1年で50ヤードも飛距離を伸ばした『ゴルル』メンバーの小澤美奈瀬。彼女が飛ぶようになった秘訣をお伝えする本連載。今週の通勤GDは「ミナセの小部屋vol.32」

【通勤GD】
通勤GDとは‟通勤ゴルフダイジェスト”の略。世のサラリーマンゴルファーをシングルに導くために、月曜日から金曜日(土曜日)までの夕方に配信する上達企画。帰りの電車内で、もしくは翌朝の通勤中、スコアアップのヒントを見つけてください。

【小澤美奈瀬】
おざわみなせ。1992年生まれ、愛知県名古屋市出身。弊誌・美女ゴルフユニット『ゴルル』メンバー。現在、ミニツアーなどに参戦しながら、主に東京や名古屋などで飛距離アップのレッスンを行っているティーチングプロ。

前回のお話し

ほんの一瞬
グッと踏み込む

今回紹介する飛ばしテクは、上半身の突っ込みがなくなる、左足の踏み込みです。

レッスンしていると、「トップからの切り返しはどうすればいいですか?」とよく聞かれることがあります。とてもいい質問なのですが、トップへ入ってから切り返すという考え方はあまりよくはありません。

トップからダウンへの切り返しは、トップに入る前に行わなければなりません。なぜなら、ダウンでタメが作れず、腰が引けて上体で打ちにいくのでボールを強く叩けないからです。

そこでやってほしいのが、トップに入る前に、左足親指の母趾球(左写真で私が押さえている部分)で地面を踏み込んでほしいんです。

画像: 「踏めば踏むほど飛距離になって現れます」

「踏めば踏むほど飛距離になって現れます」

たったそれだけで、左腰が引けずパワーを受け止められるので、ボールを強く叩くことができます。このときの踏み込み方は、ほんの一瞬グッと強く踏むだけでOKです。

踏み込むタイミングさえつかめば、とても簡単なので試してみてください。

トップに入る直前に踏み込むと体が開かない

テークバックしてトップに入る直前に、左足の母趾球を“グッ”と踏み込む。これにより、ダウンで右肩が突っ込まず、体の右サイドに懐が深くできるため、クラブを体の近くに通しやすくインパクトでボールを力強く押し込めるようになる。

画像: ほんの一瞬 グッと踏み込む
画像: 初めから左足かかとに踏み込むと腰が引ける

初めから左足かかとに踏み込むと腰が引ける

PHOTO/Takanori Miki
週刊GDより

大人気! シワにならない万能ジャケパン。好評発売中

週刊ゴルフダイジェスト最新号をキンドルで!

画像: www.amazon.co.jp
www.amazon.co.jp

This article is a sponsored article by
''.