身長165センチと小柄ながら、290ヤード近いドライバーの平均飛距離を誇る香妻陣一朗プロ。その秘訣は手首の脱力にあるという。「脱力できるほどヘッドが走って飛距離がアップします!」という 香妻プロに、その方法を教えてもらった。

【指導】香妻陣一朗プロ
1994年生まれ。鹿児島出身。横峯さくらが育った「めだかクラブ」で姉の琴乃とゴルフを学ぶ。福島OPで大会記録の60をマーク。狙うは初優勝!

右手の脱力が飛ばしの秘訣

香妻 フルショットをするうえで、ボクがいちばん気をつけていることは、右手のグリップを強く握らないことです。右手のグリッププレッシャーが強くなると、手首がロックされてクラブヘッドを加速させられないし、遠心力も使えなくなってしまうからです。

─── 右手首に力を入れることが、ヘッドが走らない原因というわけですね。

香妻 左手のグリップはしっかり握りますが、右手はできるだけゆるめておきます。そのほうがダウンでタメができるし、ヘッドも走ってくれます。

ポイント①「右手のグリップは握りません。添える程度のゆるゆるです」

画像: 「右手首を楽にして握ると、スウィング中に右手が邪魔をしなくなります」

「右手首を楽にして握ると、スウィング中に右手が邪魔をしなくなります」

香妻 右手のグリップをギュッと強く握ってしまうと、スウィングにブレーキがかかってしまい、ヘッドを効率よく加速できません。握る感覚ではなく、力をゆるめて軽く添えるだけ。このほうが右手がスウィングの邪魔をしないので、ヘッドが走ります。

─── 邪魔をしないというのは?

香妻 切り返しがスムーズになります。ダウンスウィングの「タメ」も自然に生まれます。右手に力が入ると、右肩が突っ込んだりして、タメも生まれず、ヘッド軌道も狂います。

ポイント②「右手首を脱力すると、切り返しのタメが深くなります」

画像: 「右手をゆるめるとタメができるが、強く握ると、✖写真のようにタメがなくなる」

「右手をゆるめるとタメができるが、強く握ると、✖写真のようにタメがなくなる」

香妻 右手のグリッププレッシャーをゆるめることで、切り返しからダウンでクラブのタメがより深くなるんです。

ポイント③「左腕1本で振るイメージです」

画像: 「クラブの遠心力を使えるようになります」

「クラブの遠心力を使えるようになります」

─── 左手でクラブを持っているイメージが大切なんですね。

香妻 左手のグリップはしっか1り握って、右手はソフトにするので、左手1本だけで振っているような感覚になるはずです。右手の力が抜ければ、クラブが動きたい方向に走ってくれます。それが遠心力を活かすコツだと思います。

2年前からコーチを務める森守洋プロに、香妻プロのスウィングについて聞いた

 香妻プロは腕の振りが抜群に上手いんです。手元の動きに対して、ヘッドが動く距離がとても長い。インパクト後に、手元が30〜40センチ動く間に、ヘッドは頭の後ろまで動いている。

─── 手の動きに対してヘッドの動く量が大きいということは、それだけヘッドが走っているということですね。

 これはリッキー・ファウラーや、ダスティン・ジョンソンも同じ。だから、小柄な体でも遠くへ飛ばせるのです。

PHOTO/Yasuo Masuda、TEXT/Toshiyuki Funayama

週刊GD2018年8月21・28日号より

画像: 【関連記事】 「タイガーのようなタメはなぜできる? by森守洋プロ」は こちら

【関連記事】
「タイガーのようなタメはなぜできる? by森守洋プロ」はこちら

画像: 【関連記事】 「タイガーのようなタメができるドリル集 by森守洋プロ」は こちら

【関連記事】
「タイガーのようなタメができるドリル集 by森守洋プロ」はこちら

ゴルフへ行こうWEB facebookページはこちら

This article is a sponsored article by
''.