新型コロナウイルスの影響で行動が制限され、ストレスを感じている人も多いだろう。そんななか、アメリカの研究者が「適切なガイダンスに従うならゴルフは決して悪くない」という見解を示し、7つの注意点を提示した。

米ネブラスカ大学医療センター・感染制御の第一人者ケリー・コーカット博士は、「広く開かれた屋外スペースで過ごすのはもっとも(感染)リスクが低い行為」だという。

ただし、気をつけることとしてコーカット博士が挙げたポイントは7つ。それ以前の大前提として「ゲームの進行中、可能な限り(少なくとも)20秒間の手洗いが好ましい。消毒液も活用し、汚れた手で口や顔に触れないことが大切です」

それを踏まえた上で、博士が上げた7つのポイントとは、

注意点①
ゴルフカートの手で触れる部分を除菌シートなどで拭く

注意点②
誰のものかわからないボールには触れない

注意点③
グローブを清潔に保つこと。違和感があるかもしれないが消毒液を噴霧したほうがいい

注意点④
携帯電話をカートのダッシュボードに置かない。携帯用のクリーナーを持参し、必要に応じて使用する

注意点⑤
混雑したクラブハウスで飲み物を調達しない。人が少ない売店で購入するのが良い。売り子が手袋を着用しているところがベターで、缶飲料は飲み口を消毒してから飲む

注意点⑥
クラブハウスでは人との間隔を2㍍程度とること。ドアノブやテーブルなどに触れた場合は手洗い、消毒を行う

注意点⑦
ランド後の握手やハグ禁止。ハイタッチではなくナイスショットと声をかけること

画像: ゴルフを楽しむときは、7つの注意点と自己管理で

ゴルフを楽しむときは、7つの注意点と自己管理で

開かれたスペースで体を動かしストレス解消できるゴルフ。とはいえ、これはアメリカでの注意点。

ゴルフ場までの移動手段(公共の交通機関やクラブバスの利用)や、昼食、浴室の利用状況など、日本とは事情が異なる部分もある。それぞれが万全を期す上での参考としてください。

週刊ゴルフダイジェスト2020年4月7日号より

週刊ゴルフダイジェストはキンドル版でも購読いただけます!

画像: www.amazon.co.jp
www.amazon.co.jp

90%を上達させた最新パット診断機がついに上陸↓

画像1: golfdigest-play.jp
golfdigest-play.jp

特許技術で「ピッチ&ラン」が驚くほどやさしく

画像2: golfdigest-play.jp
golfdigest-play.jp

ゴルフダイジェスト会員権サービス部おすすめ
PGAが設計したメンバーシップ
ジャパンPGAゴルフクラブ(千葉県)

画像3: golfdigest-play.jp
golfdigest-play.jp

こんな時期は、素振りで上達
プロコーチがすすめる新感覚素振りギア

This article is a sponsored article by
''.