ナイスショットして意気揚々と2打目地点に行ってみたら、ボールがディボット跡に…。こんな厄介なライからどうやって打てばいいのか? 奥山ゆうしプロに、ディボット跡からの打ち方を教えてもらおう!
画像: 【指導】奥山ゆうしプロ 多くのアマチュアやジュニアを教える。Youtubeやインスタグラム(@okuyamayushi)にてレッスン動画も配信中

【指導】奥山ゆうしプロ
多くのアマチュアやジュニアを教える。Youtubeやインスタグラム(@okuyamayushi)にてレッスン動画も配信中

ボールが止まった位置をチェック
「手前側」が難易度MAX!

画像: ボールが止まった位置をチェック 「手前側」 が難易度MAX!

スペースのない手前が断トツ難しい

── ナイスショットだな~と思って2打目地点に行ってみたものの、ディボット跡にボールが! 打ち方がわからないし、かなり気分がおちます……。

奥山 まず、ディボット跡にはまってしまったら、ボールの状況をチェックしてください。目土されているのかどうか、また止まっている位置によって、難易度や打ち方が変わってきます。

── どこに止まっているのが一番難しいのですか?

奥山 一番難易度が高い「星5つ」は、目土されていない手前側です。ボールの側面が壁に寄りかかっているので、クラブを入れるスペースが限られます。またボールが埋まっている状態なので、少しでも手前から入るとザックリをしたり、ミスの危険がとても高いです。

手前側が難しい理由
「ボールの側面が埋まっている」

ボールの側面に壁ができるため、クラブを入れるスペースが限られる。フェアウェイと同じスウィングをすると、ボールの頭をたたきやすく、すくい打とうとすると手前から入ってザックリしてしまう。

画像: クラブを入れるスペースが少なく、ボールの頭を叩きやすい

クラブを入れるスペースが少なく、ボールの頭を叩きやすい

── では奥側の場合は?

奥山 難易度は「星4つ」ですかね。ボールが奥の壁に寄りかかっていて、ヘッドの抜けが悪くなるので難しいですが、手前側に比べるとクラブが入るスペースは十分にあります、そのぶん、やさしくなります。

奥側(目標側)が難しい理由
「芝に刺さって抜けにくい」

手前側と比べるとクラブが入るスペースはあるが、先側が埋まっているので、振り抜きが悪く、芝に刺さりやすい。

画像: 振り抜けない!

振り抜けない!

ディボット跡からどう打つの?
手前側は「左足下がり」を思い出して!

画像: ディボットの手前側にボールが…

ディボットの手前側にボールが…

左足に体重を乗せたまま打つ

── ではまず、最高難度の「手前側」から教えてください。

奥山 考え方として、ディボット跡にボールが埋まっていたら「グリーンを狙う意識を捨てる」ことを忘れないでください。とくに手前側では「グリーン近くに行けばいいな」くらいの気持ちに切り替えましょう

── ディボット跡からナイスショットを思い描くな、ということですね。では打ち方のポイントを教えてください。

奥山 ボールの手前に壁があるので、クラブを上から入れる必要があります。

── プロ、簡単にいいますね……。いい方法はありますか?

奥山 左足下がりの状況を思い出してください。すると、自然と上から打てる構えとスウィングになるんです。

画像: ディボットの手前側にボールがある場合は、左足下がりの打ち方を思い出して

ディボットの手前側にボールがある場合は、左足下がりの打ち方を思い出して

── 確かに! 左足下がりの傾斜でダフることってあまりないですもんね。

奥山 そのとおり。まずはクラブが上から入りやすい構えを作ることが大切です。ボールを右に置き、左肩を下げて左足体重にしましょう。このアドレスができたら、左足体重のまま、軸を左足にして打ってください。体重移動が抑えられ、アドレスの位置にクラブが戻りやすいので、ボールが上から打てるんです。

上から打つためのポイント①
打ったあとは一歩前へ!

画像: 「上から入りやすくなります」(奥山)

「上から入りやすくなります」(奥山)

打ったあと、右足を一歩前に出すくらいの意識を持つ。左足に体重を乗せられていないと、右足は前に出ない。歩く意識があると、自然と入射角が鋭角になりやすい。

上から打つためのポイント②
左足を軸にして回転

画像: ディボット跡からどう打つの? 手前側 は「左足下がり」を思い出して!

