身長173センチ、体重70キロ、いたって「普通」な37歳のインストラクター・今泉健太郎がドライバーを振ればマックス404ヤード(全日本GDドラコン選手権の正式記録)。プロ本人の故障体験から生まれた独自の理論は、従来のセオリーとはまったく違うモノで、体に負担がかからないのが特徴だ。400ヤードも飛ぶというウワサの理論を聞きつけたプロ野球解説の鈴木健さんが弟子入り。その第2回は、「腕は伸ばさない」、「体は捻じらない」、飛距離が伸びて体にもやさしいテークバックのコツ編。

【先生】今泉健太郎プロ
いまいずみけんたろう。筋トレをせずに記録404ヤードのドラコンプロ。セオリーとは違った飛ばし術のウワサを聞きつけ、遠方からも生徒が来訪。大阪府内で今泉ゴルフスクールを開催中

【生徒】鈴木健さん
西武とヤクルトで189本のホームランを打った元スラッガー。ドライバーのチーピン、引っかけに悩み、今泉プロの門を叩く。身長187センチ。今泉プロよりはるかに大きな体だが…

左ひじをピーンと伸ばしたトップは今日でおしまい!

今泉プロの400ヤード理論は、体にやさしくて、ラクに振っているのに飛距離が伸びるのが最大の特徴。元プロ野球のスラッガーだった鈴木健さんは185センチをはるかに超すのに飛距離がでないうえに、チーピンに悩んでいると話す。第1回のレッスンで、クラブが軽く感じられる握り方と真っすぐ当たりやすいボールの位置を教わった鈴木さん。今回、今泉プロがアドバイスするのはテークバック。いきなり、「左ひじは真っすぐ伸ばさず振り上げて」というセオリーと真逆のひと言から始まった…。

鈴木 今泉プロ、今回もよろしくお願いします。

今泉 (鈴木)健さん、テークバックってどう上げていますか?

鈴木 スウェイしないように下半身を踏ん張って、体をグーっと捻じる感じです。

今泉 腕はどうです?

鈴木 左腕を伸ばして、肩を回します。そのほうが力が溜まりそうな…。

今泉 きつくないですか?

鈴木 きついです。でも、ゴルフのテークバックってそういうものだと思っています。

今泉 健さんだけでなく、アマチュアの方は、みんな一所懸命にバックスウィングしていますよね。では、いったんクラブを持たずに、両手を伸ばして胸の前で合わせてください。そこからひじを曲げて顔の前に手をもってきてください。

鈴木 こうですか?

今泉 そうです。できれば左右の前腕をくっつけたまま両ひじを曲げます。これがトップです。

鈴木 えっ、これでトップですか! めちゃくちゃラクですけど。

手を合わせてひじを曲げればトップの手の位置

画像: 「両手を胸の前で合わせてください。そこからひじを曲げて」(今泉)

「両手を胸の前で合わせてください。そこからひじを曲げて」(今泉)

画像: 左右の前腕を付けたままの意識でひじを曲げる。「これがトップの手の位置です」(今泉)

左右の前腕を付けたままの意識でひじを曲げる。「これがトップの手の位置です」(今泉)

画像: 「左ひじは伸ばしておくものだと思っていました」(鈴木健さん)

「左ひじは伸ばしておくものだと思っていました」(鈴木健さん)

シャドースウィングでやると、この動き

「こんなにラクで飛ぶんですか?」と半信半疑の鈴木健さん。それに対して、今泉プロは……。

今泉 手元の位置が体の幅から外れていないでしょう? 体のほぼ正面にあります。だからボールに当たりやすいんです。ひじの位置は低いですが、グリップ(手元)の位置はそれなりに高いので、ダウンスウィングで重力が使えて腕を加速させられます。これがボールにパワーを伝えられる手の上げ方だと考えています。

画像: 左ひじを伸ばさずに、緩めて上げるのがコツ

左ひじを伸ばさずに、緩めて上げるのがコツ

「ひじを曲げるだけなので、手元が体から外れません」 今泉流トップのメリット

画像: 「腕が体の正面にあるから、重力が使えて速く振りやすく、当たりやすいんです」(今泉)

「腕が体の正面にあるから、重力が使えて速く振りやすく、当たりやすいんです」(今泉)

体を捻じらず、右を向くように回すだけ

いよいよ目からウロコの鈴木健さん。しきりに「腕はこんなにラクでいいの」と繰り返す。野球のバッティングでも、バットを引いた時に腕に力が入っていたら打てないのと同様で、ある意味、共通点を感じたのか納得し始めた。今泉プロのアドバイスは体の動きへ移っていった。

今泉 足を踏ん張って、上半身を捻じる意識を無くしてください。胸から腰までを「一枚板」にして、腰ごと回します。足場以外は「右向け右」です。

鈴木 腰も上体と一緒に回すわけですね。「捻じる」のではなく「回す」ですね。確かに胸が右を向きやすいです。これもまたラクです。

画像: 胸から腰まで「右向け右!」。体を回そう

胸から腰まで「右向け右!」。体を回そう

【ドリル】腕を交差してベルトごとテークバック

画像: 「ベルトを持って腰ごと回るのがポイントです」

「ベルトを持って腰ごと回るのがポイントです」

今泉 ひじを曲げながら、体を回したら、あとは腕を振り下ろせば当たります。今回はここまでで打ってみましょう。

鈴木 腕を振り下ろせばスウィングになると…、ではやってみます。

今泉プロの400ヤード理論はとてもラクであることがポイントのひとつ。ここまでのレッスンで、チーピン気味だったボールが消え、フェードに変わり出した鈴木健さん。次回のレッスンにもご期待ください!

今泉健太郎のビッグボールテクノロジー②「左腕は伸ばさず曲げる」。レッスン動画もチェック!

画像: ②「ひじを緩めて打てばドライバー飛距離UP!」今泉健太郎の『ビッグボールテクノロジー』 www.youtube.com

②「ひじを緩めて打てばドライバー飛距離UP!」今泉健太郎の『ビッグボールテクノロジー』

www.youtube.com

こちらのレッスン(動画)もお見逃しなく!

【今泉健太郎の400ヤード理論vol.①】体重移動せず「腕を振って」飛ばす! 元プロ野球選手、鈴木健さんが入門。 ゴルフダイジェスト動画

ゴルフへ行こうWEB facebookページはこちら

This article is a sponsored article by
''.