ドライバーのシャフトについて質問です。毎年、軽いものが出てきますが、シャフトは軽ければ軽いほどいいのでしょうか? 軽いと軌道がブレそうで不安です。(59歳 HC16)

結論から言うと、一般アマチュアの方には、シャフトは軽ければ軽いほどいいと思います。

軽いシャフトだと長くすることができ、ヘッドスピードを上げることが期待できます。そして、それが飛距離アップの必要条件であることは間違いないからです。

最近のクラブの進化は目覚ましく、とくにドライバーの機能の進化は目を見張るものがあります。

昔のパーシモンヘッド時代のドライバーは。ヘッド容積が200cc前後、シャフトの長さは43インチ、総重量は350g前後というのが標準的なスペックでした。

それが最近ではそれぞれ、460cc、46インチ、300g前後というのが標準的なスペックになっています。

ゴルフはひと昔前とはまったく違う道具を使い、まったく違う打ち方が必要なスポーツに変わってしまった、とも言えるのです。

軽いと軌道がブレそうだと感じられるのは、シャフトをあまり長くされていないからではないでしょうか。シャフトを長くすれば、遠心力を感じやすくなるので、軌道がブレるとか、ヘッドがどこにいるか感じにくいということもなくなるはずです。

画像: シャフトを長くして遠心力を使ってコマのようにスウィングすることで、飛距離アップも期待できます

シャフトを長くして遠心力を使ってコマのようにスウィングすることで、飛距離アップも期待できます

ただシャフトを軽くしても、クラブ全体の重量が重いとクラブの慣性モーメントが大きくて振りにくいですし、手打ちや早打ちではヘッドスピードも上がりにくくなりますよ。

田村尚之ゴルフQ&A

ゴルフへ行こうWEB facebookページはこちら

This article is a sponsored article by
''.