アドレスで作った体重配分を変えないで、左足体重のままスウィング。左足を1本の軸にする意識があるとその場で回転しやすい。右足に体重が残ると、すくい打ちになりやすいので上から打てない。

突っ込む意識でちょうどいい!

目土されていない奥側からはどう打つの?
腹筋に力を入れて圧で打つ!
奥の壁にガツッと当てて終了です

画像: ディボットの奥側(目標方向側)にボールが…

ディボットの奥側(目標方向側)にボールが…

インパクトで力を入れる

── 奥側は手前側よりも少し簡単とのことでした。先に壁があるので、力を入れて振り抜いたほうがいいですか?

奥山 力を入れるのは合っていますが、振り抜く必要はありません。むしろ打って終わりでいいんです。

画像: 打って終わり、の意識でOK

打って終わり、の意識でOK

── 打って終わりですか?

奥山 奥に壁があるので、打ったあとはクラブが抜けにくいです。それならインパクトでグッと力を入れて終わりでいいじゃないか! というのが僕の考え。無理をして大きくフィニッシュを取ろうとすると。スウィングのバランスが崩れてインパクトで力を伝えられません。

── 奥の壁にガツッと当てて終了でいいんですね。

奥山 そうです。インパクトで当たり負けしないことが一番大事。そのためのポイントはお腹に力を入れておくこと。腹筋に力が入ると、奥の壁に当たっても体幹がブレにくいので、ボールに強い圧が伝えられます。

当たり負けしないためのポイント①
右手の平で押す!

画像1: 目土されていない奥側からはどう打つの? 腹筋に力を入れて圧で打つ! 奥の壁 にガツッと当てて終了です

インパクトで右手の平を目標方向に向ける押す。押すと力が入るため、インパクトで当たり負けしにくくなる。

当たり負けしないためのポイント②
お腹に力を入れる
腹筋に力を入れることで、体幹に力が入りインパクトでボールにパワーが伝わる。お腹の力が抜けた状態だと、奥の壁に当たり負けするため飛距離がでない。

当たり負けしないためのポイント③
インパクトでギュッと力を入れる

画像2: 目土されていない奥側からはどう打つの? 腹筋に力を入れて圧で打つ! 奥の壁 にガツッと当てて終了です

アドレスからガチガチに力を入れておくと、ただの力みになるので、打つ瞬間にギュッと握るイメージ。爪の色が白くなるくらい力を入れてOK。

最後は、目土の上から
フェアウェイバンカーと同じ、
ソールを浮かせてハーフトップ

振り抜くことが成功の秘訣

── では最後に「星2つ」の目土されているライからの打ち方を教えてください

奥山 これらのライでは、フェアウェイバンカーをイメージしてください。打ち方もフェアウェイバンカーと同じ。アドレスでソールを浮かせて、ハーフトップを打つ感覚ですね。

画像: フェアウェイバンカーと同じイメージ

フェアウェイバンカーと同じイメージ

奥山 ソールを浮かせることでダフリのミスが軽減されます。ボールだけ薄くけずる意識でスウィングしましょう。この状況ならグリーンを狙ってもOKですよ。

目土ディボット跡のポイント①
フィニッシュまで全力で振り抜く

画像: フォローは大きく!

フォローは大きく!

目土されているライは、されていないライと違い全力でフィニッシュまで振り切る。振り切ることで、少し手前から入ってもミスにならずある程度飛んでくれる。

目土ディボット跡のポイント②
ソールを浮かせて構える

画像: ソールを浮かせて、ボールを薄く削るイメージ!

ソールを浮かせて、ボールを薄く削るイメージ!

フェアウェイバンカーから打つ際もアドレスでボールを浮かせるが、目土されたディボット跡でも同じように構える。少し浮かせることでハーフトップが打ちやすくなる。

── これでディボット跡から上手く脱出できそうです!

画像: みんなのために目土はしよう!

みんなのために目土はしよう!

週刊ゴルフダイジェスト2020年4月14日号より

ピッチ&ランを驚くほどやさしくする新発想ウェッジ!

画像1: golfdigest-play.jp
golfdigest-play.jp

ゴルフ会員権のことならゴルフダイジェスト!

画像2: golfdigest-play.jp
golfdigest-play.jp

週刊ゴルフダイジェストをキンドル版で

画像: www.amazon.co.jp
www.amazon.co.jp

This article is a sponsored article by
''.