1年で50ヤードも飛距離を伸ばした『ゴルル』メンバーの小澤美奈瀬。彼女が飛ぶようになった秘訣をお伝えする本連載。今週の通勤GDは「ミナセの小部屋vol.31」テークバックでの体の使い方について。

【通勤GD】
通勤GDとは‟通勤ゴルフダイジェスト”の略。世のサラリーマンゴルファーをシングルに導くために、月曜日から金曜日(土曜日)までの夕方に配信する上達企画。帰りの電車内で、もしくは翌朝の通勤中、スコアアップのヒントを見つけてください。

【小澤美奈瀬】
おざわみなせ。1992年生まれ、愛知県名古屋市出身。弊誌・美女ゴルフユニット『ゴルル』メンバー。現在、ミニツアーなどに参戦しながら、主に東京や名古屋などで飛距離アップのレッスンを行っているティーチングプロ。

前回のお話し

右足かかとに体重を
乗せすぎない

こんにちは! 小澤美奈瀬です。今回は、上半身が深く捻転できる裏技をご紹介します。テークバックで上半身を深くネジろうとしたとき、右腰が引けたり、右ひざが伸びてしまうことありますよね。

そうなると、トップでパワーが分散して飛距離を出すことができません。これを一発で解決する方法が「右足のかかとを上げたままテークバックする」です。

画像: 「1㌢上げるだけでも激変します」

「1㌢上げるだけでも激変します」

画像: アドレス時の右足の形が崩れない

アドレス時の右足の形が崩れない

右腰が引ける原因は、右足かかとに重心が乗りすぎることです。そのため、右足かかとを上げたまま振ることで、つま先寄りに重心を掛けたままトップまで上げやすく、アドレス時の右腰や右ひざの角度を保ったまま振り上げることができるんです。

実際に上げなくても意識するだけで効果テキメンですので、ぜひ試してみてください!

右足にカベを感じながらテークバックできる

右足のかかとを上げたままテークバックすると、アドレス時の右腰や右ひざの形を保ちながらテークバックすることができる。そのため、上半身だけをしっかり捻転できるので、パワーが溜まったトップが作りやすくなる。

画像: 右足に壁を感じる

右足に壁を感じる

画像: 右腰が引けるクセが一発で解消

右腰が引けるクセが一発で解消

PHOTO/Takanori Miki
週刊GDより

クラブがレーキに!? ご購入はこちら

画像: golfdigest-play.jp
golfdigest-play.jp

週刊ゴルフダイジェスト最新号をキンドルで!

画像: www.amazon.co.jp
www.amazon.co.jp

This article is a sponsored article by
''.