「飛ばしたい!」 とドライバーを大きく振り上げているうちに、気づけば「オーバースウィング」やトップでシャフトが右を向く「シャフトクロス」になってしまっているゴルファーが多い、と高松志門プロ。「最近、うちの門下に入ってきたプロゴルファーの池内絵梨藻もそうやった。オーバースウィングを直したら、ショットが見違えるほど安定しました。みなさんも、ナイスショットを続けたかったら、トップの位置が大切でっせ」
画像: 【指導】高松志門プロ ゆるゆるグリップを提唱し、奥田靖己など多くのプロを育てた。マネのできない職人技でレッスンでも楽しませる。1995年GDレッスン・オブ・ザ・イヤー受賞。作州武蔵CC所属

【指導】高松志門プロ
ゆるゆるグリップを提唱し、奥田靖己など多くのプロを育てた。マネのできない職人技でレッスンでも楽しませる。1995年GDレッスン・オブ・ザ・イヤー受賞。作州武蔵CC所属

画像: 【門下生】池内絵梨藻プロ いけうちえりも。1986年生まれ。大手前大ゴルフ部を経て、2010年プロ入り。2016年、ステップアップツアー1勝。、ショットに一層の磨きをかけようと志門流の門を叩く

【門下生】池内絵梨藻プロ
いけうちえりも。1986年生まれ。大手前大ゴルフ部を経て、2010年プロ入り。2016年、ステップアップツアー1勝。、ショットに一層の磨きをかけようと志門流の門を叩く

スウィングは『トップまで』がすべて

高松 絵梨藻がうちの流派に来たとき、けっこうなオーバースウィングだったな。

池内 そうですね。飛ばそうとして大きく上げていて、でもコスリ球で飛びませんでした。

高松 絵梨藻の正面にあぐらをかいて見てると、手をタテに上げてトップを高くして、そこからさらにヘッドを背中側に垂らしてたなぁ。

池内 助走距離が長いほうが飛びそうだと考えていました。

高松 それで(スウィング軌道の)レールから外れてしまっていたんやね。

池内 う~ん、確かに外れていましたね。

高松 クラブヘッドはレールの上に乗っかって動くのがいちばん安定する。だから、トップさえいい位置にヘッドが上がれば、放っておいても正しく下りてくる。これがレールの意味。一度レールから外れると、腰を開いたり手をこねたり、切り返しから余計な動きを入れてレールに乗せ直さなアカン。

かつての池内プロはこうだった

画像: レールから外れて手をタテに上げ、さらにヘッドが垂れていた。「ここまで極端ではないですよ!」(池内)

レールから外れて手をタテに上げ、さらにヘッドが垂れていた。「ここまで極端ではないですよ!」(池内)

手首を使って振り上げると、ヘッドはレールに乗る

ヘッドは最短距離で動くほうが、レールの上(スウィング軌道がズレていない)を戻しやすい、とは高松プロの言葉。バックスウィングの動きを剣道の“メン”のような上下の動きで説明した。

画像: ゆるゆるグリップで、ヘッドだけスッと上げるとレールから外れない

ゆるゆるグリップで、ヘッドだけスッと上げるとレールから外れない

画像: グリップを固めて腕を高く持ち上げようとすると、反り返ってヘッドがレールから外れる。池内プロにもこの兆候があった

グリップを固めて腕を高く持ち上げようとすると、反り返ってヘッドがレールから外れる。池内プロにもこの兆候があった

高松 バックスウィングは手首の動きでスッと上げるのが正解。これならヘッドも同じレールに戻しやすい。絵梨藻の場合は、腕ごと持ち上げて、さらに体を反らせてヘッドを垂らしていた。これでは、同じレールには戻らんね。

高松 安定したショットは打てんし、体も痛める。絵梨藻は、トップで体が左に突っ込んで左のお尻が見えてそっくり返り気味やったし、フィニッシュでも体がそっくり返って、お尻が丸ごと見えてたもんなぁ。

池内 私、そんなふうに振ってました?

