千葉県市原市にある「浜野ゴルフクラブ」。最寄りの京葉道「蘇我IC」には、首都高~京葉道ルートからも、アクアラインからも行くことができ、高速を下りてコースまでは15キロ(25分)、都心から60分ほどで到着するアクセスの良さ。そして、井上誠一が描いたコースは、箱庭的美しさと高い戦略性を併せ持ちます。千葉県内だけでなく、都内や神奈川県在住のゴルファーからも人気のメンバーシップコースです。

「浜野ゴルフクラブ」の開場は1984年。1975年に「㈱国際友情倶楽部」が千葉県へゴルフ場申請をし、井上誠一にコース設計を依頼したのが始まり。経営母体は、当時の山一証券子会社「山一エンタープライズ」が全株を取得していましたが、開場前年の1983年に「日東興業」が全株取得、翌年の開場時には、日東興業の看板コースとして正式オープンします。

コースを設計した井上誠一は完成を見ることなく逝去、その後、井上とのコース設計実績に長けていた「大成建設」と、親交の厚かった後輩「小林光昭」が現場指揮をとって完成しました。

晩年の井上がつねに意識していたのは、プロトーナメントが開催できるコースであること。実際、開場の2年後から12年連続で「富士通レディース」を開催、ちなみに最初の優勝者は、当時浜野GC所属の樋口久子プロでした。1987年には「日本プロ」も開催(優勝/デビッド・イシイ)。

そんな「浜野ゴルフクラブ」ですが、1997年には母体の日東興業が和議手続きを申請、その後、2009年に晴れて、完全株主会員制による「㈱浜野ゴルフクラブ」としてスタートしました。

「浜野ゴルフクラブ」が多くのゴルファーから支持される理由が、紆余曲折のなかでも県内有数のコースコンディションを維持し続けてきたこと。

当初のトーナメントコースのコンセプトどおり、2019年5月には「第1回パナソニックオープンレディース(5/3~5/5)」を開催します。

トーナメントクオリティを持つメンバーシップコース「浜野ゴルフクラブ」について、総務マネージャーの根本幸博さんにお話を伺いました。

メンバー数は、開場当時から1500人強

── 現在のメンバー数について教えてください。

根本 正会員が1207名、月曜日から土曜日までプレー可能な平日会員が363名。トータルで1570人です。

── そのうち女性会員は何名ぐらいでしょうか?

根本 全体の10%、150人くらいですが、近い将来、200名ぐらいに増えてほしいと考えています。実は7~8年前にクラブハウスを増築して、女性のお風呂場を大きく、ロッカーの数も増やしたのです。新規会員募集はしていませんが、退会などで減ったぶんがあります。女性メンバーは、平日に来ていただきやすいですし。

── 久しぶりに開催する女子プロ競技「パナソニックオープンレディース」、多くの女性ゴルファーにも観戦に来て、コースを歩いてほしいですね。平日プレーの話題が出ましたが、プレー予約の現況はいかがでしょう。

根本 平日は取りやすいです。週末は土曜日、日曜日ともに「やや混雑」といったところ。ですが予約が取れないことはありません。日曜日は会員クラブ競技の枠として25組前後を確保しています。 

画像: クラブバスはJR蘇我駅より(平日は予約制、土日祝は定期便+α)

クラブバスはJR蘇我駅より(平日は予約制、土日祝は定期便+α)

35年間維持し続ける、トーナメントクオリティのコンディション

── クラブ競技を含めたメンバータイムがあるわけですね。

根本 はい。クラブ競技実施数は2018年実績で49回、月例会のAクラスはHC13まで、HC14以上がBクラスです。平日競技も開催しています。研修会もやっています。

── 会員の家族優待などは?

根本 家族登録制度はありませんが、家族割引はあります。メンバー同伴でのゲスト優待もあります。

── プレースタイルはキャディ付きの歩きですね。今後、乗用カート導入はありそうですか?

根本 今のところ未定ですが、カートを導入するかしないか、といった検討会が始まったところです。現在は70歳以上のシニアの希望者、障害者手帳を持つ足が不自由な方、ケガの治療中(要診断書)の方には、カートを貸し出しています。

── 2サムプレーやスループレーなどは可能でしょうか?

