アマチュアゴルファー最大のテーマ「飛ばし」。切に願う人も多いはず。ビギナーも、アベレージも、シングルにも通用する飛ばし屋への至極アドバイスはないかと、2013年のレッスン・オブ・ザ・イヤー武市悦宏プロに聞いてみた。

【指導/武市悦宏】
1976年岐阜県生まれ。2013年のGDレッスン・オブ・ザ・イヤー。166センチの小さな飛ばし屋。独自理論「ツイスト打法」により1年で100ヤード伸ばしたこともある

「ダウンでグリップエンドを右足かかとへズドン」

その昔、岐阜の山奥で、ひとりスウィング研究を開始して1年間で100ヤード飛距離を伸ばした武市悦宏プロ。無理難題なリクエストに対する答えが「ダウンスウィングで、グリップエンドを右足かかとへズドンと振り下ろす」というもの。

「飛ばない人は、フェースターンができず振り遅れているため、インパクトでボールを強く叩けていません。そこでボクが提案するのが、『右足かかと落とし』です」(武市)

「グリップエンドを右足かかとへ振り下ろすと、ヘッドが体の正面方向へ自然と倒れます」

「これにより強制的にフェースターンが行われるので、必ず飛距離が伸びます。飛距離をあきらめた方、ダマされたと思って一度でいいから試してみてください。必ず開眼します!」

絶対にフェースを返せるようになる2つのポイント

【ポイント①】クラブを持ち上げ、左へ倒してからアドレスへ
インパクトでしっかりボールを叩けるアドレスの準備として、クラブを持ち上げてグリップ位置をズラさずに左へ倒す。

そのまま3秒キープして通常のアドレスに戻す。これにより左わきがしっかり締まって、フェースターンを行いやすくなる。

画像1: 絶対にフェースを返せるようになる2つのポイント

【ポイント②】左ひざを内側に寄せてカベを作る
左ひざを内側に寄せてアドレスを作ることで、インパクトで左のカベを作りやすくなり、ヘッドを加速させやすくしておく。

画像2: 絶対にフェースを返せるようになる2つのポイント

「以上が『右足かかと落とし』の準備です。あとはダウンでグリップエンドを右足かかとへ落とすイメージを持って振るだけで、早い段階からフェースターンの動きが入ってヘッドが走るため、誰でもインパクトの当たりが強くなります」

画像3: 絶対にフェースを返せるようになる2つのポイント
画像: 「ボールに向かってグリップエンドを下ろしてませんか? だからあなたは振り遅れるのです!」

「ボールに向かってグリップエンドを下ろしてませんか? だからあなたは振り遅れるのです!」

武市悦宏プロのツイスト打法をもっと知りたい方、武市プロ直伝レッスンが受けられる宮古島ツアーはいかがです?
飛ばし屋変身ツアーはコチラ↓

このツアーの詳細はこちら

画像: 「右足かかとにズドン」

「右足かかとにズドン」

画像: 「軽く振ってもヘッドが走り出します」

「軽く振ってもヘッドが走り出します」

週刊GD2019年1月8・15日号より

This article is a sponsored article by
''.