像: 「福井県で生まれて中国で育ちました」(セキ)

「福井県で生まれて中国で育ちました」(セキ)

セキ・ユウティン
1998年生まれ。福井県出身中国育ち。7歳のときにゴルフを始め、15歳で中国ナショナルチーム入り。2019年日本のプロテストに合格しQTを受験。見事9位で前半戦の出場権を獲得した

セキ・ユウティンの240Yスウィング

── 前よりもスウィングが力強くなったように見えますが?

セキ クラブの上げ方を変えました。以前はトップの場所やダウンなど、たくさんのことを考えていて、形ばかりを気にしていました。悩むことも多くなってしまったので、今は腰の高さまで真っすぐに上げることだけを意識しています。

「腰まで真っすぐ」上がればナイスショット確定!

画像1: 「腰まで真っすぐ」上がればナイスショット確定!
画像2: 「腰まで真っすぐ」上がればナイスショット確定!

── どうしてその考えになったのですか?

セキ シンプルにスウィングを考えたかったからです。練習を重ねていくうちに"始動が決まればインパクトも乱れない"ことに気がついたんです。

── 上げるときの注意点はありますか?

セキ 両腕の三角形を崩さずに上げることです。手先ではなく体全体を使って上げられるので、トップで力が溜まるようになりました。だから今は腰の高さまで思い通りに動かせたら「いいショットが出るな」と感じられるんです。

Point①両腕の三角形を崩さず上げる

画像: Point① 両腕の三角形を崩さず上げる

テークバックでの注意点は手先でクラブを上げないこと。両腕の三角形を崩さずに体全体を使う。腹筋や背筋といった大きい筋肉を意識してテークバックすると右足で地面を踏むことができる。

3年前にセキ・ユウティンが取り組んだ反力打法についてはコチラ

地面の力を使うには、ダウンで「右太もも裏」に力を集中

── ダウン以降はまったく意識していないのですか?

セキ そんなことはないです。飛ぶようになった2つ目の秘密は"ダウンの踏み込み"です。テークバックで地面を踏むと話しましたが、それはダウンで地面を踏むため。地面からの反力を使えるようになってから飛距離が伸びたんです。

画像: 以前は手やクラブの動きばかり気にしていたが、今は体の大きな部分しか意識していないという。とくにダウンは右太もも裏に力を入れることで下半身の動きに粘りが出て力を発揮させることができる

以前は手やクラブの動きばかり気にしていたが、今は体の大きな部分しか意識していないという。とくにダウンは右太もも裏に力を入れることで下半身の動きに粘りが出て力を発揮させることができる

── 地面を踏むために意識していることは?

セキ 右太ももの裏を意識しています。ここに張りを持たせることで、地面をしっかり踏める。結果、右足が前に出なくなるのでインパクトで力を出すことができるんです。

── 前傾が保てるようになったということですか?

セキ それもあります。昔は左足に体重をシフトさせて打っていましたが、今は下に力を加えています。

── 地面の力を使うためですね。

セキ 具体的に言うと左下です。ここで左サイドが流れてしまうと地面の力は使えません。左下に力を加えるためにも右太もも裏が重要なんです。

Point① ダウンで沈んでインパクトで跳ねる

画像1: Point① ダウンで沈んでインパクトで跳ねる
画像2: Point① ダウンで沈んでインパクトで跳ねる

左下に沈み込む動きが力を引き出す。地面からの反力を使えるになって、インパクトでヘッドが加速。瞬間的に力が出せるようになって、飛距離がアップした。

Point②トップで右股関節に体重を乗せる

画像: Point② トップで右股関節に体重を乗せる

ダウンで左下に力をかけるにはトップでしっかり力を溜める必要がある。そのために右足の股関節で体重を受ける。トップで右サイドに流れると力は溜められない。

Point③右ひざを前に出さない

画像: Point③ 右ひざを前に出さない

体の前側に力が入っているとダウンで右足が前に出やすく前傾角度が崩れてしまう。右太もも裏を意識させると、下に力を加えることができるので強く叩ける形になるという。

強さとしなやかさを手に入れた
毎日コツコツ、筋トレ&ストレッチ

画像1: 強さとしなやかさを手に入れた 毎日コツコツ、筋トレ&ストレッチ

筋力と柔軟性がアップしたことも、飛距離が30ヤード伸びた要因だと言う。スウィングだけでなく地味なトレーニングを続けてきた成果が飛距離に現れている。

「まだまだ足りない部分ばかりです。これからも日々努力して頑張ります!」

練習前も必ず行っています

①スクワット

画像2: 強さとしなやかさを手に入れた 毎日コツコツ、筋トレ&ストレッチ

スクワットは股関節の柔軟性を上げる効果があり、トップで右足にしっかり体重を乗せることができる。また、ダウンで地面を踏むときにも必要。

②柔軟

画像3: 強さとしなやかさを手に入れた 毎日コツコツ、筋トレ&ストレッチ

手首などの柔軟性を上げることでクラブの動きがしなやかになる。腕に余計な力が入らなくなった

セキ・ユウティンの2020年シーズンに注目

画像: 「会場で見かけたら『ユウティン』と声をかけてください♡」(セキ)

「会場で見かけたら『ユウティン』と声をかけてください♡」(セキ)

画像1: セキ・ユウティンの2020年シーズンに注目

国内女子ツアーに本格参戦した2017年は賞金ランキング78位と不本意な成績しか残せず、その後大幅にスウィングを見直した。その成果を証明するために、今季の目標はまず1勝を挙げることだそう。セキ・ユウティンの2020年に注目です。

週刊GD2020年2月4日号より

セキ・ユウティンのプライベート画像も満載
週刊ゴルフダイジェストのバックナンバーはこちら↓

画像: セキ・ユウティンの特集掲載号 www.amazon.co.jp

セキ・ユウティンの特集掲載号

www.amazon.co.jp
画像: 週刊ゴルフダイジェスト最新号 www.amazon.co.jp

週刊ゴルフダイジェスト最新号

www.amazon.co.jp

タイガー、松山の愛用パターと同素材、ドイツ製ステンレス削り出し↓

画像2: セキ・ユウティンの2020年シーズンに注目

短期で上達するゴルフダイジェストツアーのゴルフ合宿です↓

画像1: golfdigest-play.jp
golfdigest-play.jp

ゴルフ会員権のこと、お気軽にご相談ください

画像2: golfdigest-play.jp
golfdigest-play.jp

This article is a sponsored article by
''.