「2、3打は損するけど、それは上手くなるためのちょっとした必要経費や」。今週の通勤GDは、名師弟・高松志門プロと奥田靖己プロによる「一行レッスン」です。

【通勤GD】通勤GDとは‟通勤ゴルフダイジェスト”の略。世のサラリーマンゴルファーをシングルに導くために、月曜日から金曜日(土曜日)までの夕方に配信する上達企画。ワンテーマを3回~6回のシリーズでお届け。帰りの電車内で、もしくは翌朝の通勤中、スコアアップのヒントを見つけてください。

ゴルフ芸人 高松志門
1951年生まれ。橘田規に師事し水平打法から独自の理論を展開。多彩な技から‟ゴルフ芸人”の異名をとる。
志門流一番弟子 奥田靖己
1960年生まれ。絶妙な寄せ技を武器に93年日本オープンで尾崎将司を退け優勝するなどツアー6勝、シニア2勝。

高松 ほんなら、奥ちゃんとのゴルフ「一行レッスン」、はじめましょか。ゴルフの筋金の部分をバシバシいこか。ちょっと高くつくけどな。

奥田 どんぐらいのもんですか?

高松 ゴルフやったら、2、3打は損する。たとえば、50センチのパットを、じっくりライン読んで5回も6回も素振りしたら、そりゃ入るけど、お先にいうてパッパとやったら、たまにはぽろっと外すこともあるやろ。

奥田 周りのプレーを邪魔しとるだけでなく、それでは錆びない筋金は入りませんわね。ゴルフ上手くなりたかったら、その2、3打は必要経費や。

高松 そう。ちょっと高くついても錆びないほうがええやん。まあでも前提の話をすると、一般のアマチュアが本で何を勉強するんやっていうのもあるけどな。

奥田 先生の師匠の橘田さんなんて、ゴルフの取材に来たベテラン記者をいきなり山に連れて行って、“この斧で木倒さんかい。それがわからんと俺の何を取材する気やねん”って言ったらしいですよ。

高松 まぁ、体験しないとわからんというのはもっともな話や。オレの名前付いてる単行本も150ページも書いとるけど、まあ読者の記憶に残っとるのはほんの一行くらいのもんや。

奥田 とうの昔ですが、僕、95年のブリヂストンオープンのときに、距離感のことで悩んでたんですわ。その晩、千葉の街を歩いとったら、たまたま閉店間際の本屋のシャッターの隙間から、「志門流ゆるゆるグリップ打法」という文字が見えたんです。これや~! と思うて、慌ててその本を買うたんです。

高松 もう一緒にやり始めてずいぶん経ったころやのに、そんなんこうたん?

奥田 はい。それでその本に“100ヤードと105ヤード110ヤードの打ち分け方は、力加減は一緒にして気分で打ち分けるもの。もし100ヤード打ったつもりが102ヤード飛んだとすれば、それは「あ、今のはちょっと気分が入りすぎたんだ」と思えばいい”って書いてあったんです。これやぁ! いうて腰抜かしましたね。しかも、それが書いてあったのは、隅っこの雑ネタコーナーですわ。

高松 それで良くなったんかい。

奥田 その後、VISAとフェニックスはまあまあ。で、カシオは優勝でした。とうの昔ですが。

高松 奥ちゃんな、だから誰かの記事かて全部読んでも、覚えているのなんて一行に感銘受けたらええの。それで650円や。

奥田 650円で心に残ったら安っすい話ですわ。それで先生、まず第1回目の一行は何にしますかね。

高松 まずは、さっさと自分を捨ててもらわんといかんやろうね。

奥田 ゴルフを習いに来る人は、みんな何かを得よう、自分に何かをつけたそうと思うてきてますわね。

高松 それが違うねん。筋金はなんかを塗って光るもんちゃうで。しょうもないことでかぶさっとったもんをそぎ落とすから光るんや。ゴルファーも同じ。だから俺は習いに来た人を全部素っ裸にしたいだけやねん。まずは自分を捨てないかん。世間では、“よくぞここまで築き上げた”って褒めるけど、おれは“よくぞここまでそぎ落とした”ってほめる。

奥田 こないだも先生と僕とある若いSプロが一緒に回った時、Sプロがちょっと前下がりの厄介なアプローチで、ああでもないこうでもないと何度も素振りしてたんですわ。そしたら先生に、“何しとんねん、さっさと自分捨てんかい!”って大声で言われて、“はぁ?”って不思議そうな顔してましたけどね。

高松 昔な、饅頭の形した練習グリーンのてっぺんにカップ切って、そこに止めよう思うて練習してたことがあってな。なんぼやっても一発も寄らへん。プロが何カ月も同じことしてやで。ある日、もうあほらしいわ思うて、片手でポンとやってみた。そそたら寄っとんねん。それがヒントやがな。

奥田 そりゃ自分を捨てないとそもそも片手でやろうと思わないですよね。

高松 必死で寄せようという自分を捨てたことで、ぽっと大きなものが見えてくることがあるんや。

奥田 一般のアマチュアで言うたら、自分を中心に考えて自分が何かしようとするから、肝心のクラブが仕事しないという場合がほとんど。

高松 まこんな話で無理やり引っ張ろうか、奥ちゃん(笑)。

画像: 【通勤GD】高松志門・奥田靖己の一行レッスン Vol.1「さっさと自分を捨てなさい」 ゴルフダイジェストWEB

【通勤GD・今日のわざ】ややこしい状況ほど、さっさと自分を捨ててみる

EDIT/長田編集事務所

This article is a sponsored article by
''.