1年で50ヤードも飛距離を伸ばした『ゴルル』メンバーの小澤美奈瀬。彼女が飛ぶようになった秘訣をお伝えする本連載。今週の通勤GDは「ミナセの小部屋vol.34」

【通勤GD】
通勤GDとは‟通勤ゴルフダイジェスト”の略。世のサラリーマンゴルファーをシングルに導くために、月曜日から金曜日(土曜日)までの夕方に配信する上達企画。帰りの電車内で、もしくは翌朝の通勤中、スコアアップのヒントを見つけてください。

【小澤美奈瀬】
おざわみなせ。1992年生まれ、愛知県名古屋市出身。弊誌・美女ゴルフユニット『ゴルル』メンバー。現在、ミニツアーなどに参戦しながら、主に東京や名古屋などで飛距離アップのレッスンを行っているティーチングプロ。

前回のお話し

左足を回転軸にする

クラブが振れるこの時期にピッタリの飛距離アップのヒントをご紹介しますね。飛距離を出すには、当然ですがクラブを速く振る必要があります。

でも、多くのみなさんは、一生懸命振っているつもりなのに、クラブスピードが上がりませんよね。その理由は、手や腕でクラブを速く振ろうとしているからです。

では、どうすればいいのか。それには大きな筋肉を使う、要するに体全体の回転でクラブを振ることが大切なんです。

体の回転を意識することは、全身の筋力を使うので速く振れますが、体の回転で打つ理由がもう1つあります。それは、体の回転につられて腕とクラブがムチのようにしなること。腕とクラブがしなればしなるほど、クラブを振るスピードは上がるんです。

画像: 「左足をスウィング軸にして」

「左足をスウィング軸にして」

だから、いくら腕を一生懸命に速く振ったところで、限界があるんです。体を回転させるとき、1つ注意することがあります。

それは、左足を回転軸にすることです。理由は、インパクトでボールを押し込める体勢が作れるからです。このとき回転を行う支点を、左股関節の上に置くと、よりスムーズに体を回転させることができます。

画像: ダウンで腰を一瞬左へ移動させる

ダウンで腰を一瞬左へ移動させる

飛距離アップを目指しているアナタ、ぜひお試しくださいませ!

左股関節の上で回転する

左足にスウィング軸を作ると、体の回転スピードが上がりやすく、さらにインパクトでボールを押し込みやすくなる。さらに、手首をこねなくなるので、曲がりにくくなる。この時、左股関節を回すイ
メージを持つと、より体の回転イメージが湧きやすいという。

画像: 左足を回転軸にする
画像: 右足体重だと球に力が伝わらない

右足体重だと球に力が伝わらない

PHOTO/Takanori Miki
週刊GDより

大人気! シワにならない万能ジャケパン。好評発売中

週刊ゴルフダイジェスト最新号をキンドルで!

画像: www.amazon.co.jp
www.amazon.co.jp

This article is a sponsored article by
''.