根本 混み具合いによっては可能です。

── コースはコンディションがとても良いですね。

根本 ありがとうございます。浜野の特徴のひとつ、フェアウェイの曲線的なラインが引き立つように、冬場もフェアウェイをグリーンカラーに管理しています。

── ティーングエリアはもちろん、グリーンもかなり良い状態です。Aグリーンがメイン、Bグリーンがサブの扱いですが、実際にコースを回ると、どちらがメインなのかわからないほど、両グリーンともにアンジュレーションがあって、バンカーや木立によってガードされています。

根本 実際のコースレートもAが73.6、Bが73.5と拮抗しています。冬場はAとBを一日交替で使用していることも、グリーンコンディションを保つ上で大切だと感じています。クラブ競技ではAとBをミックスでやるケースもあります。どちらも通年、10フィート前後の速さは出ています。仕上げれば12フィートの高速グリーンになります。

── 名物ホールは何番でしょうか? アウトは6番パー5、インは11番の池越えパー4、そして16番パー4、17番パー3、18番右ドッグレッグのパー4、上がり3ホールも印象的でした。

根本 コース側で正式な名物ホールは設定していませんが、挙げて頂いたホールはどれも特徴的で攻略しがいがあると思います。

アウトコースは広く開放的、要所にはバンカー群

画像: 1番 423Y(A)P4 浜野GCを象徴する左右に広いスタートホール

1番 423Y(A)P4 浜野GCを象徴する左右に広いスタートホール

画像: 1番のAグリーン

1番のAグリーン

「浜野ゴルフクラブ」コース詳細はこちら「ゴルフ場調査隊」↓

── ホールどうしが密接することなく、18ホールすべて開放的で独立している印象を受けました。対して、グリーン周りにはバンカー群が配置されて、ピンに近づくほど、ターゲットが絞られます。

根本 それは井上誠一先生の特徴のひとつだと思います。

根本 加えて、18ホールのコースとしては敷地面積が非常に広いことが開放感を生んでいるのではないでしょうか。浜野は開場以来、大規模な改造はしていません。しいて言えば、ここ最近、6、9、17、18番にレディスティを新設したこと、先ほども話題に出た11番のフルバックティを拡張したことだけです。

── 開場から35年間、オリジナル設計を大事に育てているわけですね。

画像: 2番 413Y(A)P4 セカンド地点からゆるやかにカーブしていく

2番 413Y(A)P4 セカンド地点からゆるやかにカーブしていく

画像: 6番 559Y(A)P5 左ドッグレッグ、広いが要所にバンカーがあり難度は1番

6番 559Y(A)P5 左ドッグレッグ、広いが要所にバンカーがあり難度は1番

画像: 8番 547Y(A)P5 木がセンターに立つ印象的なホール

8番 547Y(A)P5 木がセンターに立つ印象的なホール

池が絡み戦略性の高いホールが際立つ「インコース」

画像: 10番 445Y(A)P4 真っすぐで広いが、1打目を打った先に窪地があり、距離感を惑わす

10番 445Y(A)P4 真っすぐで広いが、1打目を打った先に窪地があり、距離感を惑わす

画像: 11番 439Y(A)P4 フェアウェイのどこを狙うか、美しく高難度なホール

11番 439Y(A)P4 フェアウェイのどこを狙うか、美しく高難度なホール

── 最後に会員入会条件などについてお聞きします。会員権譲渡は可能ですか?

根本 はい。名義書換料は100万円、年会費は4万円です。入会条件は性別・国籍・法人、問いませんが推薦人1名の会員推薦が必要です。

── 他クラブ在籍は?

根本 不要です、ハンディキャップも不要です。入会審査として面接と同伴プレーがあります。メンバープレーフィは、1ラウンドで9852円です。

── ありがとうございました。

昼食メニューは、2カ月に一度、5~6品を衣替え

浜野ゴルフクラブ
住所:千葉県市原市栄吉937(☎0436-52-3111)
公式ホームページはこちら
営業形態:メンバーシップ
創設:1984年
ホール数:18ホール(丘陵)
距離:Aグリーン(18H・7217Y・P72)
   Bグリーン(18H・7209Y・P72)
アクセス/車:京葉道 蘇我ICから25分
アクセス/電車:JR蘇我駅よりクルマで30分
(送迎バス/平日:7:10 8:25予約制 土日祝:7:10 7:40 8:25定期便)

画像: 井上誠一が描いた設計図をもとに、大成建設が製図した資料が残る

井上誠一が描いた設計図をもとに、大成建設が製図した資料が残る

画像: 全体図(写真)のほかに、各ホール製図、グリーンの等高線図、植栽表、グリーン造成図などが書かれている

全体図(写真)のほかに、各ホール製図、グリーンの等高線図、植栽表、グリーン造成図などが書かれている

画像: 昼食メニューは、2カ月に一度、5~6品を衣替え

PHOTO/Hiroaki Yokoyama

「浜野ゴルフクラブ」の詳細や、会員権のご相談はこちらへ↓

会員権のお問い合わせ、ご相談はゴルフダイジェスト社 会員権サービス部が承ります

掲載をご希望のゴルフ施設様は、当サイトトップページの「掲載についてのお問い合わせ」よりお問い合わせください。

This article is a sponsored article by
''.