高松 大丈夫、大丈夫。今は良くなっています。

「トップで左のお尻が見えたら回しすぎ、アカンよ!」

画像: 正面から見てチェック。池内プロの左のお尻が見えたら振り上げすぎ

正面から見てチェック。池内プロの左のお尻が見えたら振り上げすぎ

トップの位置は『カラダに聞くのがイチバン!』

では、レールに乗ったトップとはどんな位置で、どう上げるのがいいのか。トップが決まる重要ポイントを聞いていった。

高松 トップの位置はですね、左手をコブシにしてドライバーを握る位置で構えて、この左手を叩こうとして右手を無意識に振り上げたら、その位置がいいトップなんです。

池内 私も何度もやらされました。繰り返し、繰り返し。

画像: 左手を叩くことに集中する!

左手を叩くことに集中する!

高松 コックをどう使おうとか、ひじの角度をどうしようとか、そういうことは一切考えず、ただ左手を叩くために右手をサッと上げる。こうすると、ほとんどの人が同じような位置に上げられる。これでいいんですよ。

池内 コツは、手の力を抜くことですね。

【ポイント①】左手のコブシを右手で叩くつもりで上げる

画像: 「ただ左手を叩くことだけに集中して右手を上げると、その人にとって、いちばんいい位置に自然と上がる。その右手がトップの位置。右手から力を抜けば、上にも下にも外れない位置に上がるはず」(高松)

「ただ左手を叩くことだけに集中して右手を上げると、その人にとって、いちばんいい位置に自然と上がる。その右手がトップの位置。右手から力を抜けば、上にも下にも外れない位置に上がるはず」(高松)

【ポイント②】右手は小さく低く上がる

画像: 「前方から見て、右ひじが体に隠れるぐらいのトップが正解。右手の力が抜けたら自然とそうなる。大きく上がるのは、まだ力で腕の軌道を作っている証拠や」(高松)

「前方から見て、右ひじが体に隠れるぐらいのトップが正解。右手の力が抜けたら自然とそうなる。大きく上がるのは、まだ力で腕の軌道を作っている証拠や」(高松)

【ポイント③】「コースでも、右手のルーティンを取り入れてました」by池内プロ

画像: 「少し前まで、この右手の動きをショット前のルーティンにしていました。右手が腰まで上がれば、それでトップの位置が確認できるんです」(池内)

「少し前まで、この右手の動きをショット前のルーティンにしていました。右手が腰まで上がれば、それでトップの位置が確認できるんです」(池内)

ヘッドが勝手に下りてくる感覚

トップの位置が決まりだすと、ヘッドは勝手に下りてくる、と高松プロは続ける。その仕組みはいたってシンプルだった。

高松 トップの位置が決まるとなぜ勝手にヘッドが下りてくるかというと、この「1枚の板」の仕組みです。僕はこれをヘッドの動きが明らかになるという意味で「レントゲン」と呼んでます。このレントゲンのレールの上をヘッドが動けば、いちばんシンプルだから余計な力も要らない。本当に勝手にヘッドが下りてくる感覚になるんやね。

池内 私、その感覚がようやくわかってきました。おっ、この感覚やな、先生が言うてるのは、って感じですよ。

高松 そら、ええこっちゃ。

画像: ヘッドが勝手に下りてくる感覚
画像: 「手を固めて高く上げすぎ。レールから外れていますね」(高松)

「手を固めて高く上げすぎ。レールから外れていますね」(高松)

画像: 「体を回しながら、手を後ろに引っ張ったシャフトクロスの人も多いよ」

「体を回しながら、手を後ろに引っ張ったシャフトクロスの人も多いよ」

画像: 「大きく振りかぶってそっくり返り。ここまでひどくないけど(池内)絵梨藻もこうだった」

「大きく振りかぶってそっくり返り。ここまでひどくないけど(池内)絵梨藻もこうだった」

画像: 「ヘッド軌道の理想は1枚の板。このレール(板)の上を通れば、ヘッドが勝手に下りてくる感覚が生まれる。だから、トップさえ決まれば、あとは上手く打てる保険が付いとるわけや」(高松)

「ヘッド軌道の理想は1枚の板。このレール(板)の上を通れば、ヘッドが勝手に下りてくる感覚が生まれる。だから、トップさえ決まれば、あとは上手く打てる保険が付いとるわけや」(高松)

練習の時に後ろから撮影してみよう

画像: 「友人に飛球線後方から見てもらうと、自分では気づきにくいオーバースウィングやシャフトクロスも一目瞭然です。自分ひとりの場合は、動画を撮れば一発ですよ」(池内)

