1年で50ヤードも飛距離を伸ばした『ゴルル』メンバーの小澤美奈瀬。彼女が飛ぶようになった秘訣をお伝えする本連載。今週の通勤GDは「ミナセの小部屋vol.25」力を逃さずに打つための切り返しのタイミングとコツについて。

【通勤GD】
通勤GDとは‟通勤ゴルフダイジェスト”の略。世のサラリーマンゴルファーをシングルに導くために、月曜日から金曜日(土曜日)までの夕方に配信する上達企画。帰りの電車内で、もしくは翌朝の通勤中、スコアアップのヒントを見つけてください。

【小澤美奈瀬】
おざわみなせ。1992年生まれ、愛知県名古屋市出身。弊誌・美女ゴルフユニット『ゴルル』メンバー。現在、ミニツアーなどに参戦しながら、主に東京や名古屋などで飛距離アップのレッスンを行っているティーチングプロ。

前回のお話し

切り返しがポイント

クルマの車庫入れ、メチャクチャ得意です♪ 小澤美奈瀬です。今回は、切り返しのタイミングと腰の動かし方についてお伝えいたします。

インパクトでボールにパワーを伝えるには、ダウンスウィングの動きが大事になってきます。その
ダウンスウィング、上手く行うにはトップからダウンに移る“切り返し”が重要なポイントとなります。

画像: トップへ行く前に腰をスライドさせたら自然にタメが作れた

トップへ行く前に腰をスライドさせたら自然にタメが作れた

タメは飛距離の
強い源

結論からいうと、切り返しは、テークバックで右手が右腰を通過するかしないかくらいで、行うのです。普通ならトップを作ってから、切り返しに入りますが、スウィングは流れのなかで作られるもの。これだと、左足へ重心を乗せにくく、ボールにパワーを伝えきれません。

また切り返す際、左腰(左側の股関節)を左足の真上へ水平移動させるイメージを持つと、飛距離の
源となる強いタメが作れます。

切り返しのタイミングと腰の動かし方で、筋力がなくても飛距離が伸びるのでぜひ試してください。

左側の股関節を左足の真上へ移動させる

テークバックで右手が右腰あたりに来た早い段階で切り返しを行うと、ダウンでのタメが強くなるという小澤。そのとき、左股関節を左足の真上へ水平移動させるイメージで動かすという。

画像: タメは飛距離の 強い源
画像: 切り返しのタイミングが遅いとあおり打ちになる

切り返しのタイミングが遅いとあおり打ちになる

PHOTO/Takanori Miki
週刊GDより

「ミナセの小部屋」バックナンバーはこちら↓

週刊ゴルフダイジェスト最新号をキンドルで!

画像: www.amazon.co.jp
www.amazon.co.jp

青木翔・打ち方は教えない。
単行本の購入予約は、こちら↓ “今なら送料無料!”

キンドル版はこちら

This article is a sponsored article by
''.