「トップに行くまでに何かをしてしまうからもつれたトップになる」。名師弟・高松志門プロと奥田靖己プロによる「一行レッスン」の第二話。

【通勤GD】通勤GDとは‟通勤ゴルフダイジェスト”の略。世のサラリーマンゴルファーをシングルに導くために、月曜日から金曜日(土曜日)までの夕方に配信する上達企画。ワンテーマを3回~6回のシリーズでお届け。帰りの電車内で、もしくは翌朝の通勤中、スコアアップのヒントを見つけてください。

ゴルフ芸人 高松志門
1951年生まれ。橘田規に師事し水平打法から独自の理論を展開。多彩な技から‟ゴルフ芸人”の異名をとる。
志門流一番弟子 奥田靖己
1960年生まれ。絶妙な寄せ技を武器に93年日本オープンで尾崎将司を退け優勝するなどツアー6勝、シニア2勝。

奥田 よそ見しながら、ナイスショットを打つのは先生しかできません。僕やとスライスしてしまういます。

高松 クラブちゅうもんはちゃんとしたトップの位置に上がっとったら、元の鞘に収まる、つまり構えた場所に戻るようになっとるんです。そやからよそ見しても関係ないんですわ。

奥田 一般のアマチュアはそのトップに行くまでに、自分で何かをしてしまうんですよね。こうやって引こうとか、コックはここでしようとか手を使ってやってしまうからややこしい話になる。もつれたトップからは、また自分で何かをしないと、クラブは元の鞘に収まらんわけですから。

高松 クラブを片手に1本ずつ持って、左手でアドレス、右手でトップを使ってみたらようわかる。右手のクラブと左手のクラブが1本の直線に見えてるかどうかや。

奥田 だいたいの人が2本のクラブに段差ができたり、カクンと角度がついてしまいますね。

高松 1本に見えても、2本のクラブが離れすぎてもあかんしね。

奥田 僕でもちょっと調子が悪くなると、トップの最後の一瞬で、ほんのちょっと段差を作ってしまうことがあります。

高松 怖いのはバックスウィングでのちょっとのずれが、ダウンスウィングでは倍返しになって返ってきよるとこや。

画像: 何もしなければ2本のクラブは一直線になる

何もしなければ2本のクラブは一直線になる

画像: トップまでに段差ができると倍返しをくらう

トップまでに段差ができると倍返しをくらう

奥田 トップでの段差は倍になってインパクトに現れるということですね。

高松 そう。例えば理想のトップの位置よりアップライトにクラブを上げてまう人は、ダウンスウィングでクラブをいっぺん寝かす動きをせな元の鞘に収まらへん。それでクラブを寝かすために体重は左に行ってしまう。そうなると今度はクラブが寝すぎるから、それをまた元に戻そうとして、次に手首を返すんや。

奥田 確かに倍返しですわ。それがテンプラになったりチーピンになったりする理屈というわけですか。

高松 でもこのトップは自分で作るもんやないわけ。手首を緩めてそっとグリップしといたら、あとは自分さえ何にもせえへんかったら、ええところに自然に上がりよる。

奥田 手首が緩んどったら、自然にコックもできますしね。

高松 そういうことや。手首を緩めてそっと引いたら、ほら手よりヘッドが高い位置におるでしょ。これがコックやね。そしたらヘッドはもう2本のクラブが1本に見える位置におるはずや。

奥田 そろ~と引いたら、あとはビュンといったらええわけですね。

高松 そう。よそ見してても大丈夫やで。

画像: 【通勤GD】高松志門・奥田靖己の一行レッスンVol.2「ゆるく握れば勝手に当たる」ゴルフダイジェストWEB

【通勤GD・今日のわざ】バックスウィングで悪い動きをすると、ダウンスウィングは二倍悪い動きをしてしまう

EDIT/長田編集事務所

This article is a sponsored article by
''.