「友人に飛球線後方から見てもらうと、自分では気づきにくいオーバースウィングやシャフトクロスも一目瞭然です。自分ひとりの場合は、動画を撮れば一発ですよ」(池内)

【練習法】8時の位置から練習開始

【ドリル①】トップで止めてそこから打つ

画像: 「腕が時計の針の8時のトップ位置で止めて、そのトップを確認してから打つ。次は9時のトップ、10時のトップ、11時のトップから打つ。11時はフルショット。小さなトップで打つことに違和感がなくなってきたら、トップで動きを止めずに打つといい」(高松)

「腕が時計の針の8時のトップ位置で止めて、そのトップを確認してから打つ。次は9時のトップ、10時のトップ、11時のトップから打つ。11時はフルショット。小さなトップで打つことに違和感がなくなってきたら、トップで動きを止めずに打つといい」(高松)

8時、9時、10時、11時のトップで止めてから打つ。その繰り返し

画像: 8時のトップから打つ

8時のトップから打つ

画像: 9時のトップから打つ

9時のトップから打つ

画像: 10時でも打つ、8割スウィング

10時でも打つ、8割スウィング

画像: 11時のトップがフルショット

11時のトップがフルショット

池内 私の場合は、腕が時計の針の8時になるトップ位置から始めました。トップで止めて、その位置を確認してから打つ。これの繰り返し。そして、トップの位置を9時、10時と進めていって、11時でフルショットです。

高松 絵梨藻の場合は、腕が12時を越えるまで行って、さらにそこからヘッドが大きく垂れていたから、11時で打っても、元の半分くらいのトップで打たされてる感覚やったんと違うか?

池内 半分どころか3分の1ですよ。こんな小さなトップでいいのかな、っていう感じ。

高松 でも飛ぶやろ?

池内 はい。球がつかまるようになって、飛距離も伸びました。

【ドリル②】水やお茶が半分入ったペットボトルを振る

練習場で球を打たなくても、トップを磨く練習法を教わった。ペットボトルのお茶(水)を半分にして、キャップを開けたまま振る。これは右手で持ち、こぼれないように振るという。

画像: 「ペットボトルは水を半分入れてキャップを外して、コップも水を半分入れて振ります。ゆっくりすぎても速すぎてもお茶はこぼれますわ。どうすれば、お茶がこぼれないかを探っているうちにいいトップになります」

「ペットボトルは水を半分入れてキャップを外して、コップも水を半分入れて振ります。ゆっくりすぎても速すぎてもお茶はこぼれますわ。どうすれば、お茶がこぼれないかを探っているうちにいいトップになります」

画像: 左からヘッドカバー、タオル、コップ、ペットボトル(蓋ナシ)。「色々なモノを振ってみましょう。私もぜんぶやっています」(池内) 「タオルとヘッドカバーはねじれずに、まるで芯が入っているように振れたら合格。力を抜いてスッとトップまで振るコツがつかめます」(高松)

左からヘッドカバー、タオル、コップ、ペットボトル(蓋ナシ)。「色々なモノを振ってみましょう。私もぜんぶやっています」(池内)
「タオルとヘッドカバーはねじれずに、まるで芯が入っているように振れたら合格。力を抜いてスッとトップまで振るコツがつかめます」(高松)

スウィング激変、池内プロ!

「トップが12時越え」以前のスウィング

現在の「11時トップ」

【試合中ポイント】「いざ!」が入るとトップが狂う。「いざ!」の時こそ、ゆるゆるグリップ

池内プロのビフォー、アフターを見ると、全くの別人スウィングに。本人はこれを試合でやるには気持ちも大切だと話す。

池内 志門先生にも言われるんですが、飛ばしたいホールに来ると、「いざ!」と上体に力が入ってしまうんです。そうすると、いいトップに上がらなくて……。「いざ!」のホールこそ、力を抜いてゆるゆるが大切です。

画像: “いざ!”のときこそ、グリップをゆるゆるに

“いざ!”のときこそ、グリップをゆるゆるに

PHOTO/Yasuo Masuda

週刊GD2018年10月30日号

ゴルフへ行こうWEB facebookページはこちら

This article is a sponsored article by
''.