プロ25年目を迎えたタイガー・ウッズ。実は月刊ゴルフダイジェストがスポーツイラストレーター・尾中哲夫さんに表紙画を依頼したのも25年目。その節目として今回特製カレンダーを製作したのを記念して、お好きなイラストのレプリカを各1名にプレゼントいたします!

プロデビュー25年!
あなたはどのタイガーを飾りたい?

1.

画像1: プロデビュー25年! あなたはどのタイガーを飾りたい?

2.

画像2: プロデビュー25年! あなたはどのタイガーを飾りたい?

3.

画像3: プロデビュー25年! あなたはどのタイガーを飾りたい?

4.

画像4: プロデビュー25年! あなたはどのタイガーを飾りたい?

5.

画像5: プロデビュー25年! あなたはどのタイガーを飾りたい?

6.

画像6: プロデビュー25年! あなたはどのタイガーを飾りたい?

7.

画像7: プロデビュー25年! あなたはどのタイガーを飾りたい?

8.

画像8: プロデビュー25年! あなたはどのタイガーを飾りたい?

プレゼントの応募はこちらから!

プレゼントの応募はこちら

応募締め切り:2020年12月20日24時

「表情の豊かさがタイガー最大の魅力ですね」(尾中氏)

月刊ゴルフダイジェストでもっとも多く描かれているプロゴルファーがタイガー・ウッズ。

25年間描き続けた尾中さんにタイガー・ウッズの魅力を語ってもらった。

尾中 これまでたくさんのゴルファーを描いてきましたが、タイガーが飛びぬけて描きやすい印象をもっています。真剣なとき、笑ったとき、悔しいときでいつも違った表情をするんです。だから長年描き続けても飽きがこない。世界中で愛される理由は強さとともにそういった表情の豊かさもあるのではないかと思います。

25年の間に変わった点を聞いてみると、

尾中 顔は25年前とさほど変わりませんが、体型がとにかく違います。2000年頃は全身の筋肉のしなやかさが際立っていましたが、近頃はパワフル。筋肉の力強さが目立っている印象です。よりアスリート感が増してまだまだやってくれるな!って雰囲気がでていますね。

スポーツイラストレーター
尾中 哲夫さん

1957年山口県防府市生まれ。96年から月刊ゴルフダイジェストの表紙イラストを担当。これまで51回タイガーを描いてきた。全国各地で原画展を開催中

尾中哲夫さんのオフィシャルサイトはこちら

月刊ゴルフダイジェスト2021年1月号より

月刊ゴルフダイジェストをキンドル版で!

画像: www.amazon.co.jp
www.amazon.co.jp

This article is a sponsored article by
''.