2016年と2017年の賞金王には共通点がある。それは、どちらも平均パット1位の選手であるということ。では、今シーズンの平均パット1位は誰だ? それは後ほど説明するとして、賞金王争いが激化する後半戦だからこそ、パッティングがカギを握るのは間違いない。ショートゲームコーチの石井忍プロがパット巧者のストロークを分析。終盤戦は彼らのパットに注目。

石川遼

"遼チャージ"が始まるか? 平均パット2位/1.7308(賞金ランキング19位)

画像: 【ポイント】左手甲の向きが一切変わらない

【ポイント】左手甲の向きが一切変わらない

「クロスハンドのお手本のようなパッティング。リードアームである左手の甲の向きがフォローまで一切変わっていない。これは、腕時計を見れば一目瞭然。スタンスが狭いため、左手で押し込みやすく、ラインに乗せやすいです」(石井)

今平周吾

賞金王へ独走態勢 平均パット3位/1.7344(賞金ランキング1位)

画像: 【ポイント】左肩が自然と開く

【ポイント】左肩が自然と開く

「ストロークで肩が開いてはダメと考える人が多いが、背骨を軸にした体の回転で打つ場合、左サイドは開いてもいい。今平プロのように両ひじを曲げた五角形を保ちつつ、体の回転を使えば、再現性はより高められます」

出水田大二郎

KBCオーガスタで初優勝 平均パット9位/1.7516(賞金ランキング26位)

画像: 【ポイント】ターゲットから目線を外さない

【ポイント】ターゲットから目線を外さない

「ボール後方からラインを確認。セットアップ時も目線を切らさず、打ち出す方向や転がりをイメージ。このルーティンはアマチュアにもおすすめ。深い前傾のままひじを曲げ、体幹で打っているのもいい」

藤田寛之

ツアー通算18勝 平均パット10位/1.7529(賞金ランキング42位)

画像: 【ポイント】後方でタッチを合わせる素振り

【ポイント】後方でタッチを合わせる素振り

「ターゲットを見ながらの素振りは距離感を合わせるのに最適。藤田プロは手元を使うタイプでヘッドの運動量が大きいですが、グリップエンドとお腹が一緒に回るため、ストロークに不安定さがありません」

時松隆光

これぞライジングパット 平均パット17位/1.7598(賞金ランキング6位)

画像: 【ポイント】左手甲の角度が変わらない

【ポイント】左手甲の角度が変わらない

左手首が甲側に折れた角度に注目。この角度がトップ~フォローまでキープされているため、フェースをスクェアに保てています。手首の動きをできる限り抑えることで、打ち出す方向を安定します」

【解説】石井忍(ショートゲームに精通するプロコーチ)

ではここで問題。現在の平均パット1位はどの選手?

画像: 【パット】過去2年、男子ツアーの賞金王は平均パット1位の選手。今平周吾、石川遼、時松隆光、名手のストロークを分析した
  • 片岡大育

    残念。片岡選手は平均パット1.7451で5位。1位は香妻選手(平均パット1.7210)です。

    画像1: ※ランキングは2018年10月18日時点

    ※ランキングは2018年10月18日時点

  • 池田勇太

    残念。池田選手は平均パット1.7618で19位。1位は香妻選手(平均パット1.7210)です。

    画像2: ※ランキングは2018年10月18日時点

    ※ランキングは2018年10月18日時点

  • 稲森佑貴

    残念。稲森選手は平均パット1.7785で37位。1位は香妻選手(平均パット1.7210)です。

    画像3: ※ランキングは2018年10月18日時点

    ※ランキングは2018年10月18日時点

  • 香妻陣一朗

    正解です。香妻選手の平均パットは1.7210、賞金ランキングは69位。さらなる活躍が期待されます。

    画像4: ※ランキングは2018年10月18日時点

    ※ランキングは2018年10月18日時点

  • 片岡大育
    25
    37
  • 池田勇太
    24
    36
  • 稲森佑貴
    39
    57
  • 香妻陣一朗
    12
    17

ランキングはすべて10月18日現在のものです。

週刊GD2018年11月6日号より

ゴルフへ行こうWEB facebookページはこちら

This article is a sponsored article by
''.