1年で50㍎も飛距離を伸ばした『ゴルル』メンバーの小澤美奈瀬。彼女が飛ぶようになった秘訣をお伝えする本連載。今週の通勤GDは「ミナセの小部屋vol.23」テークバックで力を逃がさない方法について。

【通勤GD】
通勤GDとは‟通勤ゴルフダイジェスト”の略。世のサラリーマンゴルファーをシングルに導くために、月曜日から金曜日(土曜日)までの夕方に配信する上達企画。帰りの電車内で、もしくは翌朝の通勤中、スコアアップのヒントを見つけてください。

【小澤美奈瀬】
おざわみなせ。1992年生まれ、愛知県名古屋市出身。弊誌・美女ゴルフユニット『ゴルル』メンバー。現在、ミニツアーなどに参戦しながら、主に東京や名古屋などで飛距離アップのレッスンを行っているティーチングプロ。

前回のお話し

右腰や右足は
止めない

コーヒーより紅茶派です♪ 小澤美奈瀬です。

今回は、トップでパワーを逃がさない、上半身と下半身の捻転差の作り方をお伝えします。しっかりネジられた深いトップを作るために、テークバックで右腰や右足を動かさずトップまで上げろ、なんて言われたことありませんか?

飛距離を出すために、上下半身が強くネジれた深いトップを作るのは間違いではありません。でも、右腰や右足を止めるという動作は、逆に体が固まりトップが小さくなってしまうことがあります。

画像: 右腰や右足は 止めない

左ひざを踏ん張り
締まりのあるトップを作る

そこで私が提案したいのは、“拮抗”つまり、引っぱり合いです。意識してほしいのは、左ひざと手元です。この2点を拮抗させながら、テークバックするのです。

画像: ポイントは左目とボールの距離を保ち続けること

ポイントは左目とボールの距離を保ち続けること

イメージとして、左ひざで地面を押しながら、手元で上半身を右斜め上へネジり上げます。対角線上に体の部位を拮抗させることで、捻転の深いトップが作りやすくなるんです。

これを勢いよく素早く行うことで、さらにパワーが溜まったトップが作れるのでぜひ試してください。

左ひざと手元を拮抗させてトップを作る

テークバックで左ひざと手元が引っぱられるようにしてトップを作ると、上半身と下半身の強い捻転(パワーが溜まったトップ)ができる。

画像: 上半身と下半身の捻転を作る

上半身と下半身の捻転を作る

画像: 左足かかとが浮くと力が抜けたトップに

左足かかとが浮くと力が抜けたトップに

PHOTO/Takanori Miki
週刊GDより

「ミナセの小部屋」バックナンバーはこちら↓

週刊ゴルフダイジェスト最新号をキンドルで!

画像: www.amazon.co.jp
www.amazon.co.jp

タイガー、ファウラー、松山と同じヘッド素材
ジャーマンステンレス製削り出しパター、第二期製造分予約受付中

画像: golfdigest-play.jp
golfdigest-play.jp

青木翔・打ち方は教えない。
購入予約は、こちら↓

This article is a sponsored article by
''.