四国アマ2回優勝の競技ゴルファー、二宮慎堂さん(HC+3)は、自他ともに認める“ゴルフマニア”だ。そんな二宮さんが、「友人のスウィングを見ていたら、体にやさしく、しかも飛ぶスウィングわかった!」という。そして、そのキーワードが“お尻”だと言うのだが……。

画像: 二宮慎堂さん にのみやしんどう。愛媛県のトップアマ。家族全員が片手シングルであり、24時間ゴルフのことを考えている自他ともに認める”ゴルフマニア”。週刊GD「遊ぶつもりでやってみて!」連載中 ※二宮さんはボランティアとしてご協力いただきました

二宮慎堂さん
にのみやしんどう。愛媛県のトップアマ。家族全員が片手シングルであり、24時間ゴルフのことを考えている自他ともに認める”ゴルフマニア”。週刊GD「遊ぶつもりでやってみて!」連載中
※二宮さんはボランティアとしてご協力いただきました

今シーズン好調の成田美寿々選手も、お尻リード派!?

「成田プロのスウィングを見ると、お尻から切り返しているように見えませんか? トッププロや上級者はだいたいお尻から動き出していますよ」と二宮さん。

お尻を回すと体の回転がスムーズになる

ーー お尻を回転させることでスウィングに大きな変化があったようですね。

二宮 今までの僕は、切り返しで下半身リードとか、左の壁など、かなりチェック項目がありました。そのせいで、体が硬くなったり、腕を使ったりしてしまい、不調になることがあったのです。

ーー お尻リードを意識すると変わる?

二宮 今まで考えていたことが嘘のように、何も考えなくても上手くいくようになったんです。理由は体の回転速度が速くなり、自然に体で振れるようになったからだと思います。

[二宮さんの気づき①] 回転速度がアップする

画像: [二宮さんの気づき①] 回転速度がアップする

お尻だけを意識して回転する。すると、お尻の動きに連動して下半身と上半身が動くようになり、体の回転がスムーズになる。スムーズになることで回転速度もアップ。

[二宮さんの気づき②] 腰への負担が少ない

画像: [二宮さんの気づき②] 腰への負担が少ない

腕や腰への意識がなくなるため、腕は自然と振られる感覚になってくる。余計な力がとれ、体にやさしいスウィングができるようになる。

[二宮さんの気づき③] フェースがスクェアな状態が長く続く

画像: [二宮さんの気づき③] フェースがスクェアな状態が長く続く

腕に頼ったスウィングではないため、フェース面が余計な動きをしなくなる。そのため、スクェアな状態が長く続き、インパクトがゾーンになり再現性が上がる。

へっぴり腰から始める練習ドリル

二宮 上手くイメージがつかめない人は、へっぴり腰スウィングから始めてください。へっぴり腰の意識で振ると、お尻が引けて上手く回転できるはず。意識が下半身にあるので、右肩が出る心配もありません。

画像: 切り返しからダウンにかけて、左のお尻を後ろに突き出しながらスウィングするイメージ。体が回転しやすくなり、”お尻リード”が体感できる

切り返しからダウンにかけて、左のお尻を後ろに突き出しながらスウィングするイメージ。体が回転しやすくなり、”お尻リード”が体感できる

二宮 へっぴり腰というと、イメージが悪いですが、大袈裟にやってみても、普通に見えます。慣れてきたら、お尻を回転させるイメージを持つと、スムーズに振れます。僕もへっぴり腰から始めましたが、ご覧のとおり、普通のスウィングになりました。

画像: 「これぐらいへっぴり腰で振るつもりで、お尻を回します」

「これぐらいへっぴり腰で振るつもりで、お尻を回します」

イメージはへっぴり腰で、普通のスウィングになった

ILLUST/Koichi Tanaka
TEXT/Masato Ideshima

週刊GD2018年7月31日号より

ゴルフへ行こうWEB facebookページはこちら

This article is a sponsored article by
''.